PPC広告(ペイパークリック広告)とは?PPC広告(ペイパークリック広告)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、PPC広告(ペイパークリック広告)の意味を解説していきます。

PPC広告(ペイパークリック広告)とは
「クリック型課金」と呼ばれている種類のインターネット広告のことを指します。

ペイパークリック(Pay Per Click)の頭文字を取って省略し、
PPC広告と呼ばれています。

日本では現在、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)や
オーバーチュアが展開している大手検索エンジンに対応した
PPC広告(ペイパークリック広告)があります。

広告のリンクが一定数クリックされるまで広告の掲載を行い、
契約期間中にクリックの回数が予定の数に満たない場合には契約期間を延長します。

PPC広告(ペイパークリック広告)はクリック型課金という仕組みなので、
広告がクリックされない場合には費用が発生しないことになります。

PPC広告(ペイパークリック広告)はWeb広告の主流になっている

PPC広告(ペイパークリック広告)は
リスティング広告に代表されるクリック課金型広告のことで、
代表的なものにリスティング広告があります。

PPC広告(ペイパークリック広告)をユーザーがクリックすることは
ユーザーが広告に対して興味を持っていることを示します。

つまり、興味のあるユーザーへの広告にのみ課金される仕組みになるため
PPC広告(ペイパークリック広告)は非常に費用対効果の高い広告とされていて、
インターネットを使ったWeb広告では主流になっている広告です。

PPC広告(ペイパークリック広告)のクリック単価の指標には
CPC(Cost Per Click):コストパークリック、が使用され、
コストパークリックは1クリックあたりの費用を表しています。

PPC広告(ペイパークリック広告)とリスティング広告の違いとは?

PPC広告(ペイパークリック広告)と同時に使われる言葉に
「リスティング広告」という言葉があります。

同じ広告のことをPPC広告(ペイパークリック広告)という人もいれば、
リスティング広告という人もいたりと、
PPC広告(ペイパークリック広告)、リスティング広告の区別が曖昧になっています。

ですが、実際にはPPC広告(ペイパークリック広告)と
リスティング広告には明確な違いがあります。

ここで、広告の違いを解説していきます。

リスティング広告はPPC広告(ペイパークリック広告)に含まれる

リスティング広告は「検索連動型広告」に限定されているので、
GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)をはじめ、
GoogleやYahoo、Bingなど、検索エンジンの検索結果に連動している広告です。

それに対してPPC広告(ペイパークリック広告)の場合、
検索エンジンとの関わりについては言及されない広告で、
ペイパークリック(Pay Per Click)、
つまり、クリック単価で広告費を払う広告全般のことを指しています。

つまり、リスティング広告は
PPC広告(ペイパークリック広告)の一種ということになるのです。

検索連動型広告を指す場合にはPPC広告(ペイパークリック広告)ではなくリスティング広告が適切

 

PPC広告(ペイパークリック広告)は
純粋にクリック課金型の広告全般を指します。

そのため、PPC広告(ペイパークリック広告)をリスティング広告の代用語、
つまり、リスティング広告と同じ意味で使う場合がありますが、
検索連動型広告のことを指した言葉としてはリスティング広告を使う方が適切になります。

リスティング広告を除いたPPC広告(ペイパークリック広告)

では、検索連動型広告であるリスティング広告以外に
PPC広告(ペイパークリック広告)にはどのような種類があるのでしょうか?

たとえば、Webサイトの中に設置されていて、
クリック数に応じて課金が発生するタイプの広告が
リスティング広告を覗いたPPC広告(ペイパークリック広告)にあたります。

ここで、具体的なリスティング広告以外の
PPC広告(ペイパークリック広告)を紹介していきます。

まず、バナー広告系のPPC広告(ペイパークリック広告)があります。

■Yahoo!プロモーション広告

■YouTubeを含んだGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)

■スマホ広告に特化したnend

■サイバーエージェントのMicroAd

続いて、SNS系の広告もあります。

■Facebook広告

■Instagram広告(Facebook広告の管理画面から出稿が可能)

以上が、リスティング広告を除いたPPC広告(ペイパークリック広告)です。

PPC広告(ペイパークリック広告)ではリスティング広告から取り組む

PPC広告(ペイパークリック広告)の中でも、
リスティング広告は自社の顧客獲得単価を知ることができる方法です。

顧客獲得単価は自社の利益にも大きく関わりますので、
PPC広告(ペイパークリック広告)を使う場合には、
まずはリスティング広告から取り組んでいくのがいいでしょう。

以上が、マーケティングの用語、PPC広告(ペイパークリック広告)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP