顧客志向マーケティングとは?顧客志向マーケティングの事例・実例

マーケティングの用語、顧客志向マーケティングとは何か、
事例・実例を交えながら解説をしていきます。

顧客志向マーケティングとは
企業視点・企業本位のマーケティングではなく、
顧客のメリットを優先して考える
マーケティングの手法・概念です。

顧客が求めるものは何か、
どんなニーズを持っているのかを考えながら
製品の開発やマーケティング活動を行っていくのが
顧客志向マーケティングの考え方になります。

顧客志向マーケティングは具体的に
どのようなマーケティング施策を行うのか、
成功事例・実例はあるのかを紹介していきます。

顧客志向マーケティングは顧客のメリット優先のマーケティング手法

高度経済成長期の日本をはじめとして、
これまでは大量生産・大量消費が前提のもと、
モノづくりが中心となる製品主導型のマーケティングが中心になっていました。

つまり、いいモノを作っていれば売れる、という考え方から、
消費者・顧客のニーズよりも、
企業が主導となってモノづりくりをして、
不特定多数に対して宣伝・広告を行う
マスマーケティングで製品を販売していたのです。

それに対して顧客志向マーケティングでは
顧客の視点に立ち、顧客が製品やサービスを買うことで得られる
メリットを優先して考えていくマーケティングの手法・概念です。

従来にモノづくり中心のマーケティング手法が、
企業が作った製品をいかにして消費者・顧客に売るか、
という考え方であるのに対して、

顧客志向マーケティングは
どんな製品を作ることができれば消費者・顧客に買ってもらえるか、
を考えるマーケティング手法であり、
対比した考え方であると見ることもできます。

顧客ニーズの多様化など、
いわゆる「モノが売れない時代」と呼ばれる現代では
企業主導で製品開発を行う従来のマーケティング手法、経営手法ではなく
顧客視点に立ち、顧客のメリットを考えた
製品開発やマーケティングが必要だとされています。

顧客志向マーケティングの注意点:顧客側に寄りすぎないこと

顧客志向マーケティングは顧客のメリットを中心に考え
製品開発やマーケティングを行っていく手法ですが、
あまり顧客側に寄りすぎてはいけないという注意点があります。

顧客の声、顧客のニーズばかりに耳を傾け、
その通りの企業活動を行っていくと
「何でも屋」になってしまう可能性があります。

また、顧客の声に耳を傾け、
顧客のメリットを考えた製品の開発をすることも大切ですが、
製品開発に関するノウハウを持っているのは企業側です。

より良い製品開発を行い、イノベーションを起こしていくためには
専門知識・ノウハウを持っている企業が
中心となって製品開発を行っていくことが必要な場合もあります。

顧客視点での製品開発と企業の意向のバランス、
これらが保たれた状態で製品開発やマーケティングを行うことが
顧客志向マーケティングの要となります。

顧客志向マーケティングによる成功事例・実例

では、実際に顧客志向マーケティング、
つまり、顧客視点で顧客が得られるメリットを考えた結果
成功した製品開発・マーケティングの事例・実例を紹介していきます。

顧客志向マーケティングの事例:セブンゴールド

コンビニエンスストア大手のセブンイレブンでは
通常よりも高い価格帯の食パン「セブンゴールド」ブランドを発売し
それが大ヒット商品となりました。

セブンゴールドはアンケート調査などの従来の手法ではなく、
顧客自身も顕在化していないニーズを考えた上で
開発された商品です。

セブンゴールドで重要なことは、顧客視点というのは
「顧客の意見」をそのまま聞くことではないということです。

販売前に「コンビニで高級食パンを買いますか?」とアンケートをとっても
ほとんどの人は「ノー」を答えるはずです。

セブンゴールドは顧客視点に立った
顧客志向マーケティングの成功事例と言えるでしょう。

顧客志向マーケティングの事例:メガマック・クォーターパウンダー

マクドナルドが発売したメガマックやクォーターパウンダーは
大ヒットの商品となりました。

これらの商品がヒットしたのも、
顧客視点に立ち、「顧客の期待」にどう答えるかを考えた
顧客志向マーケティングの結果ということができます。

セブンゴールド同様に、
顧客に直接聞くのではなく、
顧客の視点に立つ、顧客になって考えた結果の
顧客志向マーケティングの成功事例と言うことができます。

まとめ:顧客志向マーケティング

成功事例・実例の2つのように、
単に顧客の声を聞けばいいというわけではありません。

自社の製品を手にする顧客は何を望んでいるのか、
何を期待しているのかを顧客の視点に立つことで、
顧客自身も顕在化していないニーズを取り入れた
製品開発を行うことが成功の肝となります。

一方的な企業の考え方による製品開発だけではなく、
顧客視点を取り入れた製品開発、
マーケティング施策の構築が
顧客志向マーケティングということになるのです。

以上が、マーケティングの用語、顧客志向マーケティングの解説、
成功事例・実例となります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP