EFOとは?EFO(エントリーフォーム最適化)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、EFO(エントリーフォーム最適化)の意味を解説していきます。

EFO(エントリーフォーム最適化)とは、
Webサイトで会員登録、資料請求をする際に
名前や会社名、住所、電話番号、メールアドレスなど
必要な情報を入力するためのエントリーフォーム(入力フォーム)を
最適化することを指すマーケティングの用語です。

EFO(エントリーフォーム最適化)によって
エントリーフォームで情報を入力中にユーザーが
途中離脱してしまうことを防ぎ、
サイトのCVR(成約率・コンバージョン率)を改善していきます。

途中離脱を防ぐために入力の手間を省いたり、
短時間での入力が完了するように配慮することが
EFO(エントリーフォーム最適化)の具体的な施策です。

Entry Form Optimization(エントリーフォームオプティマイゼーション)の
それぞれの単語の頭文字を取り、
EFO(エントリーフォーム最適化)と省略されています。

EFO(エントリーフォーム最適化)では費用を使った広告出稿よりも効果を得られる場合がある

インターネットを使った会員登録や資料請求の場合、
ユーザー自身が自分の個人情報を入力することになります。

そのため、入力を手間に思ってしまって離脱する場合があったり、
また、入力の方法が分からずに、入力が完了するのを諦めてしまい
そのままページを離脱してしまうケースが多く見られます。

そんため、会員登録フォームや資料請求フォームといった
エントリーフォームに施策を行いフォームを最適化する
EFO(エントリーフォーム最適化)の施策は
多額の費用をかけて多くの広告を出稿するよりも
高い効果を得られる場合があるのです。

広告の出稿によって得られるのはあくまでリード(見込み客)ですが、
EFO(エントリーフォーム最適化)は
会員登録や資料請求を行う直前のユーザーに対して
直接効果を発揮するので、CVR(成約率・コンバージョン率)を
直接的に改善していくことができる施策なのです。

EFO(エントリーフォーム最適化)で行う具体的な手法

EFO(エントリーフォーム最適化)の目的は
ユーザーが離脱しにくい、迷わず情報を入力できる
エントリーフォーム、情報入力フォームに最適化することです。

では、そのためには
具体的にどのような施策を行うことになるのでしょうか?

ここで、EFO(エントリーフォーム最適化)で行われる
具体的な施策を紹介していきます。

EFO(エントリーフォーム最適化)の具体的な施策1:入力項目を最低限にする

一つ目は、ユーザーがエントリーフォームで
入力するべき項目を減らしていき、
最低限の項目のみにすることです。

不必要な項目まで入力項目に追加してしまうと
入力フォームの項目数が増えてしまい、
ユーザーの負担が増えてしまいます。

ユーザーの入力の負担、手間が増えると言うことは
それだけWebページからの離脱率が上がってしまうことになります。

そのため、EFO(エントリーフォーム最適化)では
エントリーフォームの入力項目数を減らしていきます。

EFO(エントリーフォーム最適化)の具体的な施策2:入力するべき項目を明確にする

EFO(エントリーフォーム最適化)では、
ユーザーがエントリーフォームに情報を入力し、
完了するまでのステップを明確にしておく必要もあります。

入力完了まではあとどのくらいの項目の入力が必要なのか、
今は入力完了までの何ステップ目なのか、
これらを明確にします。

EFO(エントリーフォーム最適化)で
入力するべき項目を明確にすることで
ユーザーのページからの離脱率を減らすことができます。

EFO(エントリーフォーム最適化)の具体的な施策3:ミス・漏れの指摘

ブラウザのポップアップ機能などで
ユーザーの入力ミスや入力漏れを
警告文や色を使って指摘するのも
EFO(エントリーフォーム最適化)で有効な施策です。

せっかく入力が終わったと思ったのに
いざ登録ボタンを押してみたらエラーになった。

これもユーザーが登録を諦めて
ページを離脱してしまう原因の一つになります。

そのため、EFO(エントリーフォーム最適化)では
ユーザーの入力ミスや入力漏れを減らすことも重要になります。

まとめ:EFO(エントリーフォーム最適化)はマイクロコピーライティングの一種

EFO(エントリーフォーム最適化)でユーザーの
入力への負担を減らすことは
CVR(成約率・コンバージョン率)の向上につながります。

また、今回のEFO(エントリーフォーム最適化)のように
ユーザーの負担や不安を取り除くことによって
CVR(成約率・コンバージョン率)の向上を狙う手法を
「マイクロコピーライティング」といいます。

EFO(エントリーフォーム最適化)をはじめ、
マイクロコピーライティングはコストをかけずに
簡単にCVR(成約率・コンバージョン率)を
向上させることができますので
マーケティングにおいて非常に重要な要素になります。

以上が、マーケティングの用語、EFO(エントリーフォーム最適化)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP