プロスペクトとは?プロスペクトの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、プロスペクトの意味を解説していきます。

プロスペクトとは、「見込み客」を意味するマーケティングの用語です。

企業など、商品を販売する側から見た場合に消費者の分類の1つで、
商品やサービスの購入が見込める見込み客のことを指します。

カタログの取り寄せや商品・サービスへの問い合わせなど、
購入・成約への反応が見込める顧客予備軍のことになります。

プロスペクトは「リード」「サスペクト」と同じような意味の言葉として使われる

プロスペクト(Prospect)は日本語に翻訳すると
「見通し」「展望」という意味がある言葉になります。

その意味から、商品やサービスの購入の見通しがある
「見込み客」の意味で使われるようになったマーケティングの用語です。

また、プロスペクトと同じような意味で使われる言葉に
「サスペクト(Suspect)」という言葉があります。

サスペクト(Suspect)は日本語に翻訳すると
「容疑者」という意味がある言葉です。

このサスペクトもプロスペクトと同じように
「見込み客」の意味で使われるマーケティングの用語になります。

見込み客を意味するマーケティング用語には
有名で最も一般的なものに「リード」があります。

ですので、今回のプロスペクトはサスペクトやリードと
同じ様な意味で使われるマーケティングの用語ということになります。

プロスペクトは多くの場合サスペクトよりも購入の見込みが高いといわれる言葉

プロスペクトとサスペクトは同じように「見込み客」の意味で使われる
マーケティングの用語になるのですが、
プロスペクトの方がサスペクトよりも購入の見込みがある
消費者や見込み客に対して使われる言葉になります。

プロスペクトが見込み客を指すマーケティングの用語であるのに対して
サスペクトは「潜在的な顧客」つまり、
「顧客になるかわからない確度がやや低いポジションの消費者」を指します。

このように、プロスペクトをサスペクトよりも購入の可能性の高い
見込み客と考える場合には、
マーケティング戦略によってサスペクトをプロスペクトに変えていくことになります。

サスペクトやプロスペクトを含む消費者の分類の一例

では、プロスペクトがサスペクトよりも購入の可能性の高い
見込み客と考えられる場合の消費者の分類の一例を紹介します。

サスペクトやプロスペクトを含む消費者の分類その1:サスペクト

「容疑者」の意味を持つサスペクトですが、
マーケティングで使う場合には「潜在的な顧客」の意味になります。

今回の分類ではプロスペクトよりも購入の確率が低い、
購買プロセスにおいて一番最初の消費者の状態になります。

サスペクトやプロスペクトを含む消費者の分類その2:プロスペクト

リードと同じ意味で使われたり、
今回の場合はサスペクトよりも購入の可能性の高い消費者を指しますが
プロスペクト、サスペクト、リード、
これら全てを同じ意味で捉える場合もあります。

サスペクトやプロスペクトを含む消費者の分類その3:ファースト・バイヤー

1回だけ自社の商品やサービスの購入履歴がある顧客のことを指します。

プロスペクトに対してマーケティングやセールスの活動を行うことで
このファースト・バイヤーに変化させていきます。

サスペクトやプロスペクトを含む消費者の分類その4:リピーター

ファースト・バイヤーが2回目の商品の購入を行えば
次はリピーターというマーケティングの用語が使われるようになります。

リピーターは2回以上、つまり、複数回の商品やサービスの購入履歴がある
顧客のことを指しているマーケティングの用語になります。

サスペクトやプロスペクトを含む消費者の分類その5:クライアント

リピーターが繰り返し商品やサービスを購入していくことで
「クライアント」になっていきます。

クライアントには「常連客」の意味があり、
自社の商品やサービスを頻繁に購入してくれる顧客のことになります。

サスペクトやプロスペクトを含む消費者の分類その6:アドボケイト

アドボケイトは「擁護者」や「支持者」という意味のある言葉です。

ただの常連客、お得意様ではなく、アドボケイトとなった場合、
顧客自らが積極的に口コミ情報などによって
周囲にブランドや商品の宣伝を行ってくれるようになります。

マーケティングでは顧客をこの状態まで育成することを目指していきます。

プロスペクトについてまとめ

プロスペクトがサスペクトやリードと同じ意味を持っているのか、
それとも違う状態の顧客のことを指しているのかは
企業によって異なってくる場合があります。

企業によっては今回紹介した例とは逆に
サスペクトがプロスペクトよりも商品の購入の見込みがある
消費者・顧客を指している場合もあります。

そのため、
プロスペクトとサスペクトは同じように「リード」の意味として使われているのか、
何を意味しているのかを明確にしておくことが大切になっていきます。

以上が、マーケティングの用語、プロスペクトの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP