ASPとは?ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、
ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)の意味を解説していきます。

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)とは
システムやソフトウェア、アプリケーションを
ネットワークに接続されたサーバー上に置くことで
Webブラウザから直接アクセスして利用できるサービスです。

または、サービスを提供している業者のことを
ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)と呼ぶ場合もあります。

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)は
月額課金制のものが多く、
買い切りで一括でアプリケーションやソフトウェアを導入するより
初期費用を安く抑えられるメリットがあります。

また、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)は
パソコンにインストイールする必要がないため、
自社システムがパソコンに導入されていても
共存できるというメリットもあります。

Application Service Providerの
それぞれの単語の頭文字を取り、
ASPと省略されます。

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)はサーバーにアクセスしてアプリケーションを利用する

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)では
主にインターネットなどのネットワークを通じて
アプリケーションやソフトウェア、
それに付随するサービスをユーザーに提供していきます。

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)の利用者は
自分のパソコンにアプリケーションやソフトウェアを
直接インストールする必要がありません。

Webブラウザなどを利用し、ネットワークを通じて
ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)の業者のサーバーにアクセスし
アプリケーション・ソフトウェアを利用することができます。

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を利用するメリット

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)がない場合、
アプリケーション・ソフトウェアを利用するには
自分のパソコンや自社のサーバーにダウンロード、
インストールして利用する必要がありました。

そのため、アプリケーション・ソフトウェアを
インストールしたりアップグレードする際に
大きな負担がかかることがありました。

しかし、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)なら
ユーザーのパソコンや企業のサーバーには
アプリケーション・ソフトウェアをインストールする必要がありません。

そのため、アプリケーションやソフトウェアに
対応した機器を手配する必要もありませんし、
また、パソコンやサーバーにインスタトールする必要もないので、
ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を使うことで
管理のコストを削減できるメリットもあります。

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を利用するデメリット

もちろん、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を利用する
メリットがある一方で、デメリットも存在します。

自分のパソコンや自社のサーバーに
アプリケーション、ソフトウェアをインストールしないので、
サービスを提供するASP(アプリケーションサービスプロバイダ)の業者で
サーバーの不具合などが発生した場合には
アプリケーションやソフトウェアを利用できなくなります。

また、それだけではなく、
インターネットなど、ネットワークの不具合でも
利用できなくなってしまうリスクがあります。

また、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)業者のサーバーで
アプリケーションやソフトウェアを使うことになるので、
扱うファイルやデータをアップロードする必要性があります。

そのため、機密情報のあるデータを
ネットワークでやり取りするなど、セキュリティの面でのリスク、
そして、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を提供する業者によって
データやファイルを消失してしまうリスクも考えられます。

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を利用する場合には、
セキュリティ面での心配やデータの紛失・消失など
これらのリスクというデメリットがあることを考えておく必要があります。

まとめ:ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)

セキュリティやデータ・ファイルの消失というリスクを伴いますが、
ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)には大きなメリットがあるのも事実です。

大切なことは、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)の
善し悪しよりも、使い方、ということになるのではないでしょうか?

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)に依存しすぎることなく、
適切なバックアップなどのリスクヘッジをした上で
必要な分だけのサービスを利用していくこと。

メリット、デメリットをしっかと把握し、
自分自身の、自社の利益につながるように
ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を
利用していくことが大切になっていくはずです。

以上が、マーケティングの用語、
ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP