空メールとは?空メールの意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、空メールの意味を解説していきます。

空メールとは、メールのタイトルや本文を入力することなく、
つまり、空の内容の状態で
送信される電子メールのことを指すマーケティングの用語です。

空メールを利用する目的は一般的に
メールアドレスの入力を省略したり、
入力ミスを防ぐことにありますので、
メールアドレスのような
長い英数字を入力することが困難な
携帯電話やスマートフォンでの
メールアドレスの登録作業において利用されることが多いです。

空メールはメールアドレスを自動的に入力し、手間を省くことが目的

空メールは電子メールの件名、本文に何も入力せずに、
空白の、空の状態にして痩身する電子メールのことを指します。

空メールが使われる場面としては、
新規ユーザー登録、会員登録、アカウント取得などの
場面において利用されることが多くなっています。

空メールは、企業側がユーザーが会員登録などを行う際に
メールアドレスの入力の手間を省き、
負担を減らすために利用されるのです。

空メールは携帯電話によるメールアドレス登録のために利用されるようになった

もともと空メールは携帯電話を利用した
メールアドレスの登録を行うために利用されるようになりました。

スマートフォンが一般的となる以前の携帯電話、
いわゆるガラケー・フィーチャーフォンでは
文字入力の際に文字数制限があったため、
その対策として空メールが利用されるようになりました。

現在では、スマートフォンなど、
メールアドレスを入力することのできる携帯電話が
主流となってきましたが、
利用者側におけるメールアドレスの入力を
大幅に省略することができることから、
継続して利用されています。

空メールを使ったユーザー登録、会員登録の具体的な流れ

では、実際に空メールを利用して
ユーザー登録や会員登録をする場合、
具体的にどのような流れとなるのかを説明します。

空メールを利用してユーザー登録や会員登録を行う場合、
企業側が用意した登録用のメールアドレスに
空メールを送信することで
送信の際に利用したメールアドレスが自動的に
登録されるようになっています。

そして、空メールを送信したメールアドレスに自動応答メールが返信され、
そのメールに添付してあるURLリンクをクリックすることで
すでにメールアドレスが登録されている状態で
ユーザー登録を行うことができるのです。

また、空メールを使って登録したメールアドレスに
WebサイトのURLやログインのためのURLが送られるので、
ユーザーはURLを入力する手間を省略することができます。

空メールはEFO(エントリーフォーム最適化)の一つ

空メールはメールアドレスを入力する手間を省略することから
ユーザーの情報入力フォームにおける負担を減らす
EFO(エントリーフォーム最適化)の一つとなっています。

企業が空メールを利用することによって
会員登録などの場面におけるユーザーの負担を減らすことができ、
成約直前でのユーザーの離脱率を下げることができるのです。

空メールと同じ様なEFO(エントリーフォーム最適化)の手法に
QRコードを読み取ることによって
会員登録などにおける負担を減らしている例があります。

空メールにおけるユーザーのメリット

空メールはユーザーにとっても多くのメリットがあります。

会員登録の場面などにおいて、手軽に手続きができる他、
懸賞や割引といったサービスを手軽に受けることもできます。

また、携帯電話やスマートフォンで
URLやメールアドレスを入力することが困難なユーザーでも
電子メールの送信なら簡単な操作で行えるので、
空メールを利用することで手続きができるようになります。

他にも、手打ち入力をする場合には
メールアドレスやURLは入力ミス・誤入力が起こりがちですが、
空メールを利用することによって
確実に入力を行うことができるようになります。

まとめ:空メールはユーザー・企業、双方にメリットのある仕組み

空メールはユーザーと企業、双方にとってメリットがあるため、
多くの企業で会員登録やユーザー登録の方法として
採用されています。

スマートフォンにおいて、自動入力の仕組みや、
単語登録機能・ユーザー辞書機能によって
メールアドレスを簡単に入力する方法は存在しますが、
一般のユーザーには浸透しきっていないのが現状です。

そのため、現在でも、メールアドレス、
URLの入力は一般のユーザーにとっては
面倒で煩わしい作業なのです。

携帯電話やスマートフォンを利用する
モバイルユーザーに向けてのマーケティングを行う場合、
空メールのシステムを導入することで
大きくコンバージョンレート(CVR)を向上させる
効果を期待することもできます。

モバイルユーザー向けのコンテンツ、
または、自社サイトへのアクセスが
携帯電話・スマートフォンによるものが多ければ、
空メールは非常に高い効果を期待できる
施策だと考えることができるのです。

以上が、Webマーケティングの用語、空メールの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP