クオリファイドリード(Qualified lead)とは?クオリファイドリード(Qualified lead)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、クオリファイドリード(Qualified lead)の意味を解説していきます。

クオリファイドリード(Qualified lead)とは、
見込み客(リード)の中でも
絞り込まれた有望な見込み客のことを言います。

企業相手のマーケティング(B to Bマーケティング)では
このクオリファイドリードを育成して、
絞り込んでいくことが重要になります。

そのため、質の高いクオリファイドリードを
安定的に営業部門に渡し続けられる人が
最高のマーケッターと呼ばれたりもします。

また、別の言い方をするなら、
クオリファイ(Qualified)には「資格がある」という
意味が含まれているので、
「購買決定権」を持つ見込み客のことを
クオリファイドリードという場合もあります。

飯場入れている商品やサービスに対して
ハッキリと興味・関心があって、
支払い能力のある見込み客のことです。

そのため、リスト(見込み客)の中では
自社の利益になりやすいということから、
最も価値の高いリストとして扱われるのです。

たとえば、
商品やサービスについての返信カードを
返送してきた顧客のリストなど、
何かしらの手段・方法で購入のあるリストが
クオリファイドリードになります。

クオリファイドリード(Qualified lead)の具体例

また、他にもクオリファイ(Qualified)には「適している」という意味もあり
その場合でもクオリファイドリード(Qualified lead)は
購入見込みの高い見込み客の意味で使われるマーケティング用語になります。

リード(見込み客)にはいくつかの段階がありますが、
クオリファイドリードはかなり高い段階、つまり、
購入に近い段階にあるリードのことを示しています。

では、クオリファイドリードにはどのような見込み客がいるのでしょうか?

クオリファイドリードは商品やサービスのことを
もっと知りたい、理解したいという、
興味・関心、モチベーションに溢れた状態の見込み客のことです。

そのため、商品やサービスの購入・購買につながりやすい、
企業にとっては確実に獲得しておきたいリード(見込み客)になります。

具体的なクオリファイドリードの例として、
化粧品の試供品、お試しのプレゼントキャンペーンに申し込んだお客さん、
建売住宅の見学会に参加したお客さんなどが挙げられます。

クオリファイドリード(Qualified lead)を獲得するための方法・やり方

では、どうすればクオリファイドリードを
獲得することができるのでしょうか?

クオリファイドリードを獲得するためには、
顧客の意欲を高めるための戦略的なアプローチの
マーケティングをしかけていく必要があります。

資料請求やお客さんからの問い合わせがあるのを
ただ待っているだけではクオリファイドリードを
獲得できる可能性は決して高くはなりません。

見込み客が価値を感じる要素や機能的ニーズなどを分析し、
さまざまな角度からのマーケティング活動に
取り組んでいく必要があります。

Webサイトを活用したWebマーケティングの場合、
クオリファイドリードを獲得することは
Webマーケティング・Web集客の重点であり、
また、醍醐味でもあります。

2種類のクオリファイドリード(Qualified lead)、SQLとMQL

さらに詳しく説明するなら、
クオリファイドリード(Qualified lead)には2種類のリードがあります。

営業活動によって生まれる案件のSQL:Sales Qualified Leadと
マーケティング活動の中で生み出される
MQL:Marketing Qualified Leadの2種類です。

それぞれがどのようなクオリファイドリードなのか解説していきます。

クオリファイドリード(Qualified lead)のSQL

SQLは日々の営業活動によって生まれる
クオリファイドリードです。

日本では「引き合い」という言葉でも表されます。

顧客となる企業を訪問した時に、

「さらにこんな機能を追加できますか?」「こんな加工もお願いできますか?」
「この部分の素材をセラミックに替えられますか?」
「この製品の在庫って今どれくらい持っていますか?」
「これを8000セット買うとしたら単価はいくらで抑えられますか?」

このように引き合いが出されることがあります。

このようにして発生する案件のことを
クオリファイドリードの中でも特に、
SQL、Sales Qualified Leadといいます。

クオリファイドリード(Qualified lead)のMQL

これに対して、マーケティングから生まれる
クオリファイドリードの案件をMQLと言います。

展示会で名刺やアンケートを集めたり、
Webからの問い合わせやセミナーの参加申し込みのリストを
デジタル化、統合してデータベースを構築、
そこにメールマガジンやセミナーなどで教育を行い
特に反応の良かったリードに電話をかけてニーズを確認し、営業に渡します。

この案件のことをMQL、Marketing Qualified Leadといいます。

営業活動から生み出されたクオリファイドリードのSQLに対して、
マーケティング活動から生み出されたクオリファイドリードを
MQLと呼ぶのです。

クオリファイドリード(Qualified lead)をどれだけ獲得できるか、
それがマーケティングで重要なポイントであり、
また、マーケッターの腕が試される部分になります。

以上がマーケティングの用語、クオリファイドリード(Qualified lead)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP