ターゲットリストとは?ターゲットリストの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ターゲットリストの意味を解説していきます。

ターゲットリストとは、
企業が今後営業を展開したい見込み客や顧客、取引したい企業など、
ターゲットをリストアップしたものになります。

今後のターゲットとなる、取引したい企業をリストアップ、
その後に部署や担当者まで記入、入力していくことによって
使いやすいターゲットリストを作ることができると言われています。

営業活動の効率化のためにもターゲットリストを更新していくことが必要になる

ターゲットリストの取引したい企業、ターゲットとなる顧客が間違っている場合、
営業活動の効率が大幅に下がり、営業の成績も下がる原因になります。

そのため、ターゲットリストを更新しておくのは
企業の営業成績を上げるためにも非常に重要になります。

しかし、中には新規のターゲットリスト(営業リスト)を作成せず
ターゲットリストを使い回して営業活動を行っている会社も存在します。

時代の流れとともに、企業の商品やサービスが売れる顧客像も
日々刻々と変化している現実があります。

そのため、ターゲットリストを更新しないでいると、
数年前に潰れた会社にテレアポをしてしまったりと、
非効率的な営業活動をすることになってしまうのです。

ターゲットリストを作る4つの方法

ターゲットリストの作り方には主に4つの方法があります。

1:ウェブサイト上で入手出来るリストを見つける

2:ウェブサイト上の情報を抽出しリスト化する

3:リスト販売会社から購入する

4:クローラーなどの抽出ツールを導入する

この4種類になります。

1つずつ詳しく解説していきます。

ターゲットリストを作る方法1:ウェブサイト上で入手出来るリストを見つける

介護施設や病院、クリニック、他にも、障害者雇用の情報がある企業の場合、
国からの補助や助成金があり、
そのような業態の場合は国が情報を開示している場合があります。

1回数百円で特定の特性のリストが一括で手に入るメリットがある一方、
欲しい情報があるか分からず、たどり着くために苦労する可能性もあります。

ターゲットリストを作る方法2:ウェブサイト上の情報を抽出しリスト化する

Webサイト上に公開されている情報を集め、
その情報を抽出してリストを作っていく方法になります。

例えば、

ホームページの更新をあまりしていない会社にホームページのリニューアルをもちかける
展示会に出展している企業へ新しいプロモーション施策を売り込む
人材派遣でも外国人の派遣をやっている所に絞る

このように戦略を立ててターゲットリストを作っていけば
手間や時間がかかりますが、質の高いリストを作ることができます。

ターゲットリストを作る方法3:リスト販売会社から購入する

リストを販売している会社から購入する方法です。

大量のリストをすぐに手に入れることができるメリットがありますが、
リストの販売会社によっては、情報が古いために、
廃業、統合している会社があったり、
アプローチしたい企業が見つからない場合があります。

適切なリスト販売会社を選ぶことがポイントになってきます。

ターゲットリストを作る方法4:クローラーなどの抽出ツールを導入する

クローラーというサイトを巡回し、
情報を集めるツールを利用してターゲットリストを作っていく方法になります。

今現在のWebサイトからクローラーが自動的に情報を集めて抽出しますので、
最新のWeb上の情報を自動で、効率的に入手できるメリットがあります。

ただし、デメリットも存在して、
リスティング広告やECサイト、ポータルサイトなど、
これらのWebメディアに掲載されている企業に
ターゲットが限定されてしまいます。

また、クローラーが自動的にリスト化をするので、
使うクローラーのツールによっては使える情報が少なく、
8割方役に立たない情報だったというケースもあります。

ターゲットリストではステータス管理も重要になる

ターゲットリストを作ったら、次に営業をすることになります。

そこで重要になってくるのが、
ターゲットリストのステータス管理です。

ターゲットリストのステータスの管理は、
主に3つの段階で管理していくことができます。

ターゲットリストのステータス1:未知・認知顧客データ

テレアポの企業リストやインバウンドなど、
資料請求した企業、問合せのあった企業リストがこのステータスになります。

ターゲットリストのステータス2:見込み顧客データ

アポイント、訪問を行った企業のデータです。
訪問結果などをデータとして管理していきます。

ターゲットリストのステータス3:既存顧客データ

すでに自社の製品・サービスを導入している企業のデータです。
導入している顧客ごとにステータスを管理していくことになります。

まとめ

ターゲットリストは作るだけでなく、
その後のステータス管理をしていくことも重要になります。

使いやすいターゲットリストの作成、
そしてそのリストを継続的に管理していくことが
営業活動の効率化には必要ということができるでしょう。

以上が、マーケティングの用語、ターゲットリストの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP