ダイレクトマーケティング協会(DMA)とは?とは?の意味を丁寧に解説の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ダイレクトマーケティング協会(DMA)の意味を解説していきます。

ダイレクトマーケティング協会(DMA)とは、
ダイレクトマーケティングに関する世界最大規模の団体です。

アメリカ・ニューヨークを本拠地としていて、
ライブラリーの資料数は膨大で、また、アワードでも権威ある団体とされています。

ダイレクトマーケティング協会は英語で、
Direct Marketing Associationと表記されますので、
それぞれの単語の頭文字を取って、DMAと略されることもあります。

ダイレクトマーケティング協会(DMA)は商売に対して積極的で
会員向けにカンファレンスやセミナーを開催し、
その集客のためにDM(ダイレクトメール)やFAXを配信しています。

ダイレクトマーケティング協会(DMA)は世界のダイレクトマーケティングの中心

ダイレクトマーケティング協会(DMA)は1917年、
アメリカ・ニューヨークに設立されました。

世界中のダイレクトマーケティングの中心的な存在とされていて、
現在の会員数は全世界で約3,000を超えると言われています。

ダイレクトマーケティング協会(DMA)は
ダイレクトマーケティングの交流・教育機関として、
年間200を超えるイベントや出版物、オンラインを通じたコンテンツやセミナーなど、
ダイレクトマーケティングに関するサービスを提供している機関です。

ダイレクトメール、テレマーケティング、カタログ、テレビ、ラジオ、新聞・雑誌、
各種プリント広告、サーチエンジンなどのウェブマーケティングを含む、
数多くのダイレクトマーケティングに関わる企業が参加しています。

ダイレクトマーケティング協会(DMA)には、
アメリカのフォーチュン誌が発表数フォーチュン100にランキングされる企業も
多くがメンバーとして参加しています。

具体的な企業名としては、
ジェネラル・モータース、シティグループ、IBM、ファイザー製薬、
モルガン・スタンレー、マイクロソフト、メリル・リンチ、
ウォルト・ディズニー、AT&T、アメリカン・エキスプレス、
フェデックス、ゼロックス、AARPなどが上げられます。

ダイレクトマーケティング協会(DMA)の日本代理事務局

ダイレクトマーケティング協会(DMA)は日本にも展開していて、
日本の代理事務局はダイレクトマーケティングジャパン株式会社が担当しています。

そのため、日本国内でダイレクトマーケティング協会(DMA)への入会、
ダイレクトマーケティング協会(DMA)のイベント参加、
国際エコー賞への応募を行う場合には、
ダイレクトマーケティングジャパン株式会社を通すことになります。

ダイレクトマーケティング協会(DMA)の扱うダイレクトマーケティングとは?

では、そもそも、ダイレクトマーケティング協会(DMA)が扱う
ダイレクトマーケティングとはどのようなマーケティングかを解説します。

ダイレクトマーケティングは企業と顧客が
個別・直接的な双方向コミュニケーションを行うことによって
顧客の反応(レスポンス)を測定しながらプロモーション、マーケティングを展開していく
マーケティングの手法になります。

顧客の反応(レスポンス)を測定しながらマーケティングを展開できるので、
顧客のニーズや嗜好に合わせた顧客本位のマーケティングが展開できます。

現代で多くの企業が重視しているマーケティング手法、
データベースマーケティング、
インターネットマーケティング、
CRM(顧客関係管理)、
One to Oneマーケティングなど、
これらのマーケティング手法のベースになっているマーケティングの概念です。

インターネットやWebメディアの発展によって、
ソーシャルメディアなどが普及したために企業と消費者が
ダイレクト(直接的)につながることが容易になったため、
顧客本位のマーケティングを追求するダイレクトマーケティングが重要視されています。

顧客への直接的なアプローチ、継続的なコミュニケーション、
データの獲得・分析、ROIの明確化など、
ダイレクトマーケティングの持つ特性が顧客中心の価値創造の可能性を見いだし、
注目を集めているのです。

ダイレクトマーケティングは通信販売やカタログ販売が原点とされているので
電話や郵便による注文の獲得を目指したマーケティング手法だと思われています。

しかし、現在のマーケティングにおいては、
単発的な売上の獲得だけではなく、顧客との関係性や継続的な売上を目指す、
LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)の最大化を目的とした
マーケティングのことを指すようになってきました。

つまり、ダイレクトマーケティング協会(DMA)が扱う
ダイレクトマーケティングは、現代の、これからのマーケティングにおいて、
非常に重要なマーケティングの概念、手法ということになるのです。

以上が、マーケティングの用語、ダイレクトマーケティング協会(DMA)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP