インターネット広告とは?インターネット広告の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、
インターネット広告の意味を解説していきます。

インターネット広告とは、
Webサイトや電子メールなどインターネットを利用するメディアを用いて
企業がマーケティング活動のために行う宣伝のことを指す
マーケティングの用語です。

インターネットやWebメディアの急速な発展により
現在ではインターネット広告は
主要な宣伝・広告の手法の一つとなっています。

インターネット広告には様々な種類が存在する

Webサイトや電子メールをはじめ、
インターネット、Webメディアを用いた広告を
インターネット広告といいます。

代表的なインターネット広告として、
GoogleやYahoo!がサービス提供しているリスティング広告があります。

検索エンジンでユーザーがキーワード検索を行った際に
そのキーワードに関連した広告が表示される仕組みの
インターネット広告です。

他にも、インターネット広告では
インターネットテクノロジーが日々進歩していることから
新しい広告の手法が次々に開発されています。

たとえば、1度自社のWebサイトにアクセスしたユーザーに対して
そのユーザーが他のサイトにアクセスした場合でも
自社の広告が配信できるリマーケティング広告と呼ばれる
インターネット広告があります。

他にも、ビッグデータから自動的にユーザーの属性を判断し
適切な広告を配信するなど、
インターネット広告には様々な種類の広告手法が存在します。

ですので、インターネット広告を利用する場合には
自社のサイトや商品の特徴から
必要なインターネット広告のメニューを判断することが
重要になっていくと考えることができます。

インターネット広告の具体例

では、実際にインターネット広告には
どのような広告の手法があるのか、
具体的な例を紹介していきます。

インターネット広告の具体例1:コンテンツ連動型広告

ホームページの内容や、そのホームページにアクセスした
ユーザーの興味関心に合わせて広告を配信する
インターネット広告の種類になります。

多くの場合はディスプレイ広告と言って
ホームページ内にバナーと呼ばれる画像を表示する
インターネット広告です。

ユーザーの興味関心に合わせて広告が表示されるので、
自社の商品やブランドに興味を持ったユーザーを集客できる
効果的な広告の手法であると言うことができます。

インターネットテクノロジーによって実現した
効果的なインターネット広告ということができます。

インターネット広告の具体例2:リスティング広告

先述したリスティング広告についても
詳しく解説をしていきます。

オークション形式で検索キーワード(検索クエリ)の広告枠を入札し、
ユーザーがそのキーワードで検索を行った検索結果に
広告を表示させることができるインターネット広告です。

リスティング広告は基本的にテキスト形式の
インターネット広告になります。

検索キーワードに対して広告を出稿することができるので、
非常に高い効果の期待できるインターネット広告です。

インターネット広告の種類3:リマーケティング広告・リターゲティング広告

先述した、1度自社ホームページに訪れた顧客に対し
他のホームページでも継続的に広告を配信し続ける
インターネット広告です。

Google AdWordsのサービスではリマーケティング広告、
Yahoo!プロモーション広告のサービスではリターゲティング広告と
名前の付けられているインターネット広告です。

自社に関心のあるユーザーに継続的にアプローチできる一方、
しつこく繰り返してしまうと印象が悪くなる可能性もある
メリット・デメリット、両方の側面があるインターネット広告です。

Webメディアの価値が高まり、インターネット広告は成長を続けている

インターネットの普及により、
Webメディアの価値が高まったこと、
また、従来のメディアよりも費用対効果を計測しやすく、
効果的な宣伝・広告の活動ができることから
インターネット広告の市場規模は拡大を続けています。

実際にインターネット広告の市場規模は
2004年にラジオ広告、2009年に新聞広告の規模を上回りました。

マス広告が縮小を続け、
インターネット広告が拡大していることが
こうしたデータからも読み取ることができるのです。

まとめ:インターネット広告は重要な広告手法となっていく

今後もインターネットやWebメディアは発展を続け
さらに普及していくことからも
インターネット広告は重要な広告手法の一つとなります。

また、IT技術が進歩していくことからも
今後も費用対効果の高いインターネット広告が
登場していくと考えることができます。

そのため、自社に必要なインターネット広告を取り入れ、
適切なターゲットに広告を配信していくことが
ビジネス、マーケティングの成功につながっていくと
考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、インターネット広告の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP