CGIとは?CGI(コモンゲートウェイインターフェース)の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、
CGI(コモンゲートウェイインターフェース)の意味を解説していきます。

CGIはWebサイトに組み込まれる仕組み・プログラムのことで、
Webページで動的な処理を行うための仕組みになります。

たとえば、Webページにアクセスしてきたユーザーが
Webページ上で入力した内容をデータベースに記述する仕組みがあります。

具体的には、Webページでメルマガ登録や資料請求、セミナー申し込みなど
何かしらの情報を記述するために使われる記入フォームは
ほとんどがこのCGIによってできています。

CGI(コモンゲートウェイインターフェース)を利用することでHTMLではできなさまざまなWebコンテンツを作成することができる

一般的にWebページの作成というと、
HTMLを用いたHTMLページがイメージされます。

HTMLを使ったWebページの場合
Webサイトやサーバーの管理者が、
サーバーにアップされているHTMLファイルを書き換えない限り、
同じ内容のWebページが表示され続けます。

その一方でCGIを利用したWebページの場合は、
サーバーやWebサイトの管理者が更新しなくても、
アクセスしてくるユーザーによって
表示するWebページの内容を変更することができたり、
ユーザーがWebページ内で入力した内容によって
毎回違う内容のWebページを表示させることもできます。

そのため、HTMLによるWebページが
制作した側による一方的な情報の発信になるのに対して、
CGIを利用したWebページはユーザーのアクションで
表示さる内容などが変わることから
インタラクティブ(双方向性)のあるWebページということになります。

そのため、HTMLでは情報発信のための
簡単なWebページを表示することが一般的でしたが、
CGIを使ったWebページでは
HTMLページではできなかったさまざまなコンテンツを作成できるのです。

CGI(コモンゲートウェイインターフェース)とJavaScriptの違い

CGIの他にも、JavaScriptを利用することによっても
同じようにインタラクティブなページ、
つまり、条件によって表示などが変化するWebページを作ることができます。

しかし、JavaScriptの場合、サーバー上で動作するCGIとは違い
パソコンやスマートフォンに一旦ダウンロードして
動作をすることになります。

そのため、ユーザーの利用するパソコンなどの環境によっては
負荷がかかりすぎて正常に動作しない可能性もあります。

そのため、特に処理に負荷のかかるプログラムの場合は
CGIを利用することが実用的と考えられます。

CGI(コモンゲートウェイインターフェース)を使ってWebサイトでできること

では、具体的にどのようなコンテンツを
CGIを利用することによって作ることができるのかを解説していきます。

CGI(コモンゲートウェイインターフェース)を使ってWebサイトでできること1:アクセスカウンター

ホームページアクセスしてきたユーザーの数をカウントできる
CGIを使ったプログラムです。

Webページによる集客の効果などを計る場合に効果的です。

CGI(コモンゲートウェイインターフェース)を使ってWebサイトでできること2:検索エンジン

Webページ内に検索エンジンを設置し、
自社のWebサイト内検索Web検索ができる検索窓を設置できます。

CGI(コモンゲートウェイインターフェース)を使ってWebサイトでできること3:チャットや掲示板

WebチャットやBBS掲示板など、
Webページにアクセスしているユーザー同士で
コミュニケーションを取る仕組みを設置することもできます。

CGI(コモンゲートウェイインターフェース)を使ってWebサイトでできること4:アクセス解析

どのようなユーザーが自社のWebサイトにアクセスしてきたのかを
解析することができます。

IPアドレスや使用しているWebブラウザ、
どのURLのWebページからアクセスしてきたのかなど、
ユーザーの詳細な情報を得ることもCGIを使ったプログラムでは可能になります。

CGI(コモンゲートウェイインターフェース)を使ってWebサイトでできること5:条件によって変化するWebページ・Webコンテンツ

Webページにアクセスしてきたユーザー、Webページにアクセスしてきた時間帯など、
その時のWebページへのアクセスした状況によって
表示されるWebページを変化させることもCGIを使うことによって可能になります。

まとめ:Webページでやりたいことは基本的にCGI(コモンゲートウェイインターフェース)でできてしまう

CGIを使うことによって
Webページ・Webコンテンツでできないことはない
、と言われることがあります。

CGIはそれだけ様々なコンテンツの作成が可能であり、
Webサイトの可能性を広げることができるプログラムです。

今後もインターネットやITの普及によって
Webの利用は拡大していくと考えられることから
CGIの重要性は高まっていくと考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、CGIの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP