BtoCとは?BtoC(B2C)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、BtoC(B2C)の意味を解説していきます。

BtoC(B2C)とは、不特定多数の消費者を顧客とした
企業活動のことを指すマーケティングの用語です。

主に、消費者向けの小売業、製造業などが
BtoC(B2C)に該当するビジネスになります。

BtoCまたはB2Cと表記されます。

BtoC(B2C)とは一般消費者を対象とした取引

BtoC(B2C)はBusiness to Customerの略で、
企業(法人)と一般消費者との取引のことを指すマーケティングの用語です。

不特定多数の一般消費者を顧客とする
小売業や製造業がBtoC(B2C)のビジネスに該当します。

具体的なBtoC(B2C)ビジネスの例を挙げる場合、
個人の消費者を対象にしているインターネット通販、
オンラインショッピングなど、
実店舗のあるビジネスならコンビニエンスストア、
地域のスーパーマーケット、家電量販店などがあります。

ちなみに、企業(法人)が企業(法人)を相手にして取引を行う場合、
Business to Businessを省略したBtoB(B2B)という言葉が使われます。

BtoC(B2C)は日本では電子取引を指すITの用語だった

日本でBtoC(B2C)という言葉が使われ始めた時は
企業(法人)が一般消費者を相手にした取引のことを表すのではなく、
ITを利用した電子取引のことのみを指して使っていました。

しかし、最近では日本でも
IT以外の業界でもBtoC(B2C)という事がが使われはじめ、
電子取引以外についても企業(法人)対消費者の取引の場合には
BtoC(B2C)という言葉が使われることが多くなってきました。

BtoC(B2C)ではデジタルコンテンツの販売も行われるようになった

現在のBtoC(B2C)ビジネス、取引の特徴として、
小売業だけではなく、
自社開発のソフトウェアの販売や
音楽配信、画像配信、オンラインゲームのサービス提供など、
デジタルコンテンツの提供を行う企業の数も増えてきています。

インターネットやWebメディアの発展により、
メーカーや卸から商品を仕入れて販売する小売以外にも
自社で開発したデジタルコンテンツを販売するBtoC(B2C)も
容易になってきたのです。

今後もインターネットやWebメディアの発展は
継続すると考えられますので
さらに新しい形の商品が増えていくことが予想されます。

BtoC(B2C)マーケティングとBtoB(B2B)マーケティング

では、一般的な個人の消費者相手のBtoC(B2C)マーケティング、
企業(法人)を相手にしたBtoB(B2B)マーケティング、
これらにはどのような違いがあるのでしょうか?

BtoC(B2C)で重視されるのは、企業ブランドなどのイメージや
消費者の感情に訴えるマーケティングです。

BtoC(B2C)の場合、製品やサービスの購入を決定するのは
一般個人になりますので、
その人自身の、個人の意思決定になります。

そのため、一瞬でもその人の感情に響くマーケティングができれば
BtoC(B2C)マーケティングはうまくいく可能性が高いのです。

その一方で、BtoB(B2B)マーケティングの場合、
相手が企業(法人)ですので、
意思決定をする人が複数人いることがあります。

そのため、感情に訴えかけるマーケティングよりも
論理的に製品やサービスのベネフィットを伝えることが
大切になってきます。

これらがBtoC(B2C)、BtoB(B2B)
それぞれのマーケティングにおける主な違いになります。

BtoC(B2C)におけるWebマーケティング

インターネットを利用してBtoC(B2C)取引を行う場合、
自社のWebサイトにアクセスするユーザーの数が非常に大きな影響を与えます。

そのため、BtoC(B2C)ビジネスにWebマーケティングを
利用している企業は、
リスティング広告などのインターネット広告、
SEO(検索エンジン最適化)による自社サイトへのアクセスの流入、
メルマガの配信による広告などを行っています。

自社サイトへのユーザーのアクセスを増やすために
数多くの対策を行っているのです。

BtoC(B2C)でもインターネットを利用した取引が増えているので
このようにWebサイトへのアクセスを増やす必要性が出てきています。

まとめ:BtoC(B2C)ビジネス

インターネットやWebメディアの発展によって
BtoC(B2C)ビジネスも大きく変化をはじめています。

他のビジネスやマーケティングと同様に、
インターネットやWebメディアを利用した
Webマーケティングを使いこなせるかどうか、
これが今後のBtoC(B2C)ビジネスにおいても
非常に重要なことになっていくと考えることができます。

また、BtoC(B2C)マーケティングにおいては
消費者の感情に訴えかけるマーケティングを行うこと、
これも非常に重要な要素となります。

以上が、マーケティングの用語、BtoC(B2C)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP