マーケティングオートメーションとは?マーケティングオートメーションの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、マーケティングオートメーションの意味を解説していきます。

マーケティングオートメーションとは
マーケティング活動におけるプロセスを自動化し
支援するためのシステムの総称を指す
マーケティングの用語です。

データベースを基にして
顧客・見込み客とのコミュニケーションを行い
セグメンテーション(グループ分け)や
効果測定を行うシステムが
マーケティングオートメーションになります。

キャンペーンマネジメントなども
マーケティングオートメーションのシステムに含まれます。

SFAの前工程を担当するマーケティングオートメーション

営業案件と営業スタッフの行動を管理する
SFA(Sales Force Automation)の前工程を担うシステムで、
マーケティングオートメーションは
マーケッターが利用するツールだと考えることができます。

営業支援システムであるSFA(Sales Force Automation)が
営業部門の営業活動管理するために利用するのに対し、
マーケティングオートメーションはマーケティング部門が
リード(見込み客)を成約の可能性が高い
ホットリードに育て、営業部門に引き継ぐために利用する
マーケティングのシステムです。

マーケティングオートメーションの機能には
一般的には次の機能があることが多くなります。

■ランディングページ作成管理
■リード(見込み顧客)管理
■リードスコアリング
■メールマーケティング
■ソーシャルメディア
■SEO管理
■キャンペーン管理
■レポーティング/分析
■SFA/CRM連携

一般的にマーケティングオートメーションでは
これらの機能を利用してマーケティングを
自動化していくことになるのです。

マーケティングオートメーションは顧客リストの整備を担当する

企業のマーケティング活動をシステムによって
自動化することが目的のマーケティングオートメーションは
顧客リストの整備を担当するシステムになります。

SFA(Sales Force Automation)は営業案件の管理に利用されますが、
マーケティングオートメーションは営業プロセスに至る前の
顧客リストを整備することに利用されます。

顧客の興味関心を育てながら、
営業ができる状態になったホットリードを
営業プロセスに渡すために利用されるシステムです。

この場合に利用されるマーケティングオートメーションの機能は
例えば、

見込顧客を管理するリードマネジメント機能

メールやWebページを使ったキャンペーンを自動実行する機能

マーケティング活動の様々な分析・レポーティングをする機能

マーケティングオートメーションの
これらの機能を利用して、
営業へ渡す顧客リストの整備をしていくことになります。

そのため、営業へ渡すためのリードを育成する
顧客リストの整備に必要なシステムということなのです。

マーケティングオートメーションはアメリカでは既に普及しているシステム

マーケティングの先進国であるアメリカでは
既にマーケティングプロセスの自動化を目的とした
マーケティングオートメーションは広く普及しています。

キャンペーンやプロモーションなど、
マーケティング活動を基にしてリードをスコアリングし、
その結果に合わせたメッセージを
メールやソーシャルメディアで配信していきます。

そのために必要となるマーケティングオートメーションの機能が
次の5つの機能となります。

マーケティングオートメーションの機能例1:キャンペーン作成機能

メールやWebページなどのメディアを利用した
キャンペーンを作成するマーケティングオートメーションの機能です。

マーケティングオートメーションの機能例2:分析・レポート機能

マーケティング活動によって得られた
様々な指標を分析したりレポーティングします。

マーケティングオートメーションの機能例3:リードジェネレーション

Webサイトなどから見込み客(リード)を獲得し、
リードを管理していく機能です。

マーケティングオートメーションの機能例4:スコアリング

見込み客の製品やサービスへの購買意欲に応じて
スコアを付けていくマーケティングオートメーションの機能です。

マーケティングオートメーションの機能例5:リードナーチャリング

メールやDMを利用してリードの購買意欲を高めるための
育成・教育を行うマーケティングオートメーションの機能です。

これらの機能を利用して
マーケティング活動を自動化、効率化することで、
大量の潜在顧客に対しても
ダイレクトマーケティング(ワン・トゥ・ワンマーケティング)を
推進して見込み客を増やしていくことができるのです。

マーケティングオートメーションについて、まとめ

コンピューターやインターネットが発展した現代では
マーケティングオートメーションをいかに利用して
マーケティング活動を自動化・効率化できるかが
企業のビジネスを成功させるかのカギを握っていると言えます。

以上が、マーケティングの用語、マーケティングオートメーションの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP