UIとは?UI(ユーザーインターフェース)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、UI(ユーザーインターフェース)の意味を解説していきます。

UI(ユーザーインターフェース)とは
システムやWebページ、Webメディアにおいて
ユーザーが実際に触れたり操作したりできる部分のことを指す
マーケティングの用語です。

ユーザーインターフェース(User Interface)を省略して
UIという用語で使われることが多くなっています。

UI(ユーザーインターフェース)の定義・意味

UI(ユーザーインターフェース)は
計算機科学やマンマシンインターフェースにおいて
以下のように定義されています。

「プログラムがユーザーに対して提示するグラフィカルな情報やテキスト、ボイスの情報などと、ユーザーがプログラムを制御する際に使用するキーボードやマウス、タッチパネルといった制御シーケンスのことの総称」

一般的にUI(ユーザーインターフェース)と言われた場合には
この定義のうちの前者を意味することが多くなります。

つまり、人間がコンピューターから情報を得たり、
また、情報を入力して操作するための画面のことを
多くの場合、UI(ユーザーインターフェース)と呼びます。

UI(ユーザーインターフェース)はサービス・システムとユーザーの接点

UI(ユーザーインターフェース)のインターフェース(Interface)には
「接点」「接触面」などの意味があります。

つまり、システムや機械などにおいて
ユーザーが実際に見たり、触れたり、操作できる部分・情報が
UI(ユーザーインターフェース)ということになります。

端的に表現するならば、ユーザーの目に触れる部分、
ユーザーが使用する部分は全てUI(ユーザーインターフェース)になります。

UI(ユーザーインターフェース)の具体例:ホームページ

UI(ユーザーインターフェース)の具体例として
ホームページを考えてみましょう。

UI(ユーザーインターフェース)はユーザーの目に触れる、
またはユーザーが使用する部分全てです。

つまり、パソコンやスマートフォンのブラウザなどを使い、
そのホームページを開いて表示される全て、
デザインやフォント、テキストによる情報、画像、
全てがUI(ユーザーインターフェース)ということになります。

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは?UI(ユーザーインターフェース)との違い

UI(ユーザーインターフェース)と混同されがちな概念に
UX(ユーザーエクスペリエンス)というものがあります。

UI(ユーザーインターフェース)が
ユーザーの目に触れる、使用できる部分のことを指すのに対して、
UX(ユーザーエクスペリエンス)は
「ユーザーがそのシステムやサービスを通して得られる体験」を意味します。

同じようにホームページを具体例にして紹介します。

UI(ユーザーインターフェース)はホームページ内の
デザインやフォント、テキストによる情報、画像全てでした。

しかし、UX(ユーザーエクスペリエンス)の場合は
「デザインがキレイ、整ってる」
「フォントが見やすい、読みやすい」
「対応が丁寧だった」など、
サービスの品質に関わる部分も含まれます。

UX(ユーザーエクスペリエンス)の場合には
ユーザーがそのシステムやサービスを通して
感じたこと全てを指すということになります。

UI(ユーザーインターフェース)はUXを高めるための手段

ユーザーにより良い体験をしてもらう、つまり、
UX(ユーザーエクスペリエンス)を高めるためには
ユーザーにとって見やすい、使いやすい、
つまり、優れたUI(ユーザーインターフェース)が必要になります。

たとえばインターネットショッピング(ECサイト)のホームページの場合、
製品やサービスの質もUXの中に含まれますが、
それと同時にホームページが使いやすかったか、
注文までの操作が分かりやすかったか、
などもUXに含まれるのです。

つまり、UI(ユーザーインターフェース)は
UXを高めていくために必要な重要な要素ということになります。

まとめ:優れたUI(ユーザーインターフェース)を生み出すにはターゲットが明確であること

UI(ユーザーインターフェース)を優れたものにする、
改善していくためにはターゲットを明確にしていく必要があります。

例えば、高齢者向けのWebサイトを作る場合に
カタカナ言葉、横文字ばかりを使っていたら
果たしてそれはターゲットが読みやすい、使いやすい
UI(ユーザーインターフェース)と言うことができるでしょうか?

その一方で、中学生や高校生をターゲットにしたWebメディアで
画像や動画を使わずに文章ばかりのWebページを作ったら
ターゲットは受け入れてくれるでしょうか?

このように、
UI(ユーザーインターフェース)を考える場合には、
最初にターゲットを明確に選定して
ターゲットとなるユーザーが何を良しと感じるのかを
把握していくことが必要になります。

UI(ユーザーインターフェース)においても、
マーケティングの基本である「ターゲットの選定」は
非常に重要になってくるのです。

以上が、マーケティングの用語、UI(ユーザーインターフェース)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP