リマインドメールとは?リマインドメールの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、リマインドメールの意味を解説していきます。

リマインドメールとは、
忘れてはいけないイベントや期日を登録することで
その日が近づいた際にリマインド、
つまり、知らせてくれるメールのことを指すマーケティング用語です。

リマインドメールはコミュニケーションの一環として利用され、
セミナー集客などでのリマインドメールの出し方によって
マーケッターのセンスが問われると考えることができます。

リマインドメールの」「リマインド」の意味とは?

リマインドメールの「リマインド(remind)」という言葉は
日本語に直訳した場合に「思い出される、気付かせる」という意味があります。

リマインドメールの「リマインド」も
この「思い出させる、気付かせる」という意味が含まれる
マーケティングの用語になるので、
思い出してもらう、気付いてもらう、
このために送るメールがリマインドメールになります。

ですが、リマインドメールはマーケティングやビジネスで使うので、
思い出してもらう、よりも「再確認」の意味が強いと考えることができます。

リマインドメールが重要な理由:エピングハウスの忘却曲線

リマインドメールはセミナーやイベントを開催する場合に
参加者が忘れてしまうことを防いだり、
セミナーやイベントに関する変更事項の連絡をするための
連絡手段です。

あらかじめ予約されているセミナーやイベントの開催に合わせて、
期日が近づいた時に参加者に向けて
それを思い出してもらうために配信するメールが
リマインドメールです。

エピングハウスが発表した人間の忘却に関する曲線、
エピングハウスの忘却曲線によれば、
私たち人間は1週間後には物事の77%を、
1ヶ月後には79%を忘れると言われています。

そのため、セミナーやイベントが近づいた際に
内容を思い出してもらうために配信するリマインドメールは
非常に重要な連絡・コミュニケーションの手段だとされています。

また、リマインドメールの本文中には、
セミナーやイベントの内容や変更点の他にも
キャンセルや問い合わせ受け付けのための連絡先を
記載することが望ましいとされています。

ビジネスシーンでのリマインドメール

セミナー集客など、顧客に送る場合以外でも、
リマインドメールはビジネスシーンでも
多く利用される場合があります。

ビジネスメールでリマインドメールを使う場合には、
アポイントメントや打ち合わせの日程が迫っている時に
その件に関する確認のメールを送ることになります。

他にも、資料の提出期限、案件の返答、
様々なビジネスに関するスケジュールの確認のために
リマインドメールは利用されるメールです。

ビジネスシーンでリマインドメールを使いこなすことは、
情報の確認がスムーズに行うことにつながりますので、
周囲やクライアントからの信頼が増し、
スケジュールの通りに仕事を進めることができるようになります。

つまり、リマインドメールを使いこなすことで、
ビジネスの面でも結果的に
自社の利益につなげることができるようになるのです。

リマインドメールの正しい書き方とは

リマインドメールはビジネスメールとして利用したり
セミナーやイベントの顧客に対して送ることになるメールですので、
正しいビジネスメールとしての書き方をする必要があります。

そのため、相手を嫌な気持ちにさせない、
ビジネスメールのルールに則ったリマインドメールを書く必要があります。

では、どのようにリマインドメールを書いていけばいいのか、
リマインドメールの書き方を詳しく解説していきます。

リマインドメールの内容は催促になるので、丁寧に書くこと

リマインドメールの内容は「催促」の内容になります。

つまり、ビジネスシーンで相手を急かしたり、
顧客相手に催促のメールを送るということにもなりますので、
通常のビジネスメールよりもさらに丁寧な書き方が必要になります。

リマインドメールを送る場合は、相手への敬意を払い、
丁寧な口調で書いていくことが重要となります。

リマインドメールの構成

リマインドメールの書き方で大切になるのが
メール本文の「構成」になります。

メールの冒頭でしっかりと挨拶をして、
その次にイベントや約束についての詳細の確認、
変更事項などがあれば、そこで一緒に記載し、
最後に締めの挨拶の文章を書いておきます。

つまり、リマインドメールの構成としては、

挨拶→詳細の確認→変更事項や代替案→締めの挨拶

このような順番で書いていくことで
リマインドメールの構成を作ることになります。

まとめ:リマインドメール

リマインドメールを書く際に最も重視されるのが
この丁寧に書くこと、そして構成になります。

受け取った相手から喜ばれるリマインドメールを書くことができれば
結果的に自社の利益につながっていきますので、
リマインドメールの書き方、送り方も
マーケッターにとって非常に重要なスキルになります。

以上が、マーケティングの用語、リマインドメールの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP