エリアマーケティングとは?エリアマーケティングの事例・手法を丁寧に解説

マーケティングの用語、エリアマーケティングとは何か、
エリアマーケティングの事例や手法を紹介していきます。

エリアマーケティングとはそれぞれの地域の特性を活かした
マーケティングを行う手法です。

地域を問わず、全国的に画一的なマーケティングを展開する
マスマーケティングというマーケティング手法がありますが、
エリアマーケティングの場合にはマスマーケティングと違い、
消費者・顧客の済む地域に特化した情報発信などをできるので
反応率や成約率の向上が望めて、
マーケティングの効率を高める効果を期待することができます。

それでは、エリアマーケティングとは何か、
事例や手法を交えながら、さらに詳しく解説をしていきます。

エリアマーケティングは地域に対応した売れる仕組みづくり

エリアマーケティングとは「エリア」と「マーケティング」を
組み合わせて作られた造語です。

エリアは地域や地区を意味し、マーケティングは売れる仕組みを意味することから
エリアマーケティングとは地域に応じて売れる仕組みを作る
マーケティングの手法ということになります。

たとえば、小売業を行う場合、一度店舗を出店すると
簡単に移転をすることができず、
限られた地域(商圏)でビジネスをしていく必要があります。

その場合、ターゲットを選定せず、
全ての地域を対象としたマスマーケティングでは
高い効果を狙うことができなくなってしまいます。

そこで、エリアを限定し、店舗のターゲットとなる
消費者・顧客に対してのみマーケティングを行う
エリアマーケティングが重要視されます。

エリアマーケティング戦略に必要な8つの視点とは?

エリアマーケティングを戦略として展開する場合、
限定するエリアについて次の8つの視点から考察し、
エリアマーケティング戦略を構築していく必要があります。

エリアマーケティング戦略の視点1:市場特性

展開しようとしているビジネスの地域におきえる市場規模や成長性、
他にも地域の人口や世帯の構成に関するデータを分析します。」

主に地域市場に影響を及ぼす環境の視点から分析を行います。

エリアマーケティング戦略の視点2:需要特性

そbの地域の消費者の金銭に関する考え方、
他にもライフスタイルなど、
生活や消費に関する視点から需要を考察していきます。

エリアマーケティング戦略の視点3:チャネル特性

経営や商売に関する人々の考え方、マインドなどの視点から分析を行い、
その地域の流通や価値観についての分析を行っていきます。

エリアマーケティング戦略の視点4:競争特性

その地域における自社製品やサービスの競合について
数や状況を分析していきます。

エリアマーケティング戦略の視点5:自然・風土特性

地域の自然環境からその地域の人々の考え方や価値観
ライフスタイルなどを分析していきます。

エリアマーケティングの視点6:歴史・文化特性

その地域の歴史や文化という視点から分析を行います。
具体的には祭事や行事、歴史などがあります。

エリアマーケティングの視点7:情報特性

地域内での情報の伝わり方やネットワークという視点から
その地域を分析していきます。

エリアマーケティングの視点8:経営資源特性

地域経営に関する考え方や姿勢を分析していきます。

エリアマーケティングの手法・プロセス

次に8つのエリアマーケティングの視点を踏まえたうえで、
どのような手法・プロセスでエリアマーケティングを
展開していくべきなのかを紹介していきます。

エリアマーケティングの手法・プロセス1:地域を知る

先述した8つの視点から地域を調査していきます。

店舗lに関することよりも、
まずはその地域に住む人々について、その地域自体についてを
調査して知っていく必要性があります。

エリアマーケティングの手法・プロセス2:店舗を知る

自店の地域における状況を分析します。

先述した8つの視点から調査を行えば
競合の状況やターゲットとなるセグメントが見えてくるはずです。

エリアマーケティングの手法・プロセス3:顧客を知る

自店が市場における優位性を確保できるエリアはどこか、
ターゲットとなる顧客グループはどこにいるのか、
先述した8つの視点から調査をしていきます。

エリアマーケティングの手法・プロセス4:強化エリアを知る

顧客について調査をおこなったら、どのエリアでの営業を強化するのか、
調査・分析をしていく必要があります。
ここで設定したターゲットとなるエリアに対して
マーケティングを展開するのがエリアマーケティングということになります。

エリアマーケティングの手法・プロセス5:マーケティング結果を知る

マーケティングはテストの繰り返しです。
それはエリアマーケティングにおいても同様なので、
施策によってどのように地域の状況が変化したのか、
次はどのような施策を行うのかを分析していきます。

エリアマーケティングの事例:コンビニおでん

私たちの生活でもエリアマーケティングは行われていて
身近なところでエリアマーケティングの事例が存在します。

たとえば、コンビニエンスストアで販売されているおでんが
エリアマーケティングの分かりやすい事例として存在します。

コンビニエンスストアのおでんは
地域によって大きく味を変えています。

関東地域、関西地域をはじめ、
味や風味を地域に合わせて大きく変えているのです。

地域に特化したエリアマーケティングの事例ということができます。

まとめ:エリアマーケティング

エリアマーケティングは地域に密着した店舗から
事例のコンビニエンスストアのように大企業まで
多くの成功例が存在するマーケティング手法です。

日本全国をターゲットとしたマーケティングでは
うまくビジネスが展開できなくても、
地域を限定したエリアマーケティングなら
大きな売上・利益となる場合があります。

自社にとって最適なエリアマーケティングを考え、
売上・利益を最大化していきましょう。

以上が、マーケティングの用語、エリアマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP