BtoBとは?BtoB(B2B)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、BtoB(B2B)の意味を解説していきます。

BtoB(B2B)とは法人を顧客とした企業活動を指す
マーケティングの用語です。

システム開発会社やコンサルティング会社など、
一般個人ではなく、企業など法人を相手にした
ビジネスがBtoB(B2B)に該当します。

ちなみに、企業(法人)が一般的な個人の消費者を
相手にした取引の場合にはBtoC(B2C)という
Business to Customerを省略した言葉が使われます。

日本語では企業間取引と呼ばれていて、
BtoB、B2Bと表記されることが一般的です。

BtoB(B2B)では企業・法人を相手にした取引を行う

BtoB(B2B)とはBusiness to Businessと省略した言葉で、
企業(法人)から企業(法人)への企業間取引を指した言葉です。

一般的な消費者を相手にするのではなく、
企業・法人を相手にした取引になるので、
BtoB(B2B)でのマーケティングでは
購入などの意思決定をする権利(決裁権)を持った
意思決定者が複数いることがあります。

また、製品やサービスの購入を決めた人と
実際に製品やサービスを利用する人が異なるケースも
数多く存在します。

そのため、BtoB(B2B)でのマーケティングでは
個人の消費者を対象としたBtoC(B2C)の取引やマーケティングとは
異なる手法やアプローチが求められます。

BtoB(B2B)での取引、マーケティングの特徴

BtoB(B2B)の取引では企業の生産活動や業務に必用な取引となりますので
一般的な個人の消費者を相手にしたBtoC(B2C)の取引よりも
金額、商品の量、ともに数値が大きくなるので、規模の大きな取引となります。

また、BtoB(B2B)では複数の意思決定者によって
購買の決定がされることもあるので、
マーケティングから成約までの期間が長くなってしまうことが
多くあります。

そのため、一般的な個人の消費者を相手にしたBtoC(B2C)よりも
BtoB(B2B)の場合には長期的な取引になることが多くなります。

BtoB(B2B)取引とBtoC(B2C)取引の主な違いとは?

では、BtoB(B2B)とBtoC(B2C)の取引では
主にどのような違いがあるのでしょうか?

大きな違いとして上げられるのが次に4つです。

BtoB(B2B)とBtoC(B2C)の大きな違い:取引をする商品

一般的な消費者が相手のBtoC(B2C)では完成された商品を扱いますが、
BtoB(B2B)の場合にはそのための素材だったり、
また、社内で利用するソフトウェアやツールだったりします。

BtoB(B2B)とBtoC(B2C)の大きな違い:仕事が報酬に変わるまでの期間

BtoB(B2B)の場合、
マーケティングに時間がかかってしまいますが、
製品やサービスを納品した時点で報酬に変わります。

しかし、BtoC(B2C)の場合、
製品やサービスを作っても、
実際に売れるかどうかは分からないので、
消費者の声を取り入れつつ、改善などが求められます。

BtoB(B2B)とBtoC(B2C)の大きな違い:マーケティングの戦略

BtoB(B2B)では論理的に製品やサービスの
ベネフィットを伝えていくマーケティングが求められます。

その一方で、BtoC(B2C)なら
一時的にでも消費者の感情にアプローチできれば
製品やサービスの購買につながる可能性があります。

BtoB(B2B)とBtoC(B2C)の大きな違い:企業ブランドの重要性

一般的な消費者を相手にしたBtoC(B2C)の場合には
企業ブランドが求められますが、
BtoB(B2B)ではあまり企業ブランドは重視されません。

製品やサービスの魅力を正しく伝えることができれば
ブランドイメージがなくとも製品やサービスが売れるからです。

BtoB(B2B)での取引・マーケティングはインターネットの利用が中心になっている

BtoB(B2B)の取引の一例に、
インターネットを利用した原材料や部品、商品の仕入れがあります。

インターネットの発展によってBtoB(B2B)の取引は、
これまでの商取引、地域や販路を浸食することなく、
メーカー直販、卸直販などによる取引を行うことができるようになりました。

そのため、BtoB(B2B)取引を扱う企業は
系列や販路を超えて取引を拡大する方法として
インターネットを使った取引やマーケティングに進出しています。

そのため、現在では
BtoB(B2B)での取引ではインターネットを使った
取引が増えてきて、中心になってきています。

まとめ:BtoB(B2B)

BtoB(B2B)での取引では一般的な消費者向けの
マーケティングや取引とは異なる点が多くあります。

BtoB(B2B)において重要なポイントを押さえることが
BtoB(B2B)のビジネス、マーケティングを成功させるために必用になります。

以上が、マーケティングの用語、BtoB(B2B)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP