CEOとは?CEO(最高経営責任者)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、CEO(最高経営責任者)の意味を解説していきます。

CEO(最高経営責任者)とは企業の経営方針や戦略決定を行う
企業における最終的な経営責任を負うことになる
幹部役職の名称です。

Chief Executive Officerの頭文字を取りCEOと省略される言葉で、
日本語に訳した場合の「最高経営責任者」という言葉通り
企業経営における最高責任者になります。

企業の進むべき方向を示すことによってビジョンを描き、
また、企業にとっての対外的な顔になる人物のことを
CEO(最高経営責任者)といいます。

CEO(最高経営責任者)はアメリカ型企業の実質的なトップ

Chief Executive Officerの略であるCEOは
日本語では最高経営責任者となり、
アメリカ型企業の実質的なトップとなる人物のことを指します。

会社内での全ての業務執行を統括する役員のことを指しますので、
CEOは「統括業務執行役員」と呼ばれることもあります。

CEO(最高経営責任者)が企業経営の方針や経営戦略を決定することになるので、
全ての業務執行における責任者となり、企業において
最終的な責任を負うことになる役職となるのです。

では、CEO(最高経営責任者)以外に、
アメリカ型企業、アメリカの法人の役職にはどのようなものがあるのかも
紹介していきましょう。

CEO(最高経営責任者)はじめとするアメリカ型企業の役職における特徴

CEO(最高経営責任者)をはじめ、アメリカ型企業の役員の場合、
日本語に訳された時には「最高〇〇責任者」となり、
その役職がどのような役割を果たす役職なのかがすぐに分かる名称になっています。

その一方、日本の役職の場合には、
「社長」「専務」「常務」など、その名称だけでは
いったいどのような役割・責任を負っているのか分かりづらくなっています。

では、CEO(最高経営責任者)以外に
アメリカ型企業・アメリカ法人の役職にはどのようなものがあるのかも紹介していきます。

CEO(最高経営責任者)以外のアメリカ型企業・アメリカ法人の役職

では、CEO(最高経営責任者)を以外に
具体的にどのような役職が
アメリカ型企業、アメリカ法人にあるのかを紹介していきます。

CEO(最高経営責任者)以外のアメリカ型企業・アメリカ法人の役職1:COO(最高執行責任者)

CEO(最高経営責任者)が決定した経営方針、戦略を
実際に執行する役職となるのがこのCOOです。

Chief Operations Officerを略した言葉で
会社での事業運営や業務執行を統括していきます。

CEO(最高経営責任者)以外のアメリカ型企業・アメリカ法人の役職2:CAO(最高総務責任者

企業内での保管が義務づけられている書類の作成や管理を行う役職で
弁護士や公認会計士の資格を持つ人が多いのが特徴です。

Chief Administrative Officerを省略した言葉になります。

CEO(最高経営責任者)以外のアメリカ型企業・アメリカ法人の役職3:CFO(最高財務責任者)

企業の財務に関す業務執行を統括する責任者です。

財務に関する業務を取り扱うことから
会計士の資格を持つ人が多いのが特徴になります。

Chief Financial Officerを省略した言葉になります。

CEO(最高経営責任者)以外のアメリカ型企業・アメリカ法人の役職4:CLO(最高法務責任者)

企業内での法務、法律に関する業務執行を統括します。

法律に関する知識が必要なことから
多くの場合は弁護士資格を持った人がCLOの役職に就くことになります。

Chief Legal Officerを省略した言葉になります。

CEO(最高経営責任者)と社長の違いとは?

よく比較されるのが、日本の企業における役職「社長」とCEO(最高経営責任者)です。

もともとはアメリカ型企業における役職の名称だったCEO(最高経営責任者)ですが、
最近では日本企業でもCEO(最高経営責任者)を名乗る役員が多くなってきました。

そこで気になってくるのがCEO(最高経営責任者)と社長の違いです。

実は、日本において「社長」も「CEO(最高経営責任者)」も
法律による明確な定義は存在しません。

会社法で定められている役職は「代表取締役」であり、
「社長」も「CEO(最高経営責任者)」もそれぞれの企業において
職務上使われているこしょうということになります。

ただし、代表取締役だけは会社法により定められていて
商業登記された人物のみが名乗ることができる役職なのです。

まとめ:日本では社長とCEO(最高経営責任者)は同じ役職と考えて問題ない

日本では法律において社長やCEO(最高経営責任者)の明確な定義は存在しません。

多くの場合は企業内で決められた役職であったり、
代表取締役が好みでCEO(最高経営責任者)を名乗っている場合がほとんどです。

そのため、一般的には難しく考えることなく、
CEO(最高経営責任者)も社長も企業のトップであり、
同じような役職であると考えていて問題はないはずです。

以上が、マーケティングの用語、CEO(最高経営責任者)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP