コンバージョンレートとは?コンバージョンレート(CVR)の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、
コンバージョンレート(CVR)の意味を解説していきます。

コンバージョンレート(CVR)とは、
Webサイトにアクセスしてきたユーザーのうち、
Webサイトであらかじめ目標として設定した成果に
結びついた割合のことを指すマーケティングの用語です。

ここでいうWebサイトの目標・成果は
Webサイトやマーケティングの目的によって異なり、
たとえば、製品やサービスの購入、お問い合わせ、
資料請求、会員登録などが
コンバージョンレート(CVR)における指標となります。

コンバージョンレートは英語で
Conversion Rateと表記されて、
Conversionには「転換」という意味があり、
コンバージョンレート(Conversion Rate)を直訳した場合には
「転換率」という意味になります。

コンバージョンレート(CVR)はWebサイトで最終成果に至ったユーザーの割合

コンバージョンレート(CVR)は
Webサイトにアクセスしてきたユーザーのうち、
Webサイトで目標としている
最終成果に至ったユーザーの割合のことをいう
Webマーケティングの用語です。

コンバージョンレート(Conversion Rate)を省略して
CVRと呼ばれることもあります。

コンバージョンレート(CVR)は「転換率」という意味があるので、
たとえば、これまで見込み客だったユーザーが
製品やサービスの購買を行う顧客に「転換」するなど、
Webサイトを訪れたユーザーが
Webサイトの運営者にとって利益につながる状態に
「転換」する割合を把握することによって
ビジネスの精度向上に役立てる目的があります。

実際にコンバージョンレート(CVR)を継続する場合には、
Webサイトにアクセスしたユーザーが
どのくらいWebサイトから商品を購入したのか、
または、商品に関する問い合わせをしたのかなど、
ビジネスにおける目標達成を指す場合が多くなります。

具体的な例を出すとすれば、
たとえばインターネット広告を出稿した場合に
広告経由のユーザーのコンバージョンレート(CVR)がどのくらいかを
常に計測・把握しておくことんによって、
広告料金に見合った効果が出ているのかどうかを
把握することができます。

コンバージョンレート(CVR)の計算方法

では、実際にコンバージョンレート(CVR)を計算する場合には
どのような計算式になるのか、具体例を交えながら
コンバージョンレート(CVR)の計算方法を紹介していきます。

まず、コンバージョンレート(CVR)を求めるための
計算式は以下のようになります。

コンバージョンレート(%)=コンバージョン数÷ユニークユーザー数(訪問者数)×100

上記の式を使うことで、
コンバージョンレート(CVR)を求めることができます。

B to BマーケティングのWebサイトで資料請求したユーザーのコンバージョンレート(CVR)

たとえば、B to BのWebサイトでは
主にユーザーに資料請求をしてもらうことが
Webサイトにおける目標、成果となることが多くなります。

ですので、たとえば、あるWebサイトで
100人のユニークユーザーによるアクセスがあり、
そのうち5人のユーザーが資料請求を行った場合には、
5(コンバージョン数)÷100(ユニークユーザー数)×100=5%となるので、
コンバージョンレート(CVR)は5%ということになります。

ECサイトで商品購入を行ったユーザーのコンバージョンレート(CVR)

一般消費者向けのECサイトの場合には
直接商品を購入することがWebサイトにおける
目標・成果となります。

そのため、1,000アクセスがあり、
そのうち36人のユーザーが商品を購入した場合の
コンバージョンレート(CVR)は以下のようになります。

36(コンバージョン数)÷1,000(ユニークユーザー数)×100=3.6%

つまり、この場合のコンバージョンレート(CVR)は
3.6%となるのです。

コンバージョンレート(CVR)の注意点

ただし、コンバージョンレート(CVR)を計測して
ビジネスに利用する場合には
注意点も存在します。

たとえば、Webサイトにおいて
キャンペーンを行っていた場合など、
普段と状況が異なれば異常にコンバージョンレート(CVR)が
高くなる可能性があります。

また、そもそものユニークユーザー数が少ないなど、
分母となる数値が低ければ
異常に高いコンバージョンレート(CVR)が出たり、
または、コンバージョンレート(CVR)が0になることもありえます。

コンバージョンレート(CVR)を計測する場合には
もとのデータが妥当であるかどうか
それを判断していくことも必要になります。

まとめ:コンバージョンレート(CVR)

コンバージョンレート(CVR)は
インターネット広告やWebサイトの効果を計るためには
非常に有効な指標となります。

自社サイトの改善を行っていくためにも、
常にコンバージョンレート(CVR)を意識した
施策を行っていくことが大切になっていきます。

以上が、マーケティングの用語、コンバージョンレート(CVR)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP