プライベートブランドとは?プライベートブランドの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、プライベートブランドの意味を解説していきます。

プライベートブランドとは、流通小売業者が掲げる
自社の独自ブランドのことを指すマーケティングの用語です。

プライベートブランドには差別化のメリット以外にも、
自社ブランドとしての利益率の確保というメリットもあります。

そのため、現在では多くの企業が自社ブランドとして
プライベートブランド商品の開発に取り組んでいます。

プライベートブランド(Private Brand)を省略して
「PB」「PB商品」と呼ばれることもあります。

プライベートブランドに対して、
商品を製造するメーカーのブランドをナショナルブランド(NB)といいます。

ナショナルブランドは商品の企画から製造までをメーカーが一貫して行う、
いわば昔ながらの方法で作られる商品ということになります。

プライベートブランドは小売りの企画で開発・製造される商品

プライベートブランドの「プライベート」には、
「個人の」「私的な」という意味があります。

プライベートブランドはそこから派生して、
「そのお店のためだけのブランド」と考えることができます。

商品を開発・製造するメーカーが、
特定のお店・小売店のためだけに商品の開発・製造を行い、
その小売店でのみ商品を販売していきます。

そのため、プライベートブランド商品には
商品名にそのお店の名前や、そのお店のブランド名が突いていることが多くなります。

プライベートブランドを採用するメーカー・流通小売り業者それぞれのメリット

では、プライベートブランド商品をメーカーが開発・製造するメリット、
および流通小売業者がプライベートブランド商品を
販売するメリットを紹介していきます。

プライベートブランドをメーカーが開発・製造するメリット

まずはメーカーが流通小売業者のプライベートブランド商品を
開発・製造するメリットです。

プライベートブランドを開発・製造する場合、
流通小売業者との取り決めで、製造した在庫は全てまとめて
買い取ってもらえる契約になります。

そのため、売れ残りや在庫を抱えてしまう可能性がないことが
プライベートブランドを開発・製造するメリットになります。

また、プライベートブランドの商品については
流通小売業者が自社で宣伝や販売を行うので、
宣伝や販売促進などの費用がかからないというメリットもあります。

在庫を抱える危険性がない上に、
商品の宣伝・販売の活動にコストをかける必要がない、
これがメーカーがプライベートブランドを扱うメリットということになるのです。

プライベートブランドを流通小売業者が販売するメリット

流通小売業者がプライベートブランドを販売することにも
非常に大きなメリットがあります。

プライベートブランドは流通小売業者が企画して、
開発・製造をメーカーに依頼できるので、
ライバルや競合他社が扱っていない
オリジナル商品の開発ができるメリットがあります。

また、プライベートブランド商品の企画には
お店が持つ客層などの販売データを取り入れた
企画ができるメリットがあります。

そのため、本当に消費者、顧客が求める商品の開発につながり、
プライベートブランド商品を目当てに集まる消費者が増えるので、
効率的な集客ができるメリットがあります。

他にも、メーカーから大量に仕入れることができますので、
プライベートブランド商品の原価、仕入れ値を安く抑えることもできます。

プライベートブランドでの流通小売業者の成功事例:セブンイレブン

では、プライベートブランドを企画、販売することで
実際に成功している流通小売業者の事例を紹介します。

日本最大手のコンビニエンスストアチェーンのセブンイレブンも
プライベートブランド商品を企画、販売して利益を上げることに成功しています。

セブンイレブンのプライベートブランドの展開で特徴的なのが、
低価格帯のプライベートブランド「セブンプレミアム」と
比較的高価格帯になる「セブンゴールド」の
2種類のプライベートブランドを展開していることになります。

実際に、セブンイレブンの売れ筋商品の中にも
この高価格帯になるプライベートブランド「セブンゴールド」が
複数入ってきています。

プライベートブランドでは値段の安さだけでなく、付加価値が求められるようになった

このセブンゴールドの事例が示しているように、
今後のプライベートブランドでは、値段の安さだけではなく、
何かしらの付加価値を付けたプライベートブランド商品に
需要が集まってくると考えることができます。

値段・価格は多少上がったとしても、
いかに充実した付加価値を商品に付けることができるのか、
それが今後、プライベートブランドで成功していくために
必要な戦略となっていくでしょう。

プライベートブランドに適切な付加価値を付けるためにも
「お客さんが何を求めているのか」というニーズを探っていく
マーケティングの活動が非常に重要になってくるのです。

以上が、マーケティングの用語、プライベートブランドの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP