インフォグラフィックとは?インフォグラフィックの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、インフォグラフィックの意味を解説していきます。

インフォグラフィックとは、
情報を伝えやすくするために用いる
視覚的に表現した資料のことを指すマーケティングの用語です。

インフォグラフィックでは情報を
図、表、イラストなどで表現することによって
視覚的、直感的に伝わりやすくします。

世界的に情報量が急増したため、インフォグラフィックをを利用する企業が増えている

現在では世界的にも多くの企業が
インフォグラフィックを利用するようになってきました。

インフォグラフィックが多用される理由として、
世界中に溢れる情報の量が急増していることが挙げられます。

IT技術の発展により情報化社会となった現在では
私たちは大量の情報を扱う必要性があり、
そこでインフォグラフィックが利用されるのです。

大量の情報、複雑で理解しにくい情報、
これらの情報を簡単に、すぐに伝えられる方法として
一目で伝えることのできるインフォグラフィックが利用されます。

そのため、インフォグラフィックは
基本的に図、表、イラスト、そして数字だけで
描かれているものがほとんどになります。

言語に関係なく理解しやすく、
クオリティの高いインフォグラフィックは
世界中に広がることもあります。

インフォグラフィックは視覚的に、直感的に、誰でも素早く情報を理解できる

インフォグラフィックとは?
という質問があった場合として適切なのは

「視覚的に、直感的に、誰でも素早く情報を理解できる」

これがインフォグラフィックを表す説明として適切になるはずです。

大量の情報や複雑な情報を
インフォグラフィックを使わずに文字で表現しようとした場合、
冗長的で分かりづらい説明になりがちです。

そこで、多くの場合グラフが用いられるわけですが、
グラフをさらに進化させて、
文字での説明がなくても伝わるレベルにしたのが
インフォグラフィックということになるのです。

インフォグラフィックには視覚的、直感的に
理解できるという大きなメリットがあり、
つまり、インフォグラフィックを使うことで
伝えたい事を分かりやすく伝えることができます。

インフォグラフィックとデータ・ビジュアライゼーション

インフォグラフィックと似たような意味を持つ言葉として
データ・ビジュアライゼーションという言葉があります。

インフォグラフィックは
直感的に情報を理解できるようにすることを指した言葉ですが、
データ・ビジュアライゼーションとは
複雑な情報をビジュアル化して見やすくした状態のものを指します。

複雑で理解するのに時間のかかる情報を
コンピュータが整理・処理することで
ビジュアル化して見やすくしたものが
データ・ビジュアライゼーションです。

インフォグラフィックは「視覚化」ではなく「分かりやすく伝える」ことが目的

インフォグラフィックでは目的が
「分かりやすく伝えること」になります。

つまり、インフォグラフィックを見た人が
内容を理解することができなければ、
インフォグラフィックとしての役割を果たしてはいないと
考えることができるのです。

そのため、視覚化や可視化などの言葉とは
インフォグラフィックは区別されるのです。

インフォグラフィックで大切なことは
直感的に伝えることができること。

つまり、どんなにキレイな図、表、イラスト、グラフを
作ることができたとしても、
それが直感的に分かりやすいものでなければ
インフォグラフィックとは言うことができないのです。

インフォグラフィックが利用される具体例

では、どのような場面でインフォグラフィックは
利用されることがあるのでしょうか?

インフォグラフィックは情報を素早く、
簡単に分かりやすいように表現する手段ですので
たとえば、個人が資料作成でチャートやグラフを用いる場合も
インフォグラフィックを利用しているということになります。

他にも非常口のサイン、道路標識、地図記号などは
誰でも、文字を読まずに、素早く簡単に理解できますので、
インフォグラフィックということができますよね。

他にも、天気予報のシンボルやダイアグラム、
チャート、表、地図、ピクトグラムなど、
インフォグラフィックを構成する要素はさまざまなものがあります。

まとめ:インフォグラフィックは必須のテクニックになる

現在の私たちが一日に扱う情報の量は
江戸時代の人が一生の間に扱う情報量と同じだと言われています。

つまり、私たちの扱う情報量は加速度的に増えていて、
それを伝えるための手段も必要になります。

そこで必要となってくるのが
インフォグラフィックというわけです。

また、今後もさらに私たちの扱う情報量は
IT技術の発展と共に増えていくと考えられることから
インフォグラフィックを扱うことは
必須のテクニック・スキルとなっていくでしょう。

マーケティングにおいても
ユーザーに分かりやすく情報を伝えることは
自社の製品やサービスを選んでもらうことにつながりますので、
インフォグラフィックは必要なテクニック、スキルなのです。

以上が、マーケティングの用語、インフォグラフィックの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP