リンクトイン(LinkedIn)とは?リンクトイン(LinkedIn)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、リンクトイン(LinkedIn)の意味を解説していきます。

リンクトイン(LinkedIn)とは、
ビジネス特化型のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で、
アメリカのシリコンバレーで2003年に登場したサービスです。

リンクトイン(LinkedIn)は実名制のSNSで、
実名での登録、そして学歴や職歴などの情報も
参加者に効果されることによって
ヘッドハンティングやスカウトなどの採用をはじめ、
就職活動にも利用されているSNSです。

リンクトイン(LinkedIn)はプロフェッショナルのSNSとも呼ばれ、
アメリカでは転職活動の手段として使われ始めたのが始まりです。

リンクトイン(LinkedIn)は世界最大のビジネスSNS

リンクトイン(LinkedIn)は全世界で4億人のユーザーを抱える、
就職や採用、ネットワーク構築に利用される
世界最大級のビジネス特化型SNSです。

2016年6月にMicrosoft(マイクロソフト)社が
262億ドル、日本円にして2兆7,770万円で
リンクトイン(LinkedIn)の買収を発表しました。

日本ではリンクトイン(LinkedIn)はまだ普及していないサービスですが、
内容としてはSNSサービスなので、Facebookのように使え、
使いこなすことによって多くのメリットが得られるサービスです。

リンクトイン(LinkedIn)を利用するメリット

では、リンクトイン(LinkedIn)を利用することによって
具体的にどのようなメリットを得ることができるのでしょうか?

個人のユーザーとしてリンクトイン(LinkedIn)を利用する場合、
企業、採用する側としてリンクトイン(LinkedIn)を利用する場合、
それぞれの視点でのメリットをまとめました。

リンクトイン(LinkedIn)を利用するメリット:個人のユーザー視点

リンクトイン(LinkedIn)を個人で利用する場合、
自分自身がビジネスパーソンとして持っている価値を
可視化することができるメリットがあります。

たとえば、リンクトイン(LinkedIn)を
自分の履歴書、レジュメ代わりとして利用し、
ビジネスで利用する「自己紹介ツール」として利用できます。

他にも、ビジネスに特化した人とのつながり、
いわゆる「コネ」をリンクトイン(LinkedIn)で整理したり、
仕事やビジネスに役立つ、利用できる情報を
リンクトイン(LinkedIn)から集めることもできます。

これらがリンクトイン(LinkedIn)を
個人のユーザーとして利用する場合のメリットになります。

リンクトイン(LinkedIn)を利用するメリット:企業・採用視点

企業や採用の視点でリンクトイン(LinkedIn)を利用する場合、
転職潜在層に対してアプローチしたり、
自社のブランディングをできるというメリットがあります。

たとえば、ダイレクトソーシングやダイレクトリクルーティングで
採用したい人材を探し、直接アプローチすることも
リンクトイン(LinkedIn)を利用することによって可能になります。

また、リンクトイン(LinkedIn)の自社ページを拡大、充実することで
個人のユーザーに対してのブレンディングを行うことができます。

また、リンクトイン(LinkedIn)は全世界に展開されているサービスなので、
世界中の人材に対して情報発信を行うための場、ツールとして利用できます。

企業や採用側がリンクトイン(LinkedIn)を利用する場合、
これらが大きなメリットとなります。

日本におけるリンクトイン(LinkedIn)を利用した企業の事例:メルカリ(mercari)

日本でリンクトイン(LinkedIn)を利用して
成功した企業の事例にメルカリ(mercari)があります。

フリマアプリで有名になったメルカリ(mercari)ですが、
現在ではアメリカにも進出し、
月間の流通額が数十億にも上ると言われています。

そんなメルカリ(mercari)が成功した背景にあったのが、
リンクトイン(LinkedIn)を利用した「人」の採用です。

メルカリ(mercari)でも通常の採用媒体を利用していたこともありましたが、
応募者の99%に対して不採用のメールを送る状況が続いていました。

その状況から、スキルよりも、メルカリ(mercari)に対して
強い共感を持っている人材を探す必要があると判断したのです。

そこで、メルカリ(mercari)への共感がある人材を見つけやすい
リンクトイン(LinkedIn)の利用を始めました。

まとめ:リンクトイン(LinkedIn)

まだ日本では知名度も高いとは言えず、
あまり普及の進んでいないリンクトイン(LinkedIn)のサービスですが、
メルカリ(mercari)の事例をはじめ、
日本でも少しずつリンクトイン(LinkedIn)の利用が見られ始めました。

そのため、今後は日本でも徐々にリンクトイン(LinkedIn)の
利用拡大が進んでいくと考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、リンクトイン(LinkedIn)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP