OLAPとは?OLAP(オンライン分析処理)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、OLAP(オンライン分析処理)の意味を解説していきます。

OLAP(オンライン分析処理)とは
顧客データや販売データなどが蓄積されたデータベースを
多次元的に分析・解析することによって視覚化するシステムのことを指します。

元となる大量のデータを多次元データベースに格納することで
様々な次元から分析・解析するのがOLAP(オンライン分析処理)です。

On-line Analytical Processingの頭文字を取って
OLAP(オーラップ)と省略されています。

日本語にした場合には「オンライン分析処理」となります。

一般的に企業が自社の持っているデータを分析する場合には
このOLAP(オンライン分析処理)を利用して分析・解析を行います。

OLAP(オンライン分析処理)はデータ分析の手法

OLAP(オンライン分析処理)はデータベースに蓄積された
大量のデータを分析・処理するためのデータ分析の手法です。

OLAP分析ツールという種類のソフトウェアを利用することによって
データの分析・処理を行っていきます。

顧客データや販売データ・売上データなど、
企業のデータベースに蓄積された膨大なデータを
多次元的に集計し、分析を行っていくのが
OLAP(オンライン分析処理)であり、OLAP分析ツールとなります。

OLAP分析ツールを使えば専門技術がなくてもOLAP(オンライン分析処理)ができる

OLAP(オンライン分析処理)はデータベースに蓄積されたデータを
多次元的に分析することから
専門的な知識が必要だと思ってしまうかもしれません。

しかし、実際にはOLAP分析ツールを使用して
分析や解析を行っていきますので、
専門技術を持つ技術者がいないとしても問題ありません。

OLAP分析ツールの中には
アイコンや画像など、分かりやすいインターフェースを採用しているものもあり、
分析・解析の結果も分かりやすいグラフや表で表示することができるからです。

そのため、基本的にはほとんどの企業でOLAP分析ツールが採用されていて、
ツールを利用したOLAP(オンライン分析処理)を行っています。

OLAP(オンライン分析処理)の定義は1993年に提唱された

OLAP(オンライン分析処理)の歴史は古く、
1993年にRDB(リレーショナルデータベース)の
基礎理論の提唱者であるコッド博士によって
OLAP分析ツールのシステムが満たすべき条件が提唱されました。

多次元コンセプトを持つ

エンドユーザーがアクセスできる

データベース(DB)の物理的構造を知る必要がない

クライアント/サーバー型である

などがOLAP分析ツールのシステムの条件とされます。

特にOLAP(オンライン分析処理)の中でも重要となるのが
多次元データベースであることです。

データが持っている複数の属性から任意で2つを選び
表形式のデータベースで表示することができたり、
他にも分析の視点を変えてデータを見れることが
OLAP(オンライン分析処理)に求められる多次元データベースということになります。

OLAP(オンライン分析処理)が利用されるシステム

では、企業内でOLAP(オンライン分析処理)が用いられている
技術やシステムにはどのようなものがあるのか、その例を挙げていきます。

OLAP(オンライン分析処理)では
基幹システムのデータに直接アクセスして加工・分析を行えます。

そのため、OLAP(オンライン分析処理)による
膨大なデータ分析を活かしたDSS(意思決定支援システム)、
他にもEIS(役員情報システム)などは
OLAP(オンライン分析処理)を利用した
アプリケーションやソフトウェアとして利用されています。

膨大なデータを素早く分析する必要がある場合には
OLAP(オンライン分析処理)を用いたシステムが利用されるのです。

OLAP(オンライン分析処理)のメリット

最後に、OLAP(オンライン分析処理)には
どのようなメリットがあるのかをまとめてみます。

OLAP(オンライン分析処理)のメリット1:利便性

OLAP(オンライン分析処理)は膨大なデータを分析・解析して
多次元的に表示することができるので、
多角的なデータ分析を手軽に実現することができます。

OLAP(オンライン分析処理)のメリット2:操作性

OLAP(オンライン分析処理)のシステムの多くは
専門の技術がなくても利用できるように
インターフェースが分かりやすく用意されています。

そのため、操作画面だけでも
多次元的な分析を行うことができるようになります。

OLAP(オンライン分析処理)のメリット3:高速性

OLAP(オンライン分析処理)のシステム・アプリケーションを使うことで
大量のデータでも自動的に短時間で分析を行うことができます。

まとめ:OLAP(オンライン分析処理)とは?

OLAP(オンライン分析処理)は簡単に言えば、
多くの企業で用いられている
データベースの分析・解析手法の1つです。

企業における意思決定など、
さまざまなビジネスに必要となるので、
非常に重要なシステムだと考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、OLAP(オンライン分析処理)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP