metaタグとは?metaタグ(メタタグ)の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、metaタグ(メタタグ)の意味を解説していきます。

metaタグとはWebブラウザを利用してWebページを表示させるための
HTMLファイルに記述するタグのことを指します。

Webページの設定を変更したり、Webページに関する情報を
metaタグに記述します。

metaタグに記述された内容は
Google検索やYahoo!検索をはじめとする
ロボット型検索エンジンのスパイダーやクローラーと呼ばれる
Webサイトを巡回するロボットに伝えることができます。

そのため、Webページに関する設定や情報を
検索エンジンに伝えるためには、
metaタグを使ってスパイダーやクローラーに伝える必要があります。

metaタグ(メタタグ)はSEO対策(検索エンジン最適化)に利用される

metaタグが記述されるのはHTMLファイル内の「ヘッド要素(head要素)」と
呼ばれる部分になっていて、
metaタグに記述した内容は、Webページを閲覧するユーザーには
見えない内容になります。

その一方で、metaタグに記述した内容は
Google検索やYahoo!検索で検索順位を決めるための
スパイダーやクローラーと呼ばれるロボットが読み込むので、
SEO対策(検索エンジン最適化)の施策の1つとして
以前から利用されている手法になります。

ただし、metaタグは検索順位を劇的に上げるためのテクニックではなく、
検索エンジンに対してWebページの情報をより正確に伝えるための
補助的な要素と考えておくべきです。

現在では検索エンジンのロボット、アルゴリズムもアップデートを
繰り返しています。

そのため、metaタグにキーワードを詰め込むだけなど、
小手先だけのSEO対策(検索エンジン最適化)は効果がないどころか、
逆に検索エンジンからの評価を下げて、
検索順位を下げてしまう原因になります。

そのため、metaタグに頼った小手先のSEO対策(検索エンジン最適化)ではなく、
あくまで検索エンジンにWebページの情報を伝えるための手段の1つに
すぎないと考えておくべき要素になります。

metaタグ(メタタグ)を使ってできるSEO対策(検索エンジン最適化)

では、実際にmetaタグを使った場合、
どのようなSEO対策(検索エンジン最適化)ができるのかを解説します。

metaタグ(メタタグ)でできるSEO対策(検索エンジン最適化):ページをインデックスさせない

metaタグを使うことで、検索結果に表示させたくないページを
検索エンジンに読み込ませないように指定することができます。

metaタグ(メタタグ)でできるSEO対策(検索エンジン最適化):リンクを辿らせない

Webページ内に質の低いコンテンツへのリンクがある場合、
metaタグを使うことで検索エンジンのスパイダー・クローラーに
リンクを辿らせないようにすることができます。

metaタグ(メタタグ)でできるSEO対策(検索エンジン最適化):キーワードとの関連性を強化する

metaタグの中に検索キーワードとして狙いたいキーワードを含ませることで
Webページとキーワードとの関連性を強化することができます。

metaタグ(メタタグ)でできるSEO対策(検索エンジン最適化):SNSへの拡散効果

metaタグでOGP設定を行うことによって
FacebookなどのSNSへの拡散効果を向上させ、
SEO対策(検索エンジン最適化)への効果を狙えます。

metaタグ(メタタグ)でできるSEO対策(検索エンジン最適化):レスポンシブデザインへの対応

metaタグでコンテンツの幅(width)に関する記述を行えば
スマートフォンなどのモバイル端末で見た際に
最適なデザインで表示できるように設定することができます。

metaタグ(メタタグ)でできるSEO対策(検索エンジン最適化):文字化けを防ぐ

metaタグで適切な文字コードを設定することによって
ブラウザやクローラーがHTMLファイルを読み込んだ際に文字化けが発生し、
正しくコンテンツが表示できなる状況を防ぐことができます。

まとめ:metaタグ(メタタグ)はあくまで補助的なSEO対策(検索エンジン最適化)と考えること

metaタグ(メタタグ)を使ったSEO対策(検索エンジン最適化)は
Webページ本文(HTMLファイルのbody要素)で行うことができなかった部分の
補助的なSEO対策(検索エンジン最適化)と考えておくべきです。

metaタグにキーワードを入れるだけで検索順位の向上を狙ったり、
検索エンジンからの評価を高める効果を期待することはできません。

Webコンテンツの本文やWebサイトの質など、
正しいSEO対策(検索エンジン最適化)を行った上での
あくまで補助的なSEO対策(検索エンジン最適化)と考えておきましょう。

以上が、マーケティングの用語、metaタグ(メタタグ)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP