ドリップマーケティングとは?ドリップマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ドリップマーケティングの意味を解説していきます。

ドリップマーケティングとは
顧客と段階的にコミュニケーションを取っていく
マーケティングの手法です。

ドリップマーケティングで顧客と取るコミュニケーションは
ある程度自動化されたものとなっています。

ドリップマーケティングは効率的に効果を上げられるマーケティング手法

ドリップマーケティングでは、
段階的に顧客とのコミュニケーションを取るので、
適切なタイミングで、適切な顧客に対して
コミュニケーションを取ることができれば
高いマーケティングの効果を上げることができます。

また、ドリップマーケティングでは
ある程度まで自動化されたコミュニケーションを取っていくので、
しっかりとドリップマーケティングを構築できれば
少ない作業量で、高い効果の期待できる
マーケティングの手法ということになります。

ドリップマーケティングは特に
B to Bマーケティングで企業を相手にするマーケティングで
利用されることが多くなるマーケティングの手法です。

ドリップマーケティングはメールマーケティングに類似したマーケティング手法

ステップメールを利用して
顧客に段階的にメールを送っていくマーケティングを
ドリップキャンペーンと呼ぶことがあります。

そのことからも、ドリップマーケティングは
メールマーケティングと類似している
マーケティングの手法・概念であることが分かるはずです。

しかし、実際にはドリップマーケティングは
メールマーケティングの延長上にある概念で、
類似してはいますが、異なったマーケティングの手法・概念です。

では、ドリップマーケティングとメールマーケティングの
大きな違いは何になるのでしょうか?

ドリップマーケティングとメールマーケティングの主な違い

ドリップマーケティングとメールマーケティングの
主な違いとして上げることができるのは
マーケティングに利用するアプローチの手法になります。

メールマーケティングでは、メールを利用した
メールマガジン(メルマガ)、ステップメールが中心となりますが、
ドリップマーケティングでは
アプローチの方法がメールに限りません。

メールを含め、電話やSNSなどのWebメディア、
他にもさまざまなWebコンテンツを含め
多くのチャネルを使用して
ドリップマーケティングは行われていきます。

適切なタイミング、適切な顧客を相手にするのは
メールマーケティングと同じになりますが、
ドリップマーケティングではさらに、
適切な手段を選ぶことも重要なポイントになっていきます。

ドリップマーケティングタイミングと顧客が重要になる

ドリップマーケティングではタイミングとセグメントが重要になります。

つまり、先ほども説明した、
適切なタイミングで、適切な顧客(セグメント)に
コミュニケーションを取り、情報を提供していくことです。

顧客にとって適切なタイミングで適切な情報を
適切な手段で提供することができれば
ドリップマーケティングによって
効果的なマーケティングを行うことが期待できます。

ドリップマーケティングの例:お試し用のアカウント

では、たとえばお試し用のアカウントを
見込み客に対して発行することを起点とした
ドリップマーケティングの例を紹介します。

アカウントを発行した初日にはログインの情報とログイン方法を、
翌日に基本的なシステムの使い方をメールで送ります。

そして、起点となるアカウントの発行日から3日後に
本格的なシステムの使い方、
起点から5日後にシステムレポートの閲覧方法と、
起点となる顧客の行動、そして、
その後からのステップを決めていくことによって
ドリップマーケティングを自動化していくことができます。

それぞれのステップにおける顧客のアクセス状況や
レスポンス、つまり、反応を見ることによって
営業などにつなげていくのかを決めていきます。

ドリップマーケティングはアメリカでは普及している

アメリカがではドリップマーケティングは
すでに普及しているマーケティングの概念です。

しかし、日本の企業の場合、
アメリカと比較すると企業が持つリード、
見込み客の全体数が少ないこともあり、
ドリップマーケティングを導入することが
良いとは言い切れない状況でもあります。

しかし、メールマーケティングを利用している場合には
ドリップマーケティングを導入した場合にも
大きなメリットがあると考えることができますので、
ドリップマーケティングの導入を検討するのもいいかもしれません。

まとめ:ドリップマーケティング

ドリップマーケティングを導入する場合には、
いきなり全てをドリップマーケティングとして自動化するのではなく、
部分的に導入していくことによっても
高い効果を期待することができると考えられます。

それぞれの企業の状況に合わせて
部分的にドリップマーケティングを活用していくことが
マーケティング活動に活かすためのコツとなっていくでしょう。

以上が、マーケティングの用語、ドリップマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP