COO(最高執行責任者)とは?COO(最高執行責任者)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、COO(最高執行責任者)の意味を解説していきます。

COOとは、Chief Operating Officerの3つの単語のそれぞれの頭文字を取り
省略して名付けられたマーケティングの用語になります。

Chief Operating Officerとは、日本語に訳した場合、
「最高執行責任者」という意味になるので、
COOとは企業の経営方針や企業戦略を
実際に執行する責任を負う幹部役職のことを意味する
マーケティングの用語になります。

有名なCOOの例としては、
スティーブ・ジョブズがAppleのCEO(最高経営責任者)を勤めていた時の
ティム・クックがCOOの有名な例として日本では良く知られています。

COO(最高執行責任者)とCEO(最高経営責任者)

AppleやMicrosoft、Googleなど、
外資系の企業が有名になってきたことで、
日本でもCOO(最高執行責任者)やCEO(最高経営責任者)という言葉が
一般的に認知されるようになってきました。

アメリカを始め、欧米の国では、日本の会社で言うところの「役員」を
これらのCEOやCOOと呼ぶようになっているのです。

ここでは、COOと同じくらい日本でも知られているCEOの意味、
そして、COOとの違いについて説明します。

CEOは、Chief Executive Officerのそれぞれの単語の頭文字を取り、
省略して名付けられた名称になります。

CEO、つまり、Chief Executive Officerとは、
「最高経営責任者」という日本語に訳されます。

企業、会社の全ての業務執行を統括する役員で、
日本の企業、会社の場合、
取締役会長や代表取締役社長がこのCEOにあたります。

COO(最高執行責任者)はCEO(最高経営責任者)の下で
営業活動などの業務を統括するので、
格付けをするとするならば、CEO(最高経営責任者)が
COO(最高執行責任者)よりも上ということになります。

日本の企業の役員をこのCOOやCEOに当てはめるとすると、
会長がCEOの場合は社長がCOO、社長がCEOの場合は副社長がCOO
というような立場に当てはめられることが多くなります。

COO(最高執行責任者)以外の企業・会社の役員

欧米の企業では、COOやCEO以外にも
日本では聞き慣れない企業・会社の役員が存在します。

その例をいくつか紹介していきます。

COO(最高執行責任者)以外の役員1:CAO(最高総務責任者)

最初に、CAO、Chief Administrative Officerです。

Chief Administrative Officerを日本語に訳す場合、
「最高総務責任者」となります。

企業、会社の総務に関する業務執行を統括する役員です。

保管が義務付けられる重要な書類の作成や管理を行うので、
弁護士や公認会計士の資格を持っている役員が多くなります。

COO(最高執行責任者)以外の役員2:CFO(最高財務責任者)

CFO、Chief Financial Officerを日本語に訳す場合、
「最高財務責任者」となります。

企業や会社の財務に関する業務執行を統括する役員です。

財務に関する業務執行を統括することになるので、
ほとんどの役員が会計士の資格を持っています。

COO(最高執行責任者)以外の役員3:CLO(最高法務責任者)

CLO、Chief Legal Officerを日本語に訳す場合、
「最高法務責任者」となります。

企業や会社の法務に関する業務執行を統括する役員です。

法務や法律に関わることになりますので、
弁護士資格を持つ役員が多くなっています。

その他のCOO(最高執行責任者)以外の役員

他にも、CTO(最高技術責任者)、CIO(最高情報責任者)、
CRO(最高リスク管理責任者)などの役員が存在します。

しかし、日本の会社、企業の役員のように、
全ての役員を必ず選任しなければならないわけではありません。

必ず選任する必要のある役員もありますが、そうでない役員も多く、
場合によっては兼任されることも多くなります。

日本の場合、専務や常務という役員の名称が使われるので、
その役員の仕事の内容は企業、会社によって異なってきます。

しかし、欧米の企業の場合は、COO(最高執行責任者)のように、
「最高○○責任者」というように、役割がすぐに分かる役員名が使われます。

分かりやすいことを好む欧米の文化です。

日本でも国際化が進んでいるため、COO(最高執行責任者)をはじめ、
CEOなどの役員名が使われることも増えてくるでしょう。

そのため、COO(最高執行責任者)やCEO(最高経営責任者)といった
欧米で使われることの多い役職名も覚えておくことが
今後の日本でビジネスの幅を広げるために必要になっていくのかもしれません。

以上が、マーケティングの用語、COO(最高執行責任者)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP