ターゲティングとは?ターゲティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ターゲティングの意味を解説していきます。

ターゲティングとは、マーケティングにおいてターゲットを選定する作業で、
最も重要なプロセスの1つになります。

自社の事業や商品、サービスが対象、つまり、ターゲットになる
標的市場を選ぶ作業になります。

ターゲティングはセグメンテーション(市場の細分化)の後に行う

ターゲティングを行う場合には、最初にセグメンテーションという
市場や消費者を分類・グループ化する作業を行います。

商品・サービスの特性(性能、使用方法、属性、価格など)、
消費者の特性(ニーズ、購買態度、デモグラフィック、サイコグラフィックなど)
これらを基準にしてセグメンテーションを行い、
市場、消費者をグループに分けていきます。

セグメンテーションによって分けられた数あるグループの中から
どのグループをターゲット(標的)としていくのかを選択するのがターゲティングです。

たとえば、同じ商品、サービスを販売していくとしても、
ターゲットを男性にするのか、女性にするのかでは、
マーケティング戦略に差が出たり、売上にも大きな差が出ることが多くなります。

そのため、市場に投入、リリースしようとしている商品、サービスがある場合、
投入、リリースしようとしている商品、サービスに向いているグループを
ターゲティングによって選択し、
さらにそのターゲットとなるグループに合った
マーケティング戦略を考え、立案することが必要になっていくのです。

商品やサービスを市場に投入、リリースしてアプローチする際に
ターゲティングによって具体的な顧客層を選定することによって
商品やサービスのコンセプト、強み・弱み、競合との差別化などに有効な
マーケティングの戦略を立てやすくなるのです。

ターゲティングは事業の販売戦略策定のためにも重要な要素である

ターゲティングによる商品やサービスの標的となる市場を選定することは
事業の販売戦略を策定するにあたって、非常に重要になってきます。

商品、サービスの標的市場が定まっていない場合、
顧客のニーズも明確にならないため、顧客のニーズを満たすことも難しくなるからです。

また、企業の経営資源は限られていますので、
全ての顧客のニーズをくみ取り、それに対応していくのは現実的とは言えません。

自社の商品やサービスを販売しやすく、
また、競争力が高く、競合他社・ライバルに対して優位に立てる市場を
ターゲティングによって選定していくことが必要になっていきます。

つまり、ターゲティングを行うにあたり、
市場規模、自社の強み・弱み、競合状況、環境要因など、
これらを加味した上でのターゲット市場、顧客の選定が求められるのです。

Webマーケティングにおける2種類のターゲティングの方法・やり方

現代で主流になっているWebマーケティングでは、
インターネット、Webメディアを利用した
2種類のターゲティングが利用されています。

それが、「行動ターゲティング」と「オーディエンスターゲティング」です。

それぞれのターゲティングについて詳しく解説していきます。

Webマーケティングにおけるターゲティング戦略1:行動ターゲティング

行動ターゲティングは、Webマーケティングの戦略の1つで、
自社のWebサイトを訪問した消費者、見込み客に対して
情報やコンテンツの配信をするマーケティングの手法です。

Cookie情報を利用することによって
そのユーザーの興味・関心を分析・解析することができるので、
最適な情報やコンテンツの配信を行うことができます。

ユーザーが直近に調べた情報が「脱毛」だと分かれば、
「脱毛エステ」「脱毛器」などの商品の広告を配信することができます。

そのため、常にターゲットにとって興味・関心の高い広告が表示されますので、
広告のクリック率を高くすることができるのです。

このような広告は、
ユーザーのWebサイト上での行動履歴や検索履歴から興味・関心を分析し
最適な広告を表示させる手法であることから、
行動ターゲティング広告と呼ばれています。

Webマーケティングにおけるターゲティング戦略2:オーディエンスターゲティング

次に、オーディエンスターゲティングです。

行動ターゲティングをさらに発展させた
Webマーケティングの手法と言われています。

行動ターゲティングで利用したターゲットのWeb上での行動履歴・情報は
自社サイト、または広告主サイトのみから解析しましたが、
オーディエンスターゲティングでは、複数のWebサイトから横断的に
会員情報やWebサイト上の行動履歴を収集、解析して、
ターゲットに対して最適な広告を自動的に選択、表示します。

このようなオーディエンスターゲティングを利用した広告は、
オーディエンスターゲティング広告と呼ばれています。

まとめ

ターゲティングの作業はマーケティングにおいて
最も重要なプロセスの1つです。

有効なマーケティング戦略を組み立てるために必要な作業ですので、
必ずマーケティング戦略の組み立ての前に行っておく必要があります。

以上が、マーケティングの用語、ターゲティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP