スクリーニング調査とは?スクリーニング調査(事前調査)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、スクリーニング調査(事前調査)の意味を解説していきます。

スクリーニング調査(事前調査)とは、
調査対象となる対象者を抽出するために行われる調査です。

全体・母集団の中から調査対象となる
特定の条件に該当するサンプルを抽出するために
スクリーニング調査(事前調査)を行います。

スクリーニング調査の他にも、
事前調査、プレ調査と呼ばれることもある
マーケティングの用語です。

指定された条件に合う対象者を選ぶことですので、
たとえば、自動車を所有している世帯を選ぶなどの調査を
スクリーニング調査(事前調査)と呼びます。

ある製品の利用者にのみ
製品の感想・印象を調査する場合などに
利用されることの多い調査の手法になります。

スクリーニング調査(事前調査)は本調査の前に行われる調査

スクリーニング調査(事前調査)は実際にデータを収集する目的である
本調査の前に行われる事前の調査です。

調査対象者の条件抽出などを
スクリーニング調査(事前調査)で行っていきます。

たとえば、あるデータを得るためにアンケート調査を行う場合に、
年齢や性別などの属性といった特定の条件に該当する調査対象者を
絞り込むための調査がスクリーニング調査(事前調査)になります。

アンケート調査によって得たデータが
限定的な条件の下で調査をしないと得られない場合に
本調査の前にスクリーニング調査(事前調査)を行い、
抽出できた担当者のみに対して本調査を行っていきます。

ちなみに、スクリーニング調査(事前調査)の
スクリーニング(Screening)という単語には、
「(ある個体を)選別する」「ふるいにかける」という意味ががある。

スクリーニング調査(事前調査)で本調査の対象者を抽出する

では、実際にスクリーニング調査(事前調査)によって
本調査の対象者を抽出するのはどのような場合になるのでしょうか?

たとえば、本調査のアンケートにおける対象者について
不特定多数ではなく、「40代、営業職、年収700万円以上」など
条件を指定する場合には
スクリーニング調査(事前調査)が必要になってきます。

本調査のアンケートを行う前に、
あらかじめ一般男性の中から「40代、営業職、年収700万円以上」に
該当する調査対象となる対象者を抽出する必要があるからです。

では、もっと分かりやすいように
コンタクトレンズを販売する場合のスクリーニング調査(事前調査)を
具体例として説明していきます。

スクリーニング調査(事前調査)の具体例:コンタクトレンズ

コンタクトレンズの販売を行う場合には
大前提として視力が悪くないと
そもそもコンタクトレンズを購入・使用しないと言えます。

そのため、コンタクトレンズに関するアンケートを行う場合には
スクリーニング調査(事前調査)を行って
「視力が悪い」人を対象者として抽出することになります。

この場合のスクリーニング調査(事前調査)では
「目が悪いかどうか」を質問して対象者を抽出します。

スクリーニング調査(事前調査)では
このように、属性によって対象者を抽出するだけでなく
よりアンケートへの適合性の高い対象者を
絞り込むための質問が行われる場合もあります。

スクリーニング調査(事前調査)を行うことによってコストや手間の削減につながる

スクリーニング調査(事前調査)を行うことのメリットに
アンケート調査にかかるコスト、手間を削減できることがあります。

あらかじめスクリーニング調査(事前調査)を行っておくことで
本調査の非対象者に対して面接調査を行ったり、
商品サンプルを送付したりなど、
不要な調査やコスト、手間を削減することができるのです。

たとえば、謝礼を支払うアンケート調査を行う場合、
最初から本調査を行ってしまった場合には
非対象者に対してもアンケートの謝礼を支払うことになります。

しかし、あらかじめ質問数の少ないスクリーニング調査(事前調査)で
アンケートの対象者を絞り込んでおくことによって
非対象者に対して多額の謝礼を支払う必要がなく、
コストの削減につながっていくのです。

たとえば、本調査が100問のアンケートだとする場合には
スクリーニング調査(事前調査)で5問のアンケートを行うことで
非対象者への謝礼を最低限に抑えることができるのです。

このように、スクリーニング調査(事前調査)を行うことで
企業にとって不要なコストや手間を抑えることができるのです。

これが、本調査の前にあらかじめ
スクリーニング調査(事前調査)を行っておくことの大きなメリットになります。

まとめ:スクリーニング調査(事前調査)

ビジネスやマーケティングにおいて
重要な調査を行う場合には、
スクリーニング調査(事前調査)を行うことで
無駄な費用・コストを抑え、
求めるアンケート結果のデータを得ることにつながります。

そのため、調査対象が限定されるアンケート調査においては
スクリーニング調査(事前調査)を行うことが
必ず必要になると考えておくといいでしょう。

以上が、マーケティングの用語、スクリーニング調査(事前調査)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP