アドボカシーマーケティングとは?アドボカシーマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、アドボカシーマーケティングについて解説していきます。

アドボカシーマーケティングとは、
顧客との信頼関係を築くことを目的としたマーケティングの手法で、
信頼関係の構築のために顧客の意向を最優先に、
徹底的に顧客本位で向き合うマーケティングのことです。

アドボカシーマーケティングのアドボカシーとは、
英語の「advocacy」のことで、
「用語」「支援」「代弁」という意味のある英単語です。

企業やサービスを提供する側が、顧客に対して「用語」「支援」「代弁」する立場になる
「顧客中心」「顧客本位」のマーケティングであることからこの名称になりました。

顧客の意向を最優先に、徹底的に顧客本位で向き合うことによって
短期的な利益、目先の利益ではなく、長期的な信頼関係を築くこと、
長期的な利益を獲得することを目的としています。

そのため、顧客の意向を優先するために、自社にとって不利になる可能性もありますが、
場合によっては他社製品を紹介したり、他の店で商品の購入を案内するなど、
目先の利益を捨てて、徹底的に顧客を優先させたマーケティングを行います。

インターネット、Web時代だからこそ注目されるアドボカシーマーケティング

インターネットやWebメディア、ソーシャルメディアが普及し、
個人でも、誰でも簡単に情報の発信や比較・検討が容易にできるようになり、
商品やサービスに対する口コミや評価の情報がリアルタイムで交換できるようになりました。

そんな時代背景があるからこそ、
「徹底的な顧客第一主義」を貫き、顧客からの長期的な信頼を獲得し、
長期的な利益を獲得することを目指し、
目的としたアドボカシーマーケティングの考え方が注目されています。

これまでは、情報を発信できるのがマスメディアに限られていたことから
マーケティングは大きな企業が主導で行っていたと言われています。

しかし、インターネット、Google(グーグル)やYahoo(ヤフー)での検索が普及し、
顧客がリアルな口コミの情報を得られるようになり「カスタマーパワー」が高まった今では、
マーケティングのやり方が「企業主導」から「顧客主導」に変化・シフトしているといえます。

そのため、企業が目先の利益を追求したマーケティングやサービスをしようものなら、
簡単に顧客、消費者から見破られてしまうため、
「顧客主導」のマーケティングであるアドボカシーマーケティングが注目されているのです。

本質的な顧客第一主義とは?

アドボカシーマーケティングで最も重視されることは、
企業が全ての顧客に対して、情報を包み隠さず提供し、顧客にとっての利益を第一に考えることです。

そのためには、自社を不利にしてしまうライバルや他社の商品を顧客に提供することも必要になります。

顧客の利益を第一に考える真摯な姿勢があるからこそ、
「顧客からの声」を集めることができて、商品やサービスの改善という
本質的な成長を続けることができるようになります。

結果的に、顧客との強固なロイヤリティ、信頼関係が築かれるので、
企業にとっても、長期的に見れば大きなメリットになっていくのです。

さらに、アドボカシーマーケティングによってできた顧客は、

見込み客

購買

リピート

ロイヤリティ発生

推奨者

このように、顧客を優良なビジネスパートナーにするための
ロイヤリティの梯子を登ることになるので、
最終的に顧客の知人に商品やサービスを紹介したり、インターネットで情報を発信したり、
マーケティングの担い手という存在にもなってくれるのです。

ソーシャル時代に必要なアドボカシーマーケティングによる原点回帰

アドボカシーマーケティングというマーケティング用語を使っていると
全く新しいマーケティング手法のように思っちゃいますが、
中身を見ていると決して新しいことではなく、むしろ「原点回帰」であるように思われます。

昔ながらの商店街でお客さんとお店との間で行われていた正直な、素直な関係性です。

「今日の野菜は少し形が悪いから、少し安くしておくよ」

「明日になったら新鮮な物が入荷するから、また明日来てみてよ」

このような、昔ながらの商店街の会話の中に、
「顧客本位」や「情報を開示する」という本質がありますよね。

お店にとっては不利になるかもしれない許雄等の情報を開示することで、
「あの店は本当に良い情報を教えてくれる」という顧客からの信頼が生まれるので、
長期的に良い関係を続けていくことができるようになるのです。

インターネットやWebメディア、ソーシャルメディアの普及によって
消費者、顧客がより賢くなった現代だからこそ、原点回帰するアドボカシーマーケティングで、
商品、サービスの改善や顧客への正直な対応など、
真摯な取り組みが必要になるのではないでしょうか?

以上がマーケティング用語、アドボカシーマーケティングの解説になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP