3C分析とは?3C分析の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、3C分析の意味を解説していきます。

3C分析とは
Customer(市場、顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)
これら3つの要素を念頭において行う
マーケティング分析です。

分析の要素が
Customer(市場、顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)と
全て頭文字がCであり、3つの要素であることから
3Cと省略され、3C分析という言葉が使われます。

3C分析で分析を行う3つのCの内容

3C分析では3つのC、
Customer(市場、顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)を念頭に
マーケティングの分析を行っていく分析の手法です。

では、3C分析で分析するこれら3つの要素は
具体的にどのようなことを分析していくのでしょうか?

3C分析における3つのC、
Customer(市場、顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の内容、
どのような分析を行っていくのかを解説していきます。

3C分析のCustomer(市場、顧客)とは?

最初に、3C分析におけるCustomer(市場、顧客)です。

自社の製品やサービスを購入する顧客は
市場においてどのような顧客の層であるかを分析します。

自社の製品やサービスにおける市場では
どのような潜在顧客がいるのか、市場の規模はどのくらいか、
成長が見込める市場なのか、顧客ニーズはどうなのか、
これらの要素を分析していきます。

3C分析のCompetitor(競合)とは?

次に、3C分析におけるCompetitor(競合)です。

Competitor(競合)とは自社の製品やサービスと
競合することになる対象を分析していきます。

自社製品やサービスと競合する製品やサービスはどのくらいあるのか、
その製品やサービスを出している企業の強みや弱み、
また、経営資源などについても分析を行っていきます。

顕在化している競合だけでなく、
これから表れるであろう潜在的な競合に関しても
3C分析における、この、Competitor(競合)で分析していく必要があります。

3C分析のCompany(自社)とは?

最後に、3C分析におけるCompany(自社)の分析です。

Company(自社)では、その名の通り、自社の分析を行います。

自社の経営資源やビジネスにおける現状、
他にもどのような製品やサービスを持っているのか、
技術力や販売力などの力はどのくらいあるのか、
売上はどのくらいか、市場におけるシェアはどのくらいあるのか、

自社に関するこれらの情報を集め、
分析していくことが3C分析のCompany(自社)の分析です。

3C分析で自社を取り巻く環境を分析していく

3C分析は自社を取り巻く環境を分析していくフレームワークです。

5Force分析、PEST分析、バリューチェーン分析などが
3C分析とともに用いられ、
企業戦略(成長戦略)策定をするための環境分析に用いられます。

3C分析を実際に行う場合、
まず妻子の顧客の動向を念頭に置きながら
市場の分析、競合の分析をして、
自社の各事業での成功要因を明らかにしていきます。

次に、自社の成功要因と経営資源や現状の活動において
分析を行っていきます。

3C分析では以下の3つが
分析をする際の具体的な対象と挙げられます。

■経営資源(生産能力、従業員数など)

■戦略(集中戦略、差別化戦略など)

■業績(売上高、利益、キャッシュフロー、シェアなど)

これらの分析を行っていくのが3C分析ということになります。

3C分析は事実を整理するフレームワークでしかない

3C分析はただこれらの現状、事実を整理していくための
フレームワークでしかありません。

3C分析を行うこと自体が目的なのではなく、3C分析を行って、
その結果から企業戦略(成長戦略)策定をしたり、
実際にアクションを起こしていくことが重要になるのです。

自社の現状を分析し、成功要因を把握するだけで終わるのではなく、
成功要因をこのまま維持していける可能性の分析をして、
今後の企業戦略(成長戦略)策定を進めていくことが必要なのです。

まとめ:3C分析

3C分析はマーケティングにおける
基本的で重要なフレームワークではありますが、
3C分析をしたからといって売上を伸ばしたり、
業績が上がったりすることがあるわけではありません。

3C分析の結果から、
今後の自社の課題を導いたり、企業戦略(成長戦略)策定をすることで
結果的に売上を伸ばしたり、業績を上げることができるのです。

3C分析を行った後、
自社は今後どのようなビジネスやマーケティングを展開していくのか、
そこまで考えていくことで3C分析を行う意味があるのです。

マーケティングにおける基本的なフレームワークとして
3C分析をしっかりと押さえておきましょう。

以上が、マーケティングの用語、3C分析の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP