テクノロジーマーケティングとは?テクノロジーマーケティングの意味を丁寧に解説

好きなこと・趣味を活かして毎月収入が安定する会員制ビジネスを作る方法、教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

マーケティングの用語、
テクノロジーマーケティングの意味を解説していきます。

テクノロジーマーケティングとは
競争優位を取るためのマーケティング手法の1つです。

企業のテクノロジー、つまり技術に磨きをかけ
競合他社に対して競争優位を作ることから
テクノロジーマーケティングと呼ばれています。

今回はテクノロジーマーケティングとは何か、
どんな意味があるのか、
テクノロジーマーケティングについて丁寧に解説していきます。

テクノロジーマーケティングとは?

テクノロジーマーケティングは
コアコンピタンス戦略を基本的な考え方とした
競争優位に立つための経営戦略です。

自社の企業としての核となる部分の能力を活かし、
強みとすることで競合他社に対して差を付けていきます。

コアコンピタンス戦略で核として強みにする部分は
企業によって異なってきますが、
テクノロジーマーケティングでは
特に「テクノロジー(技術)」を企業経営の核として
コアコンピタンスにしていく戦略です。

自社が持つ技術を応用することによって
顧客の新たなニーズを創出して、
そのニーズから新たな市場を創り出していくのが
テクノロジーマーケティングという戦略なのです。

テクノロジーマーケティングの定義

テクノロジーマーケティングは
以下のように定義されています。

テクノロジーマーケティングとは
技術の新たな応用法の探索や技術進化とその社会へのインパクトの予測に基づいて新規のニーズを掘り起こし,ニーズを満たす市場を創造するためのマーケティングと技術構成に関する考え方・方法論の体系である。

つまり、企業が持つ高い技術力によって
新しいニーズを創造し、
そのニーズを満たすための市場を創り出す戦略です。

テクノロジーマーケティングでブルーオーシャンを創り出す

テクノロジーマーケティングはブルーオーシャン戦略の
1つと考えるいこともできるマーケティング手法です。

ブルーオーシャン戦略は
市場に対して新しい価値提供を行うことによって
従来の同じ土俵で競争に勝とうという戦略から外れ、
競争をせずとも企業の利益を上げていく戦略です。

簡単に言えば、
ライバルのいない市場を自ら創り出すことによって
競争相手を創らずに、利益を上げ続ける戦略です。

テクノロジーマーケティングでは
自社の持つテクノロジー(技術)をコアコンピタンス、
つまり企業の「核」として
新しい顧客ニーズを創出し、市場を創り上げます。

テクノロジーマーケティングが利用されるプロセス

企業が新しいビジネス・新事業を立ち上げる場合は
「新商品のコンセプト立案」「事業企画案立案」「構想設計」「基本設計」、
この4つのプロセスで進められていくことが多くなります。

この中でテクノロジーマーケティングが戦略として利用されるのは
「新商品のコンセプト立案」と「事業企画案立案」のステップです。

それぞれどのようなことを行うかを解説していきます。

テクノロジーマーケティング:新商品のコンセプト立案

新消費のコンセプトの立案では、
最初に内部分析・外部分析を行い、
市場における自社の状況を分析していきます。

「商品」「市場」「技術」この3つを分析し、
自社が新しいニーズを創出できそうな
新商品のコンセプトを立案していきます。

テクノロジーマーケティング:事業企画案立案

新商品のコンセプトの立案ができたら、
次にどのようにビジネスを進めていくのか、
商品を売っていくのかを決める事業企画案です。

最初に新商品のターゲットとなる市場を選定、
ターゲットセグメントを行っていきます。

さらに、新商品の基本仕様など、具体的なことを決め、
開発に必要な技術もまとめていきます。

ここまで決めることができたら
本格的な事業企画案として
実際に製品の構造設計や部品の設計など、
実用的なプロセスへと進んでいきます。

ここまでが
テクノロジーマーケティングを戦略とし
ブルーオーシャンを創っていくプロセスになります。

テクノロジーマーケティングが注目される背景

テクノロジーマーケティングが戦略として注目される背景には
産業の境界線が曖昧になったことがあります。

薬品と化粧品、ハードウェアとソフトウェアなど、
現在では産業の境界線が曖昧になってきています。

このような状況で新しいニーズ・市場を創出するには
製品を生み出す「技術」が重要であり、
その技術を中心として戦略を構築するのが
テクノロジーマーケティングなのです。

そのため、テクノロジーマーケティングは
新しい市場を創造し、
競争優位に立ったり、ブルーオーシャンを創るための戦略として
注目されているのです。

まとめ:テクノロジーマーケティング

テクノロジーマーケティングは「技術」を
企業経営の核として考える戦略です。

技術力で評価を受けている私たち日本企業は
テクノロジーマーケティングを重視して
戦略を構築していくのがベストなのかもしれません。

以上が、マーケティングの用語、テクノロジーマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

追伸.メルマガ及びリストマーケティング成約率97%超も可能な自動化ノウハウをこっそり教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP