ユニーク化とは?ユニーク化の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、ユニーク化の意味を解説していきます。

ユニーク化とは、インターネットやWebメディアのコンテンツにおいて、
他との重複をなくして、1つにすることを指す
Webマーケティングの用語です。

ユニーク(Unique)は本来、
「独特」「特異」などの意味がある言葉です。

その意味から、ユニーク化というと、
マーケティングにおいて無駄な重複をなくすことで
ひとつ(一意)にすることを指す言葉となりました。

インターネットを使ったWebメディアにおいて
他のサイトの流用ではなく、オリジナルの文章を利用して
コンテンツの作成を行う場合に使うWebマーケティングの用語です。

ユニーク化をせずに、
他のサイトの引用をしたりしているコンテンツは
「重複コンテンツ」と呼ばれてしまい、
SEO対策(検索エンジン最適化)において
不利になると言われています。

ユニーク化を利用したSEO対策(検索エンジン最適化)がWebマーケティングのカギを握る

Webマーケティングにおいて、
GoogleやYahoo!でユーザーが検索をした際に
自社のサイト、Webメディアを検索結果の上位(画面の上の方)に
表示させることは非常に大切になってきます。

企業がSEO対策(検索エンジン最適化)をすることによって
検索を通じてビジネスを成長・拡大させることができるようになるからです。

インターネット広告などと違い、
SEO対策(検索エンジン最適化)による自社サイトへのアクセス獲得には
直接的な費用がかからないという大きなメリットあります。

そのため、Webサイトに多くのアクセスを集めたいと考えた場合に
SEO対策(検索エンジン最適化)は必ず必要になる取り組みなのです。

そして、SEO対策(検索エンジン最適化)をする上で
ユニーク化が非常に重要な要素となるのです。

正しいSEO対策(検索エンジン最適化)をするためには
「設計」「技術」「マーケティング」これらのあらゆる部分から
自社のサイト、Webメディアを改善していく必要があり、
その際に重要視されるのがユニーク化することなのです。

ユニーク化によって独自性を上げることでSEO対策(検索エンジン最適化)に強くなる

SEO対策(検索エンジン最適化)を利用して
Webマーケティングを展開していく場合、
ユニーク化によって自社サイト・コンテンツの独自性を上げることが
高い効果を発揮することになります。

他のWebサイトやメディアとの類似生を
60%以下にすること、
つまり、40%以上のコンテンツをオリジナルな
ユニーク化されたものにすることが理想とされています。

ECサイトの商品詳細ページの場合は
必ず類似生を90%未満にすることが必須とされています。

ユニーク化、SEO対策(検索エンジン最適化)の具体的な方法

では、ユニーク化によってSEO対策(検索エンジン最適化)を行うための
具体的な対策、注意点を紹介していきます。

まずは、SEO対策(検索エンジン最適化)において
検索で表示させたいキーワードをコンテンツ内に入れることです。

たとえば、「マーケティング」とユーザーが検索した際に
検索結果に上位表示(上の方に表示)させたいのならば
「マーケティング」というキーワードをコンテンツ内に入れ、
その上でコンテンツのテキスト・文章をユニーク化することになります。

次に、HTMLファイル内のtitleタグ、descriptionタグ、keywordsタグ、
これらのタグをユニーク化していくことです。

これら3つのタグはそれぞれの頭文字を取って
TDKと呼ばれています。

TDKはSEO対策(検索エンジン最適化)において
非常に重要な要素と言われていますので、
これらをユニーク化していくことが非常に重要だとされています。

そして、コンテンツ内に、SEO対策(検索エンジン最適化)で
上位表示させたいと思うキーワード、
つまり、先ほどの例なら「マーケティング」
これに関連するキーワードも含めたテキストを入れることを意識します。

たとえば、「マーケティング」と検索するユーザーは
他にどのようなキーワードを使って検索するのかを考えるのです。

マーケティングの言葉の意味が分からないのなら
「マーケティング 意味」と検索しますし、
マーケティングがうまくいっていないのなら、
新しいマーケティングの方法を探すためにも
「マーケティング 方法」というキーワードで検索します。

これらの「意味」「方法」など
関連すると思われるキーワードを意識した上で、
ユニーク化されたテキスト・文章を作ることが求められます。

これらのSEO対策(検索エンジン最適化)を行いながら、
同時にユニーク化を行っていくことが大切になります。

ユニーク化と同時に大切になる大量化

SEO対策(検索エンジン最適化)において、
コンテンツのユニーク化と同時に大切なのが
「大量化」だと言われています。

競合するライバルサイトと比較して
ユニーク化されたコンテンツが大量にあると
SEO対策(検索エンジン最適化)では高く評価されるのです。

つまり、コンテンツのユニーク化、大量化、
これらを行っていくことが
Webマーケティングにおいて重要になっていくのです。

以上が、マーケティングの用語、ユニーク化の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP