バズマーケティングとは?バズマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、バズマーケティングの意味を解説していきます。

バズマーケティングとは、消費者による口コミを利用した
口コミマーケティングを意味するマーケティングの用語です。

バズマーケティングのバズ(Buzz)は
「蜂がブンブン飛ぶ音」を意味する英語で、
そお意味から派生してマーケティングで使う場合には
「口コミ」を意味する言葉として使われるようになりました。

バズマーケティングはバイラルマーケティングと
ほぼ同義で使われるマーケティング用語になります。

バズマーケティングは人為的に口コミを操作するマーケティングの手法

バズマーケティングは人為的に口コミを発生させて
商品やサービスの特徴や感想を周りの人に広めていく
マーケティングの手法です。

インターネット、Webメディアが発展した現在では
ブログをはじめ、TwitterやFacebookなど
消費者にとって身近となるメディアやSNSを利用して行われています。

ですが、実際にはインターネットだけではなく、
もともとは口頭でのコミュニケーションがバズマーケティングの発端とされていて
バズマーケティングのバズには「蜂がブンブン飛ぶ音」から派生した
人々が群がって噂話をあちこちでしているという意味もこめられています。

バズマーケティングの具体的なやり方・利用方法

では、バズマーケティングは具体的にどのように行うのか、
やり方・利用方法を説明していきます。

化粧品を売り込みたいと考えた場合には、
まずはその化粧品のターゲットとなる消費者層に強い影響力を持つ人、
いわゆるインフルエンサーを商品モニターとして起用し、化粧品を使ってもらいます。

そして、インフルエンサーがブログやTwitter、Facebookなどで
化粧品のことを話題として肯定的な情報を発信することで、
商品のターゲット層を含む周囲の消費者に広げていきます。

近年では、インターネットの発展にともない、
インフルエンサーのブログやTwitter、Facebookなど、
消費者にとっても身近になってきたWebメディアを通じて
商品の宣伝をする事例が増えてきました。

ブログ記事やTwitterのツイートなどを読んでいる人に商品の情報を拡散させ、
商品やサービスへの認知、興味を喚起させることができます。

バイラルマーケティングもバズマーケティングとほとんど同じ意味で使われますが、
違いとしては、バズマーケティングが人為的に口コミを操作することで
注目を集めて話題の総量を増やすのを目的としているのに対して
バイラルマーケティングでは人から人へとポジティブな商品やサービスの評価が
広がっていくための仕掛けを作ることを指している場合が多いです。

バズマーケティングを利用した実際の成功事例

実際にバズマーケティングを利用して成功した企業の事例を紹介していきます。

バズマーケティングの成功事例1:はなまるうどん

はなまるうどんでは、エイプリルフール企画として
当時のテレビ番組で話題になっていた深海の超巨大イカのダイオウイカを
天ぷらにするというキャンペーンを行いました。

このキャンペーンはSNS上で話題になったために、
はなまるうどんでのWebサイトへのアクセスは通常の24倍へと跳ね上がりました。

世間で既に話題になっていることをしっかりとおさえ、
相手が誰かに話したくなることかを意識したバズマーケティングの成功事例です。

バズマーケティングの成功事例2:フリスク

フリスクはTwitterを利用したバズマーケティングを行いました。

Twitterで「フリスク」とつぶやくだけで
「さわやかすぎる通勤」が抽選で当たるというキャンペーンです。

当選した場合には自宅までリムジンでの迎えがあり、
車内での朝食とバイオリニストの生演奏が聴けるという内容です。

このバズマーケティングの結果として、
フリスクのツイートの拡散だけでなく、ポジティブなコメントの比率が
15%増加したという効果も同時にありました。

バズマーケティングの成功事例3:ダイソン

掃除機のダイソンでは、掃除機のレビューリレーを
Facebook上でバズマーケティングとして展開しました。

掃除機DC48をバトンとして、友達5人でチームを組み、
掃除機DC48とレビューをチームでリレーしていくキャンペーンです。

全員にリレーが回った場合には、
試用で使っていた掃除機DC48をそのままプレゼントするというキャンペーンです。

Facebook上で話題になり、
また、多くのユーザーボイスを集めることに成功したバズマーケティングとなりました。

ユーザーのつながりに着目し、友達を巻き込んでのキャンペーンを実施した
バズマーケティングの成功例となりました。

バズマーケティングについて、まとめ

インターネット、Webメディアが発展し、
消費者による口コミの影響力が大きくなった現在では
バズマーケティングは非常に重要なマーケティングの手法と考えることができます。

消費者の口コミをバズマーケティングでどのように活用できるのか
それが今後のマーケティングにおける重要なポイントになると考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、バズマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP