コンテクストマーケティングとは?コンテクストマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、コンテクストマーケティングの意味を解説していきます。

コンテクストマーケティングとは
消費者の抱えている心情や背景を理解し、
それにふさわしい商品を提供する
マーケティングの手法です。

消費者が置かれている状況、
日時や場所、行動などの状況を理解、把握することで
特定のニーズが生じた時点を捉えることができ、
効率的なマーケティングを行っていく手法が
コンテクストマーケティングです。

コンテクストマーケティングは状況や背景を理解して行うマーケティング

コンテクストマーケティングのコンテクスト(context)は
前後関係、状況、背景を意味する英単語です。

そのため、コンテクストマーケティングでは、
消費者が置かれている日時、場所、行動などの
コンテクスト(context)を理解・把握することによって
特定のニーズが生まれたタイミングを捉え、
それに対応した製品やサービスを販売していきます。

そのため、コンテクストマーケティングを行うことで
購買意欲を効率的に高めていくことができるのです。

コンテクストマーケティングでは心理の自然な流れにそって訴求することが大切

コンテクストマーケティングで
消費者の購買意欲を高めるためには、
それぞれの個人がその時によって持つニーズに対して
タイミング良く製品やサービスを提供していくことが大切です。

オフィスにいる人はどんな状況にあり、
どんなニーズを持つのか、
自宅では人はどのようなニーズを持つのか、
それらのことを考えることが
コンテクストマーケティングで
消費者の購買意欲を高めていくためには必要になるのです。

コンテクストマーケティングの具体的な事例

では、コンテクストマーケティングで
成功を収めた企業の事例を2つ紹介します。

具体的にコンテクストマーケティングは
どのように使われているのか、
参考にしてみてください。

コンテクストマーケティングの成功事例:オフィスグリコ

最初に、江崎グリコが企業向けに行っている
オフィスグリコというコンテクストマーケティングの
成功事例を紹介します。

江崎グリコが企業のオフィスにお菓子の入った小箱を設置し、
お菓子が欲しいと思った人がその箱の代金回収口に100円を入れ、
小箱の中からお菓子を取ります。

野菜の無人販売に近いシステムですが、
このオフィスグリコはオフィスにおけるコンテキストに着目し、
成功を収めたコンテクストマーケティングの事例です。

「オフィスで仕事をしていると小腹がすくことがあるが、
わざわざ外に買いに行くのは面倒」

このようなコンテキストを見つけ出し
購買意欲を高めることに成功したコンテクストマーケティングです。

このコンテクストマーケティングでは
「オフィスで(場所・環境)」「仕事中に(時間)」「お菓子が食べたい(行動)」という
コンテキストに対応したことで成功を収めました。

コンテクストマーケティングの成功事例:Amazon(アマゾン)

コンテクストマーケティングの成功事例には
インターネット通販大手のAmazon(アマゾン)もあります。

Amazon(アマゾン)のネット書店サービスでは、
「本を買いたい」と思うユーザーのタイミング、コンテクストに合わせて
過去の購買履歴から同一の作家や同一のカテゴリ、
他のユーザーにおけるクロスセルのデータから
最適な本を紹介するコンテクストマーケティングを行っています。

このAmazon(アマゾン)のプロモーションも
コンテクストマーケティングの成功事例ということができます。

コンテクストマーケティングの成功事例:Google AdWords

Googleの広告サービス、
Google AdWords(グーグルアドワーズ)も
コンテクストマーケティングにおける成功事例と言うことができます。

消費者が検索に使ったキーワードというコンテクストから
最適な広告を表示させるという技術は
その瞬間に合った広告を表示させるということから
コンテクストマーケティングの成功事例ということができます。

このように、コンテクストマーケティングでは
顧客・消費者の状況やニーズを把握することで
成功した事例が数多く存在しています。

まとめ:コンテクストマーケティングは信頼度やロイヤリティにもつながる

コンテクストマーケティングを行うことは、
ただ単に購買意欲を高める効果があるだけでなく、
顧客からの信頼度、ロイヤリティを高めることにもつながる
マーケティング戦略です。

そのためにも、コンテクストマーケティングで
コンテンツを届けるためには、
顧客・消費者がどんな気持ち、考え方を持ち、
どんな状況にあり、何を大切だと考えているのかを
把握する執拗があります。

その上で、どうやって対話をしていけばいいのか、
その部分まで考えてマーケティングを構築することが
コンテクストマーケティングを成功させるためには
必要な要素だと考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、コンテクストマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP