フリークエンシープログラムとは?フリークエンシープログラムの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、フリークエンシープログラムの意味を解説していきます。

フリークエンシープログラムとは、
航空会社のマイレージプログラムや店舗で導入しているポイントシステムのことです。

フリークエンシープログラムでは、
サービスの利用や商品の購入に対してポイントを発行し、
顧客にポイントが溜まる喜び、また、お得感を提供します。

さらに、他の店舗や他のサービスへの浮気を防ぎ、
顧客セグメントにも活用できるマーケティングプログラムの1つです。

有名なフリークエンシープログラムの例として、
航空会社のマイレージプログラム(FFP:フリークエント・フライヤー・プログラム)
店舗が導入するポイントシステム(FSP:フリークエント・ショッパー・プログラム)
ホテルによるポイントシステム(FSP:フリークエント・ステイヤー・プログラム)
これらがあります。

フリークエンシープログラムのはじまりはアメリカンエアラインのマイレージプログラム

フリークエンシープログラムの目的は継続的なサービス利用、
そして商品の購入を狙ってポイントやマイレージなど、
顧客に対してインセンティブを付けるプログラムです。

このフリークエンシープログラムが最初に実施されたのが
1981年に開始されたアメリカンエアラインのマイレージプログラムで、
つまり、航空会社が提供するFFP:フリークエント・フライヤー・プログラムが
フリークエンシープログラムのはじまりだとされています。

フリークエンシープログラムを導入することによって
顧客がお得感を感じ、さらにロイヤリティを高めることもできるので、
継続的なサービスの利用、商品の購入を促すことができ、
利用回数・購入回数、また、1回の利用や購入で使う金額を
増やす効果があると言われているプログラムです。

フリークエンシープログラムはRFM分析のF(購買頻度:Frequency)にフォーカスする

マーケティングでは、顧客を分析する手法として主にRFM分析という
分析の手法が利用されます。

RFM分析では、最新の購入(Recency)、購買頻度(Frequency)、購入金額(Monetary)、
この3つを指標としてポイント化して顧客のランク付けを行っていきます。

フリークエンシープログラムでは、この3つの指標の中でも特に、
F(購買頻度:Frequency)にフォーカスしたマーケティングを行います。

そのため、フリークエンシープログラムを利用する際には、多くの場合、
顧客の利用・購入実績を分析し、自社に対する貢献度の高い顧客層向けに
マイレージプログラムやポイントシステムを実施することになります。

しかし、一方で、ポイント還元やプレゼントなどのインセンティブが
単なるディスカウントになってしまい、利益を圧迫することがないように
フリークエンシープログラムを進めていく必要があります。

そのためにも、あらかじめ自社のサービスや商品への
顧客行動や売上の構造を分析して、
それに基づくアクション仮説を立ててフリークエンシープログラムを
実施することが大切だと言われています。

フリークエンシープログラムを利用したフリークエンシーマーケティング

フリークエンシープログラムを利用したマーケティングの手法が
フリークエンシーマーケティングと呼ばれるマーケティングプログラムです。

商品やサービスの継続購入を促進することが目的のマーケティング手法で
顧客が継続購入をするために何かしらのインセンティブが与えられます。

顧客維持や既存顧客購入回数・購入金額を伸ばすことを狙った
売上獲得方法、プログラムになります。

そのため、フリークエンシープログラムは
フリークエンシーマーケティングプログラムなどとも呼ばれることがあります。

フリークエンシープログラムの歴史

フリークエンシープログラムを利用したフリークエンシーマーケティングを
最初にはじめたといわれているのがアメリカンエアラインのマイレージプログラム、
「アドバンテージ・プログラム」だと言われています。

1マイルの区間を飛ぶごとに1ポイントが与えられて、
ポイント数が一定数に達したら無料チケットのプレゼントがあったり
ビジネスクラスへのアップグレードを行うプログラムです。

このアメリカンエアラインのフリークエンシープログラムが人気を呼び、
1983年にはホリディインなどアメリカのホテル業界がこぞって
フリークエンシープログラムを開始しました。

さらに、1987年頃から小売業界でもフリークエンシープログラムを
導入する事例が増えてきて、
フリークエント・ショッパー・プログラム(FSP)と呼ばれることも多くなってきました。

現在ではアメリカだけでなく、日本でも多くの企業・店舗が
フリークエンシープログラムを導入して、
現在のマーケティング、ビジネスにフリークエンシープログラムは
欠かせないマーケティング手法となっているのです。

以上が、マーケティングの用語、フリークエンシープログラムの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP