Amazonとは?Amazon(アマゾン)の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、Amazon(アマゾン)の意味を解説していきます。

Amazonとは世界最大規模の
ECサイト(インターネットショッピングサイト)、
Amazon.comを運営するアメリカ合衆国の企業です。

1994年7月にアメリカ、ワシントン州で設立しました。

世界中でサービスを展開するAmazon

現在ではAmazonは世界的な大企業となり、
多くの先進国でサービスを展開しています。

私たちの住む日本で展開している
「Amazon.co.jp」

Amazon本社のあるアメリカで展開する
「Amazon.com」

他にも、Amazonは世界中でECサイトを展開し、
インターネットショッピングを中心とした
さまざまなWebサービスを提供しています。

日本、アメリカ以外では
Amazonは以下の国を中心に、世界中でサービスを展開しています。

Amazon.co.uk
イギリスで展開するAmazonのサービス

Amazon.fr
フランスで展開するAmazonのサービス

Amazon.de
ドイツで展開するAmazonのサービス

Amazon.it
イタリアで展開するAmazonのサービス

Amazon.es
スペインで展開するAmazonのサービス

このように、ヨーロッパを中心としながら、
Amazonは世界中でWebサービスを展開しているのです。

Amazon(アマゾン)のロゴに隠された想い、秘密

Amazonといえば、ダンボールにも描かれている
アルファベットと矢印のロゴマークがおなじみですよね。

おなじみとなっているAmazonのロゴマーク、
実はこのマークにはAmazonによって込められた
2つの想いが隠されているんです。

Amazon(アマゾン)のロゴに隠された想い1:あらゆる商品が揃っている

最初に、Amazonのロゴにある矢印です。

実はこの矢印、よく見ないと気がつかないのですが、
amazonのaからzに向かって伸びているんです。

つまり、この矢印は「AtoZ」を意味していて、
Aで始まる商品からZで始まる商品まで
あらゆる商品が揃っているという意味があります。

お客さんが欲しがるものが全て揃うように、
そんなAmazonの想いが込められているのでしょう。

Amazon(アマゾン)のロゴに隠された想い2:ユーザーの笑顔

次はAmazonのロゴにある矢印に注目しながらも全体を見ると分かるのですが、
矢印があることによって全体を見ると人が笑っているように見えるんです。

ここに込められているのは、
ユーザーにも満足して、笑顔になって欲しい、
そんなAmazonの想いがあります。

いまや世界的な大企業となったAmazon(アマゾン)の始まりは?

Amazonは1994年、アメリカ合衆国で創業者の
ジェフ・ベゾスが立ち上げたことが始まりになっています。

当時、ジェフ・ベゾスが勤めていたD・E・ショウ社の
デビット・ショーがインターネットの急速な発展に注目し、
ジェフ・ベゾスにインターネットに関する調査をさせたのがきっかけです。

調査の結果、インターネットが1年間で2300%という驚異的なスピードで
発展し続けていることに目を付けたジェフ・ベゾスが
インターネットでの商品販売に適した商品を20種類ほどリストアップしました。

その中でも本については、流通業界に大きな権力を持っている企業がいないことから
新しく本・書籍の販売をスタートしたのです。

ちなみに、創業時の法人名はAmazon.comではなく、
Cadabra.comという名前でした。

1994年にガレージで事業をスタートしたAmazonは
1995年の7月16日、Webサイトを完成させ、
正式にサービスをスタートさせました。

最初は資金難にあえぎながらの自転車操業だったAmazonですが、
1997円に株式上場を果たしてからは莫大な資金を手に入れ、
企業買収などを行いながら拡大を続けます。

その結果、設立当初は本のみを扱っていたAmazonでしたが、
現在ではあらゆるジャンルの商品を扱い、
また、世界14カ国でのサービス展開を行っています。

ちなみに、日本におけるAmazonのサービス、
「Amazon.co.jp」がスタートしたのは
2000年11月1日、日本語で本のストアをオープンしたのが始まりです。

まとめ:Amazon(アマゾン)

いまやGoogleやApple、Microsoftと方を並べて
IT業界の巨大企業となったAmazonですが、
そのはじまりはガレージであり、最初に行っていた事業は本の販売です。

そこから世界最大級のECサイトに急成長を遂げたこともあり、
Amazon、および創業者のジェフ・ベゾスのマーケティングは
世界中から注目をされています。

そして、Amazon Kindle(キンドル)をはじめ、
audible、AmazonPrime Nowなど、
現在もさまざまな新サービスを展開しています。

そのため、今後もAmazonやジェフ・ベゾスは
世界中のマーケッターから注目を集めると考えられます。

以上が、マーケティングの用語、Amazon(アマゾン)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP