ムーアの法則とは?ムーアの法則の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ムーアの法則の意味を解説していきます。

ムーアの法則とは、インテル創業者のひとり、
ゴードン・ムーアが提唱した
半導体製造業の集積密度から導かれる
性能向上に関する法則です。

ムーアの法則は
半導体をベースとした精密機器の生産、製造で
スペックを予測する際の指標として広く用いられている
法則になります。

ムーアの法則とは半導体に関する経験則のこと

ムーアの法則は半導体の集積率に関する経験則で
インテル創業者として知られるゴードン・ムーアが
1965年に自分自身の論文で提唱しました。

ムーアの法則の内容を簡単に表す場合、
「半導体の集積率は18ヶ月で2倍になる」という意味です。

ですが、「半導体の集積率は18ヶ月で2倍になる」と言われても、
半導体、集積率という言葉の意味が分からなければ、
ムーアの法則の意味も分かりません。

ここで、ムーアの法則に出てくる、半導体、集積率について
分かりやすく解説してみたいと思います。

ムーアの法則の半導体とは?

物質には電気を通す「導体」電気を通さない「絶縁体」の
2種類に分けることができます。

半導体はその中間の性質を持っている物質で、
私たちの生活の中に溢れる電化製品の部品として
重要な役割を担っている物質です。

エアコンを快適な温度で運転させたり、
安全性の高い自動車を作ったり、
現在では私たちの生活に欠かせなくなった
スマートフォンやパソコンの部品としても半導体は使われています。

ムーアの法則の集積率とは?

続いて、集積率についてです。

半導体の集積率が上がるということは
集積密度が高くなる、ということです。

では、集積密度が高くなるとどうなるのでしょうか。

半導体の集積密度が高くなれば、
同じ電気量でも少ない面積で済みますので、
半導体の集積物と呼ばれるIC(集積回路)が小さくなります。

半導体が小型化というのは製品の小型化につながります。

他にも、ICの製造コストが下がったり、
消費電力が下がるなどのメリットがあります。

つまり、半導体の集積率が上がると言うことは
私たちの使う電化製品の小型化や高性能化、省電力化など、
さまざまなメリットを生み出すのです。

ムーアの法則で変化する性能と価格

ムーアの法則の法則で集積率が上がっていくと、
私たちの使っている電化製品の性能が上がったり、
価格が下がるなどのメリットがあることは説明しました。

性能と価格の変化について、
もっと分かりやすいように具体例として
パソコンやスマートフォンに使われるCPUを出して解説していきます。

ムーアの法則:CPUの性能が向上する

ムーアの法則で集積率が上がれば、
パソコンやスマートフォンに使われるCPUに関しては、
そのまま性能が上がるということになります。

つまり、ムーアの法則では18ヶ月で集積率が2倍になるので、
CPUの性能も18ヶ月ごとに2倍に上がっていくことになります。

たとえば、編集した画像や動画を描き出して保存するまでのスピードが
単純に2倍に上がると考えることができるのです。

ムーアの法則:CPUの価格が下がる

ムーアの法則で集積率が2倍になれば、
半導体を作るためのコストが半分になるので、
CPUを作るためのコストもその分下がることになります。

同じ性能のパソコンやスマートフォンだとしても
CPUのコストが下がった分安く手に入れることができるのです。

ムーアの法則は現在でも成立すると考えられる

ムーアの法則は1965年に発表された法則ですが、
現在でも成立すると考えられている法則の1つになります。

その事例が、パソコンやスマートフォンの性能の向上です。

現在私たちが使っているパソコンやスマートフォンの性能は
実際にムーアの法則とほとんど同じ指数で進化していると言われています。

パソコン、スマートフォンともに
新製品が出る際の価格帯はほとんど同じですが、
性能に関しては毎回飛躍的な進化をしています。

このように、私たちが実際に使っている
パソコンやスマートフォンからも
ムーアの法則が成り立っていると考えることができるのです。

まとめ:ムーアの法則はハイテクマーケティングでは必須の知識

ムーアの法則はマーケティング理論などよりも、
どちらかと言えば、技術的な原理・法則になります。

しかし、ハイテク業界のマーケティングに携わる場合には
確実に抑えておく必要のある原理・原則となります。

ムーアの法則から分かるのは、
半導体の性能の進化は他の業界での性能向上とは
全く違う伸び方をするということなのです。

半導体の性能は18ヶ月、つまり、約1年半で倍に伸びますが、
たとえば、自動車のエンジンの燃費性能は2年、3年で数%上がるだけでも
かなり高い評価だと言われます。

つまり、半導体に関するムーアの法則を知らない場合、
マーケティング戦略の構築において
致命的なミスを犯してしまう可能性が高くなるのです。

マーケティングに関しては、技術的な難しい知識は必要ありませんが、
ムーアの法則に監視はしっかりと押さえておく必要があると考えられます。

以上が、マーケティングの用語、ムーアの法則の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP