メッセージインテグレーションとは?メッセージインテグレーションの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、
メッセージインテグレーションの意味を解説していきます。

メッセージインテグレーションとは
メッセージの集積、メッセージを積み上げることを
意味するマーケティングの用語になります。

メッセージインテグレーションの目的は、
継続的にメッセージを発信し続けることで
相手との関係を構築し、認知され、
受け入れられることを目的としています。

メッセージインテグレーションで花粉症のようなブランディングをする

メッセージインテグレーションのインテグレートには
「集積」や「積層」という意味がある言葉ですので、
「積み重ねる」ことの意味に捉えることができます。

つまり、メッセージインテグレーションには、
起業がメッセージを発信することで、
ターゲットとなる消費者や顧客の中に
戦略的にメッセージを積み重ねていく手法になります。

起業のブランディングは花粉症のように例えることができます。

花粉症が少しずつ花粉を体内に吸い込んで
ある日急に発症します。

その花粉症と同じように、
メッセージを積み重ねていくことによって
消費者や顧客の中である時から効果を発揮するようになります。

そのため、戦略的にターゲットとなる顧客の意識の中に
メッセージを積み重ねていく手法の
メッセージインテグレーションはブランディングにおいて
非常に有効なマーケティングの手法となるのです。

メッセージインテグレーションの手法:ヘビーローテーション

メッセージインテグレーションの中に
ヘビーローテーションという手法があります。

ヘビーローテーションは、
特にアメリカで好まれて使用される
メッセージインテグレーションの手法です。

一定期間の中で特定のターゲット集団に対して
表現やチャネルを変えながら
繰り返し同じメッセージを発信していく
メッセージインテグレーションです。

ヘビーローテーションによるメッセージインテグレーションの例に
通信教育のCMがあります。

「明日の折り込みチラシを見てください」という内容のCMを流し、
実際に翌日の各新聞に折り込みチラシを入れます。

さらにアウトバウンドテレマーケティングを行い
消費者、顧客への認知を狙っていきます。

これを間隔を空けながら繰り返していくことが
メッセージインテグレーションのヘビーローテーションです。

アメリカで成功したメッセージインテグレーションの事例

では、アメリカで成功をおさめた
メッセージインテグレーションの事例を紹介します。

新規参入した電話会社のダイレクトメールを使った
新規獲得のためのメッセージインテグレーションを利用した
キャンペーンの事例になります。

キャンペーンの内容は電話会社の契約を切り替えた場合、
2ヶ月分の料金に相当するクーポンがもらえるという内容です。

このキャンペーンをヘビーローテーションを使った
メッセージインテグレーションで設計していました。

アメリカで成功したメッセージインテグレーションの方法

では、どのような方法で行った
メッセージインテグレーションのキャンペーンだったのでしょうか?

このメッセージインテグレーションのキャンペーンでは
同じ会社からのダイレクトメールだと一目で分かるようなデザインの
6種類の封筒が用意されていて、
それぞれに違うメッセージのキャッチコピーが
印刷されていました。

1回目から6回目まで順番に、

「はじめまして【会社名】です。お得なクーポンが入っています!」

「【会社名】です。先日お送りしたクーポンをご覧になりましたか?」

「【会社名】です。クーポンを無駄にしていらっしゃいませんか?」

「【会社名】です。まだご利用でない方に特別にもう一度クーポンを差し上げます。」

「【会社名】です。私たちは諦めません。あなたからの申し込みを心から待っています。」

「【会社名】です。申込者からの喜びの声をお聞きください。」

このように印刷されていて、
この封筒を順番に投函していきます。

間隔を2〜3週間置きにして
定期的にこれらのダイレクトメールを投函していく
メッセージインテグレーションの企画でした。

様々なスキルが要求されるメッセージインテグレーションの企画

このメッセージインテグレーションの企画は成功をおさめましたが
様々なスキルが要求される企画でした。

申し込みを行ったり、配信拒否を行った顧客を削除した発送リストを
ダイレクトメールを送る度に作るデータベースが必要です。

また、申し込みを受けるためのコールセンターが必要だったり、
6回目のダイレクトメールでは申し込み者の感想を送るので
キャンペーンがスタートしてから内容の作成が必要となります。

このように、データ管理スキルやコンテンツ作成スキルなど
様々なスキルが要求されるメッセージインテグレーションでした。

メッセージインテグレーションのまとめ

メッセージインテグレーションでは、
ヘビーローテーションの手法をはじめ、
継続的に繰り返しメッセージを送ることが重要になります。

マーケティングでも重要なポジショニングをするためにも
メッセージインテグレーションは非常に有効な手法となります。

以上が、マーケティングの用語、メッセージインテグレーションの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP