チャネルとは?チャネルの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、チャネルの意味を解説していきます。

チャネルとは、集客するための媒体、伝達経路、のことを指す
マーケティングの用語です。

「販売チャネル」「コミュニケーションチャネル」など、
顧客や消費者との接点を指す言葉としても
使われることの多いマーケティング用語です。

チャネル(Channel)を日本語に訳した場合、
「媒体」「経路」「手段」という意味になります。

チャネルが多いほど集客力が高まり、効果的な集客ができる

チャネルは顧客や消費者との接点となる
情報を伝達する媒体や経路のことになります。

つまり、企業の立場から見た場合には、
集客するための媒体や経路ということになります。

そのため、企業がチャネルを多く持っているということは
それだけ顧客や消費者に対して情報を伝えるための接点が多くなるので、
効果的な集客ができると考えることができます。

Webサイトや広告、キャンペーンなどがチャネルとなり、
つまり、顧客・消費者といったユーザーの流入経路となります。

チャネルが多ければ多いほど、多くのユーザーを集めることができます。

ですので、チャネルごとの集客力を見極め、分析できれば、
高い集客力を持ったチャネルを有効に使い、
効果的な集客につなげていくことができるようになります。

標的市場との接点となる3つのチャネルとは?

チャネルには数多くの種類が存在しますが、
その中でも、製品やサービスのターゲットとなる市場・ユーザーとの
接点を持つためのチャネルは3種類が存在します。

ひとつが、メッセージの送受信を目的とした
コミュニケーションチャネルです。

そして、顧客に対して製品やサービスを見せたり、
また、手元に届けるための流通チャネル。

実際に顧客や消費者に対して製品やサービスを販売するための
販売チャネル、この3種類のチャネルが存在します。

では、これら3つのチャネル、
コミュニケーションチャンネル、流通チャネル、販売チャネルは
それぞれどのような役割があり、
具体的にはどのような媒体があるのかを解説していきます。

3つのチャネル:コミュニケーションチャンネル

顧客や見込み客とのコミュニケーションをとることが目的の
情報を送受信するためのチャネルです。

企業から顧客や見込み客に対して製品やサービスの情報を送ったり、
顧客や見込み客から問い合わせなどを受けるために使われるチャネルです。

コミュニケーションチャンネルの具体的な媒体としては、
新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、手紙、電話、
屋外広告、チラシ、インターネットなどがこれに該当します。

現在では特にインターネットが発展したことから、
Eメールやソーシャルメディアなど、
Webコンテンツを使ったコミュニケーションチャンネルも
数多く使われるようになっています。

3つのチャネル:流通チャネル

実際に顧客・消費者に対して、
サービスや製品を実際に見せたり、
また、手元に届けるためのチャネルとなります。

製品の店頭販売などは、この流通チャネルになります。

流通業者、卸売業者、小売業者などが
流通チャネルとなりますので、
消費者の手元に実際に製品やサービスが届くまでの
間に存在する業者などがこの流通チャネルということになります。

3つのチャネル:販売チャネル

実際に顧客・消費者に対して製品やサービスの販売を行うチャネルで、
このチャネルで購入の手続きなどが行われることになります。

従来では、小売店、小売業者が先ほどの
流通チャネルとこの販売チャネルを兼ねていました。

しかし、インターネットが発展し、
一般ユーザーも日常的にインターネットショッピングを
利用することになったことから、
ECサイト、インターネットショッピングも
この販売チャネルとして一般的になってきました。

全てのチャネルを統合するオムニチャネル

最近では、全ての販売経路を統一することで
どの経路からでも製品やサービスを購入できる
オムニチャネル一般的になりました。

たとえば、東京に店舗を一つだけ持つ企業が
製品を販売する場合、
店舗のみを販売チャネルとしてしまっては、
遠方のユーザーは購入できなくなってしまいます。

そこで、インターネットショッピングやカタログ通販など、
他の販売チャネルでも同じように製品やサービスを販売することで
どの接点、チャネルからでも製品やサービスを
購入できるように統一するのがオムニチャネルです。

まとめ:マーケティングにおいてチャネルは重要な要素

現在のマーケティングでは、顧客中心の考え方、
顧客のニーズからスタートする考え方が主流になっています。

そのため、顧客との接点となるチャネルは
マーケティングにおいては非常に重要な要素となるのです。

いかにしてチャネルを増やして顧客との接点を増やすか、
効率的にマーケティングやセールスを行えるチャネルを見つけるか、
これがマーケティングで非常に重要になっていくのです。

以上が、マーケティングの用語、チャネルの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP