販促ツールとは?販促ツールの意味を丁寧に解説

好きなこと・趣味を活かして毎月収入が安定する会員制ビジネスを作る方法、教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

マーケティング、ビジネスで利用される販促ツールとは何か、
効果のある販促ツールの種類と合わせて、
販促ツールの選び方を解説していきます。

販促ツールとは営業や販売を助けるためのツールのこと

販促ツールとは営業活動や販売活動を支援するための
ツールやシステム、媒体などの総称です。

チラシやテレビCM、店頭のPOPやポスター、
Webサイトやメールマガジン、
他にも会社案内や製品カタログ、料金表など、
製品やサービスの販売に関わるもの、支援するものは
全てが販促ツールということになります。

営業活動や販売活動の場において、
社員やスタッフの経験による差を減らし、
安定して製品やサービスを売り上げるためにも
販促ツールは非常に重要な役割を果たします。

販売活動、営業活動に関わる、支援する
ツールやシステム、ものは全て販促ツールと考えることができます。

販促ツールの効果を最大にするための選び方

販促ツールには様々な種類がありますが、
売上、利益を最大にするためには
最も効果の高い販促ツールを選ぶ必要があります。

販促ツールの効果を最大にするためにも、
5W2Hの法則を意識することが
販促ツールを選ぶ際のポイントになります。

では、販促ツールの種類を選ぶための
5W2Hの法則を詳しく解説していきます。

販促ツール選びに効果的な5W2Hの法則:Why(理由)

最初になぜ販促ツールを使って販促をするのか
その理由を考えていきます。

製品やサービスを知らない消費者への告知なのか、
それとも店舗まで来店してもらうことなのか、
店内で製品やサービスの購入を促すのか、
理由・目的によって最も効果のある販促ツールの種類も変わります。

販促ツール選びに効果的な5W2Hの法則:Who(誰)

ターゲット層によっても効果のある販促ツールの種類は異なります。

30代の主婦がターゲットなのか、
定年を迎えた60代以降の男性がターゲットなのか、
40代の働き盛りのサラリーマンがターゲットなのか、
ターゲットによっても販促ツールの選び方が異なります。

販促ツール選びに効果的な5W2Hの法則:When(いつ)

いつ販促活動を行うのか、いつ利用する販促ツールなのか、です。

季節や曜日、1日の中でもどの時間帯なのか、
いつ販促をするのかによっても効果のある販促ツールは異なります。

販促ツール選びに効果的な5W2Hの法則:What(何)

ずばり、何を売るのか、どんな製品・サービスを売るのか、です。

集客をしたり、認知を高めるための製品なのか、
利益率の高い高額なサービスなのか、
何を売るのかによっても販促ツールの種類が異なってきます。

販促ツール選びに効果的な5W2Hの法則:Where(どこ)

日本全国の消費者に呼びかける広告か、
特定の地域にのみメッセージを届けたいのか、
どこに足して販促活動をするのかでも
利用するべき販促ツールの種類は異なってきます。

販促ツール選びに効果的な5W2Hの法則:How(方法)

効果の高いと考えられる販促の種類、方法を考えます。

インターネットを使うべきなのか、
紙のチラシの方が効果があるのか、
販促の方法に合わせて販促ツールを選びます。

販促ツール選びに効果的な5W2Hの法則:How much(コスト)

販促にどれだけの予算を割けるのか、
コストという面からも販促ツールの選択を行います。

集客のために利益を超える予算を用意するのか、
確実に利益を出すのが目的なのか、
予算・コストも販促ツールを選ぶ上で非常に重要になります。

Webマーケティングにおける具体的な販促ツール

マーケティング、特にWebマーケティングを考えた場合には
インターネット上での販促ツールを利用することになります。

インターネットを利用した販促ツールなら
うまく使うことで非常に低いコストで
効果的な集客やセールスを行うことができます。

たとえば、メルマガ(メールマガジン)なら
DM(ダイレクトメール)のように顧客それぞれに直接届けることができますが
非常に低いコストで運用することができます。

また、検索エンジンを利用したSEO(検索エンジン最適化)で
新規顧客を集客する場合でも、
広告費をかけることなく新規集客が可能になります。

先ほどの5W2Hの法則を考えた上で、
効果が高いと感じられた場合、積極的にインターネット上の販促ツールを利用すれば
費用対効果の高い販促活動につなげることができます。

まとめ:販促ツール

販促ツールというと、新聞広告や店内のPOPなどをイメージしますが、
実際には営業活動や販売活動に関わる、
それらの活動を支援するためのもの全般が販促ツールとなります。

様々な種類の販促ツールの中から、
特に自社の営業活動、販促活動で高い効果があると思われる
販促ツールを選択していくことが重要になります。

以上が、マーケティングの用語、販促ツールとは何かの解説です。

販促ツールの種類や効果を出すための選び方など、
ぜひ、参考にしてください。

追伸.メルマガ及びリストマーケティング成約率97%超も可能な自動化ノウハウをこっそり教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP