Pマークとは?Pマーク(プライバシーマーク)の意味を丁寧に解説

好きなこと・趣味を活かして毎月収入が安定する会員制ビジネスを作る方法、教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

マーケティングの用語、
Pマーク(プライバシーマーク)の意味を解説していきます。

Pマーク(プライバシーマーク)とは
個人情報を適切に安全管理し、また、
保護措置を行う体制がある事業者に対し
審査をした上で付与されるマークのことです。

Pマーク(プライバシーマーク)は
財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPTEC)が
主催、付与しています。

Pマーク(プライバシーマーク)の審査で認定基準となるのが
“日本工業規格「JIS Q 15001:2006-個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」(平成18年5月20日改正)に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している”
という条件になります。

一定の要件を満たした事業者にのみ与えられる証明なので、
Pマーク(プライバシーマーク)は企業のセキュリティ信頼度を
はかるための一種の指標となっています。

Pマーク(プライバシーマーク)を取得するための条件

では、Pマーク(プライバシーマーク)を取得するためには
どのような条件を満たす必要があるのでしょうか?

先述したように、Pマーク(プライバシーマーク)を取得するためには

“日本工業規格「JIS Q 15001:2006-個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」(平成18年5月20日改正)に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している”

という条件・要件を満たしている必要があります。

また、Pマーク(プライバシーマーク)の付与を受けるには
1回きりの審査だけではなく、
2年に1回のの更新が必要になります。

Pマーク(プライバシーマーク)の更新の際にも
資格維持のために監査が必要なため、
常にコンプライアンスを遵守し、
個人情報の安全管理、保護措置を徹底している必要があります。

Pマーク(プライバシーマーク)を取得・保持するメリット

では、Pマーク(プライバシーマーク)を取得し、保持すると
どのようなメリットがあるのでしょうか?

Pマーク(プライバシーマーク)を保持し続けるには
常にコンプライアンスを遵守した企業活動が必要になるので、
法律に則った体制を保つことができます。

また、それだけではなく、
Pマーク(プライバシーマーク)は個人情報の安全管理・保護について
高いレベルでマネジメントシステムを確立し運営していることの証明なので、
取引先や見込み客へアピールするための
手段として利用することができます。

そのため、Pマーク(プライバシーマーク)を付与されていない
他の企業・事業者との差別化に利用することができます。

他にも、官公庁や自治体の入札条件には
Pマーク(プライバシーマーク)を取得・保持していることが
入札条件として提示されることもあります。

Pマーク(プライバシーマーク)はB to BでもB to Cでも有効

Pマーク(プライバシーマーク)は
B to Bビジネス、B to Cビジネス、
どちらを行っていても取得することで
有利にビジネスを進めることができます。

B to BビジネスにおけるPマーク(プライバシーマーク)

B to Bビジネスの場合、
Pマーク(プライバシーマーク)を取得、保持することは
取引先、見込み客に安心感を与えることができます。

Pマーク(プライバシーマーク)を取得していることは
顧客第一の考え方のもとに
質の高い商品やサービスを常に提供していることになります。

そのため、顧客企業も
Pマーク(プライバシーマーク)を持っている事業者とは
安心して取引を行うことができるのです。

つまり、Pマーク(プライバシーマーク)の取得・保持は
顧客企業からの信頼性につながる
重要な指標となるのです。

B to CビジネスにおけるPマーク(プライバシーマーク)

また、個人の消費者を相手にする場合にも
Pマーク(プライバシーマーク)を取得・保持することは
大きなアピールのポイントになります。

一般的な消費者の目線になった場合、
個人情報の安全管理、適切な保護を行っている証明である
Pマーク(プライバシーマーク)を取得している企業は
安全な企業と判断することができるのです。

個人情報に関する問題が多くの場面で取り上げられている現在では
Pマーク(プライバシーマーク)は
非常に社会的な信用性につながる証明となるのです。

まとめ:Pマーク(プライバシーマーク)

Pマーク(プライバシーマーク)を取得・保持するためには
審査の通過や定期的な更新が必要となります。

しかし、見込み客や消費者に対して
個人情報管理・保護における
高い安全性をアピールできることを考えた場合、
Pマーク(プライバシーマーク)を取得するメリットは
非常に大きいと考えることができます。

個人情報に関して企業・一般消費者問わずに
重要視している現代においては
Pマーク(プライバシーマーク)は
非常に重要な指標と考えることができるのです。

以上が、マーケティングの用語、Pマーク(プライバシーマーク)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

追伸.メルマガ及びリストマーケティング成約率97%超も可能な自動化ノウハウをこっそり教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP