アウトソーシングとは?アウトソーシングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、アウトソーシングの意味を解説していきます。

アウトソーシングとは企業が自社の業務を
社外の専門の会社に外部委託することです。

アウトソーシングを行うことによって
人材などの社内資源を
自社が集中するべきコアビジネスに充てることができます。

以前はアウトソーシングといえば単純な作業を
外部委託することが一般的でしたが、
現在では経理や人事、さらにはマーケティングなど
重要な業務に関してもアウトソーシングすることが主流になりつつあります。

このように、重要な業務を外部に委託することを
ビジネスプロセスアウトソーシングと呼びます。

アウトソーシングは外部からの調達を意味する

アウトソーシングという言葉を分けた場合、
アウト(外部)、ソーシング(調達)とそれぞれ意味します。

そのため、元々は企業の外部から何かを購入したり
調達したりする全てがアウトソーシングでした。

しかし、現在では
アウトソーシングとは一般的に
経営資源や人材、またはそれに付随するサービスを調達することが
アウトソーシングと呼ばれるようになっています。

アウトソーシングは仕事・業務を担うための
人材やサービスを外部の企業との契約によって調達し、
企業活動・ビジネスに活かしていく経営の手法となります。

アウトソーシングは時代とともに進歩している

現在ではアウトソーシングという言葉はよく聞くようになり、
様々な業務を外部委託するようになってきました。

しかし、もともとアウトソーシングは
会計や税務など、専門家に任せた方がコストがかからず、
さらに高い品質が実現できる業務、
工場作業といった単純作業などを外部委託していました。

その後、自社にとって貴重なリソース、経営資源である人材を
重要な業務に集中的に投下するために、
付加価値の低い事務・サポート業務を
派遣社員などの形態で委託することが多くなってきました。

そして現在ではアウトソーシングの形態はさらに多様化し、
企業の再構築など、高い付加価値を生むことを目的として
活用されるようになってきました。

アウトソーシングを活用する3つのメリット

では、企業がアウトソーシングを活用する場合、
どのようなメリットがあるのか、
アウトソーシングを導入する3つのメリットを解説していきます。

アウトソーシングのメリット1:企業競争力の強化

企業が人材を育成する場合、
そこには多くのコスト、そして時間がかかってしまいます。

しかし、ITの発展や情報化社会によって
変化が早くなっている現在では、
一時的に、すぐにリソースが必要になる場合もあります。

そこで、アウトソーシングを活用することによって
自社で人材の育成を行ったり、リソースを抱える必要がなく、
「必要な時に、必要なリソース・サービスを、必要な分だけ」
リソースを調達することができます。

アウトソーシングによって臨機応変に変化に対応できるようになるので
企業競争力を強化することができるのです。

アウトソーシングのメリット2:業務を効率化し、さらに品質が上がる

自社に専門的な知識やスキルを持った人材がいない場合、
アウトソーシングを行うことで
業務を効率化し、さらに品質を上げられることがあります。

自社では複数人のチームで行うべき仕事も、
専門家にアウトソーシングすれば
1人で完遂できる場合も少なくありません。

また、委託された側もその業務の専門家・プロとして
高い品質で業務を行うことになります。

そのため、アウトソーシングを行うことによって
業務にかかる時間を短縮・効率化して、
さらに品質までも向上させられる場合があります。

アウトソーシングのメリット3:企業を再構築しコストを削減できる

特に大企業の場合、自社でリソースを抱え込み過ぎて
企業が必要以上に肥大化している場合があります。

その際の手法として、
間接部門を分社化することで独立させ、
そこにアウトソーシングで業務を委託する手法です。

そうすることで、親会社は身軽になり、
人員を最適化し、コストを削減することができるようになります。

家電メーカーや通信会社、他にもIT企業では
このアウトソーシングによる手法を利用して
肥大化した組織を身軽にしてコストを削減している事例があります。

アウトソーシングという経営手法を利用することによって
企業を再構築して最適化していくこともできるのです。

まとめ:アウトソーシングとは?

アウトソーシングとは、一言で言うなら、
外部への業務委託ということになります。

しかし、現在ではアウトソーシングの形態も多様化していて、
さまざまな業務を委託できる環境が整ってきています。

自社のリソース・経営資源を本当に集中投下するべき業務は何か、
それを明確にした上で、
アウトソーシングするべき業務は外部に委託していくことが
これからのビジネス・マーケティングでは重要になっていきます。

以上が、マーケティングの用語、アウトソーシングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP