トリプルメディアとは?トリプルメディアの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、トリプルメディアの意味を解説していきます。

トリプルメディアとは、マーケティングチャネルを
分類する方法のモデルのひとつです。

2009年頃に日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が提唱したと言われているモデルです。

広告費を払って掲載するペイドメディア(paid media)、
自社所有のオウンドメディア(owned media)、
顧客からの信頼や評判を獲得するアーンドメディア(earned media)の
3つのメディアのことをまとめて
トリプルメディアと呼びます。

トリプルメディアにはそれぞれの役割が存在する

トリプルメディアは企業のマーケティングにおいて、
核となる3つのメディア、
ペイドメディア(paid media)、オウンドメディア(owned media)、
アーンドメディア(earned media)の3つを
整理するためのワークフレームのことです。

トリプルメディアの3つにはそれぞれ
企業のマーケティングにおける異なる役割が存在し、
別々に作用してマーケティングに効果を発揮するのではなく、
役割分担として、組み合わせていくことによって
マーケティングに高い効果を発揮することになります。

一般的に言われているトリプルメディアの
基本的な役割分担は次のようになっています。

最初にペイドメディア(paid media)が企業から一般消費者へと
情報発信を行って製品やサービス、ブランドを認知させます。

その次に、オウンドメディア(owned media)で
消費者に対して製品やサービス、企業ブランドに対する
理解を促したり、販促を行って、サポーターを増やします。

最後に、アーンドメディア(earned media)を使い、
企業のサポーターとなった消費者と他の一般消費者の間で
コミュニケーションを促進し、評判を形成していくことになります。

これがトリプルメディアの基本的な役割分担、
それぞれのメディアの役割となります。

それぞれのトリプルメディアの特徴とは?

では、トリプルメディアに含まれる3つのメディア、
ペイドメディア(paid media)、オウンドメディア(owned media)、
アーンドメディア(earned media)、
これらのメディアについて、一つずつ、
どのようなメディアなのかを解説していきます。

トリプルメディア1:ペイドメディア(paid media)

企業が広告費を払うことによって
広告を出稿するトリプルメディアです。

一般的にペイドメディア(paid media)として有名なのが、
テレビやラジオ、新聞、雑誌といって
マス4媒体と呼ばれるメディアです。

他にもインターネット広告、Web広告も有名で
トリプルメディアの中でもペイドメディア(paid media)に
分類されています。

トリプルメディアの中でもペイドメディア(paid media)は
不特定多数の消費者に対して大々的に宣伝、広告をするので、
多くの消費者に対して製品やサービス、ブランドを
認知させることが目的となるトリプルメディアです。

トリプルメディア2:オウンドメディア(owned media)

次に、企業が自ら所有し、運営、管理するメディアである
オウンドメディア(owned media)です。

オウンドメディア(owned media)は
企業が管理していることから、
コントロールしやすいと言われている
トリプルメディアになっています。

トリプルメディアの中での役割は、
製品やサービス、ブランドについて消費者に対して
認知をさせることになりますので、
ペイドメディア(paid media)で興味を持った
見込み客に対して、
より詳しい内容の情報を発信していきます。

トリプルメディア3:アーンドメディア(earned media)

トリプルメディアの中でもアーンドメディア(earned media)は
消費者の共感を得ることが目的のメディアになります。

オウンドメディア(owned media)によって
製品やサービスを深く理解した消費者がサポーターとなり、
アーンドメディア(earned media)で他の消費者に対して
情報発信を行っていきます。

アーンドメディア(earned media)は
消費者の立場から情報発信が行われるメディアなので、
トリプルメディアの中でも信頼性が高いメディアと呼ばれています。

まとめ:トリプルメディアの連携がマーケティングコミュニケーションの基本

トリプルメディアの各メディアの特徴を理解し、
さらに、購買行動に関与するメディアの役割の変化
メッセージの質の変化
消費者のニーズの多様化を理解していくことで、
目的や用途に合わせて最適化を図っていくことが
トリプルメディアを利用した
マーケティングでは重要になっていきます。

従来では、マスメディアとデジタルメディアは
対立するものと捉えられることが多かったのですが、
トリプルメディアというフレームワークでは、
マスメディアもペイドメディア(paid media)の一部として
位置付けられることが多くなりました。

トリプルメディアの3つを連携させることが
マーケティングコミュニケーションの基本となり、
非常に重要になるのです。

以上が、マーケティングの用語、トリプルメディアの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP