スキミングとは?スキミングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、スキミングの意味を解説していきます。

スキミングとは磁気記録式のカードの情報を読み取り
コピーのカードを作成する行為のことを指します。

多くの場合、クレジットカードやキャッシュカードの情報を読み取り
コピーを作成することによってコピーのカードを作成し、
不正な買い物や現金の引き出し(キャッシング)を行います。

近年ではスキミングによる犯罪の対策として
旧来の磁気記録式のカードよりも
スキミングで情報をコピーしづらいICカードも普及してきました。

情報化社会による磁気カードの普及でスキミングの被害も増えている

インターネットの普及やIT技術の発展など、
いわゆる情報化社会が進むに連れて私たちの生活も変化をしてきました。

かつては現金社会と言われていた日本でも
街中にATMが普及したことやクレジットカードが普及したことによって
欧米のようなカード社会への移行が進んでいます。

老若男女問わずクレジットカードで買い物をして、
ATMでキャッシュカードを使い現金を引き出す、
そのような光景が一般的になってきました。

大量の現金を持ち歩く必要がないので、
一見便利そうなカード社会ですが、もちろんデメリットも存在します。

そのひとつがスキミングによるカード犯罪です。

手口が巧妙かしてきたことにより、
本人も気付かないうちにクレジットカードやキャッシュカードの情報を抜き取られ、
不正にコピー・偽造されてしまったり、悪用されるスキミングの被害が増えています。

実際に、クレジットカードの1年間での不正利用による被害総額は
合計で100億円を超えるとも言われています。

そんなクレジットカードの不正利用の手口でも
最も多いのがスキミングになるのです。

スキミングによるカード情報の抜き取りの手口

では、いったいどのような手口でスキミングは行われるのでしょうか。

スキミングで狙われるカードには接触型と非接触型の2種類があり、
それぞれのカードによってスキミングの手口が変わってきます。

接触型カードのスキミング

接触型カードとは一般的なキャッシュカードやクレジットカードなど、
カードと端末が直接接触することによって利用するタイプです。

このタイプのカードの場合、たとえばキャッシュカードをスキミングするなら
ATMのカード挿入口にスキマーと呼ばれるカード情報を読み取るための装置を仕掛けたり、
クレジットカードなら店舗lのクレジット決済をするための端末にスキマーを仕掛けたりします。

非接触型カードのスキミング

次に、非接触型カードのスキミングです。

非接触型カードとは、SuicaやPASMOなどのように
カード内にアンテナが内蔵されていて、
直接端末と触れることなく情報のやり取りができるカードです。

このような非接触型カードの場合、
カードとスキマーを直接触れさせることなくスキミングをできてしまいます。

そのため、接触型カードと違い、気付かれないうちに
スキミングされる危険性が非常に高くなってしまいます。

スキミングをするためのスキマーのサイズも小型化されていて
手の平に収まるような大きさになっているので、
満員電車やエレベーターの中など、
人が密集する場所で気付かないうちにスキミングされる危険性があります。

スキミングの対策とは?

では、私たちができるスキミングへの対策にはどのようなことが
あるのかを共有していきます。

接触型カードのスキミング対策

最初に接触型カードにおけるスキミングの対策です。

まずは暗証番号の徹底した管理です。

たとえスキミングされたとしても
キャッシュカードを使って現金を引き出したり
クレジットカードのキャッシング機能には暗証番号が必要になります。

推測されづらい暗証番号にすること、
店舗やATMでの暗証番号の入力では手元を隠し
周囲から盗み見られないようにすること、
これらの対策を徹底することによってスキミングをされても
暗証番号を保護することによって不正利用の被害を減らせます。

また、クレジットカードの場合、
店員がカードを客から見えない場所にある端末で決済する場合があります。

特に海外に多いのですが、この場合、
スキマーが仕掛けられていても気付かずに、
スキミングされてしまう危険性が非常に高くなってしまいます。

クレジットカードでの決済では、必ず目の届く場所で端末を使ってもらうことです。

また、接触型カードの場合、
スキミングをはじめとする不正利用の対策として
ICカードや生体認証などが採用されるケースが増えています。

それらのセキュリティを積極的に利用することによって
スキミングの被害を防ぐこともできるはずです。

非接触型カードのスキミング対策

非接触型カードの場合、スキミングの対策は限られてしまいます。

カバンや衣服、カードケースに取り付けたり、
カードと重ねておくことによって電波を遮断し、
スキミングを防ぐためのグッズが販売されていますので、
それを利用することくらいかと思います。

ただしこれらのグッズはカード発行元の会社が開発したわけではないので
万一スキミングに対して効果がなかったとしても
自己責任となることを理解しておく必要があります。

まとめ:スキミングの被害を最小限に抑えるには

どんなに対策をしたとしても、
スキミングをされてしまえば被害に合う可能性はあります。

では、どうすればスキミングの被害を抑えられるのでしょうか?

私たちができることと言えば、
銀行口座やクレジットカードの明細を定期的に確認したり、
1つの口座に全ての資産を集中させず、バラバラにしておくことでしょうか。

他にも、クレジットカードなら盗難保険などがありますので、
スキミングによる不正利用が補償対象となるかなどを確認しておくことです。

時代が便利になると同時に、スキミングの手口も巧妙化します。

私たちひとりひとりが気を付けることによって
スキミングの被害を少しでも減らしていくことが大切になります。

以上が、マーケティングの用語、スキミングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP