仮説検証とは?仮説検証の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、仮説検証の意味を解説していきます。

仮説検証とは、仮説の真偽を現在確認できている事実情報に基づき、
実験や観察などを行い、その結果に基づき確かめることです。

プラン/Plan(計画)・ドゥ/Do(実行)・チェック/Check(検討)
によって仮説と検証を行っていくことになります。

マーケティングの活動は基本的に仮説と検証の繰り返しになるため、
科学のような一面も持っていることになります。

そのため、マーケッターには、
仮説検証を繰り返す科学者の一面も必要だと言われているのです。

仮説検証を行うための3つのプロセスとは?

仮説検証は、3つのプロセス、

1:状況の観察・分析

2:仮説の設定

3:仮説の検証

これらのプロセスを繰り返し行っていく「思考のプロセス」と言われています。

では、3つのプロセス、「状況の観察・分析」「仮説の設定」「仮説の検証」
これらの詳しい内容について解説していきます。

仮説検証のプロセス1:状況の観察・分析

最初に現在の状況の観察と分析を行っていきます。

現在の状況をよく観察することになります。

何を観察するのかは状況によって変化していきますが、
例えばプロジェクトの仮説検証を行う場合なら、
まずは目的をしっかりと押さえることが必要になります。

そうすることで、その目的の背景に何があるのか、
また、どのような制約条件があるのかを分析していくことができます。

それに加えて、プロジェクトを進めていくことで
状況がどのように変化していくのかを分析していくことも必要になっていきます。

仮説検証のプロセス2:仮説の設定

仮説検証の2つ目のプロセス、仮説の設定です。

現在の状況を確認し、分析することができたら、
次に実際に仮説を設定していくプロセスに入ります。

仮説、つまり、物事に対する仮の答えを設定していきます。

例えば、
「この商品はこのセールス、この広告を使えば売れるだろう」
「この施策を取ることで、このよような効果があるはずだ」
といった具合に、このプロセスでは、実際に仮説を設定していくことになります。

仮説検証のプロセス3:仮説の検証

仮説検証の3つ目のプロセスが、実際に仮説を検証していくことです。

仮説検証のプロセス2で設定した仮説が正しいかどうかを検証していきます。

設定された仮説が正しいかどうか検証するためには
仮説を設定した時に必要だった情報よりも多くの情報が必要になります。

設定された仮説に対してリサーチを行ったり、
または、実際にその仮説によって行動をしてみることによって
その結果を分析していくことになります。

リサーチや行動したことによる結果を分析することによって
仮説が正しいかどうかの判断をするための情報を得られるので、
その情報をもとに検証を行っていきます。

実際に収集してみた情報と仮説が正しいかどうかを照らし合わせ、
もし仮説が間違っていることが分かれば、
仮説を修正していくことになります。

マーケティングにおける仮説検証とは、
このプロセスを繰り返し行っていくことを意味するのです。

仮説検証のプロセスをマーケティングや営業に応用していく

この仮説検証のプロセスは日々の営業やマーケティングなど、
さまざまな業務に応用することができるプロセスです。

仮説検証のプロセスを利用することによって、
例えば、顧客のニーズを推測することもできます。

自社の問い合わせフォームに入ってくる問い合わせや
新規案件を仮説検証していくことによって、
顧客が持つニーズを推測することができるのです。

また、日常の社に業務にも応用することができます。

上司から頼まれた仕事がある場合、
実際に自分で調べる前に仮説検証のプロセスを利用すれば
ある程度の答を推測し、導き出しておくことができます。

仮説検証のプロセスを仕事で使う場合、
最初に仮説を立てて、その後に
問題と解決策のストーリーの骨子を考えていくことになります。

ですので、仮説検証のプロセスを仕事にも応用していくことによって
作業の無駄を減らすことができて、
仕事の効率が圧倒的に良くなっていくとされているのです。

仮説検証のプロセスを利用するリスク

一方で、仮説検証のプロセスを利用することには
リスクも存在するとされています。

仮説検証のプロセスでは、手元にある情報がベースになって
仕事やプロジェクトを進めていくことになりますので、
重大なミスに全く気付かなかったり、大切な情報に気付かずに
そのままプロセスを進めていってしまう可能性があります。

それを避けるためには、
フレームワークという枠組みを併用しながら、
同時に仮説検証のプロセスをを行っていくことによって、
情報の抜けや漏れなどを少なくして
プロセスを進めていくことができるとされています。

以上が、マーケティングの用語、仮説検証の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP