ホリスティック・アプローチとは?ホリスティック・アプローチの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ホリスティック・アプローチの意味を解説していきます。

ホリスティック・アプローチとは
統合的な広告予算配分の手法を指すマーケティングの用語です。

ホリスティック・アプローチは
主にWebマーケティングやインターネット広告で使われる言葉です。

検索エンジンだけに予算を配分するのではなく、
ディスプレイ広告、SNS、アフィリエイトなどを組み合わせることで
費用対効果の最大化を狙う手法がホリスティック・アプローチです。

ホリスティック・アプローチによって広告効果を最適化する

ホリスティック・アプローチでは
これまでに広告の主流とされてきたテレビや街頭広告といった
マスメディアだけではなく、
WebサイトやSNSなどWebメディアを組み合わせていくことで
広告効果の最適化を狙っていく手法になります。

インターネットやWebメディアの普及によって
消費者が触れるメディアの数がテレビや街頭広告だけでなく、
インターネットを利用した口コミサイトやSNSなど、
多岐に渡るようになってきました。

そのため、これまでのようなテレビのみ、街頭広告のみといった
単一のメディア・媒体からの目セージだけでは
消費者の元に届きにくくなったので、購買行動への誘導が難しくなってきました。

そこで、ホリスティック・アプローチの手法を利用して、
適切な予算配分をすることによって、
広告の費用対効果を最大化させていくことが狙いになります。

ホリスティック・アプローチでは情報の発信だけでなく受け取る状態のことも考える

現在でも消費者、顧客に商品やサービスを認知させる段階に置いては
テレビなどのマスメディアの担う役割が大きくなっていますが、
商品やサービスの購買の意思決定のプロセスになれば
消費者はSNSや口コミサイトなどの情報を参照にしたり、
インターネットやWebメディアの影響力を大きく受けています。

そのため、各メディアをバラバラに使うのではなく、
ホリスティック・アプローチの考え方で
それぞれの特性を活かし、組み合わせることが大切になります。

ユーザーが好きな時に好きな場所から、
必要なメディアに接することができるような設計を全体的にしていく、
この考え方がホリスティック・アプローチになるのです。

インターネットやWebメディアの発展によって
消費者が触れるメディアの数が多種多様となった現在では、
企業やメーカーが一方的に情報を発信する手法では
マーケティングは上手くいかなくなりました。

消費者が情報に接する時の心理状態を考え、
情報を届ける時間帯、届ける情報量など、
ホリスティック・アプローチによって適切に情報を届ける必要があります。

ホリスティック・アプローチは複雑系理論から生まれた問題解決方法

ホリスティック・アプローチはもともと科学の分野で使われていた
問題解決の手法です。

全体を個別の要素に分割して分析する、全体は個別要素の集合体とする
要素還元主義という考え方に対して、
ホリスティック・アプローチは研究の対象をそのまま全体として把握することで
現象をかいしゃくしていく立場の問題解決方法です。

つまり、ホリスティック・アプローチのホリスティック(holistic)には
「全体的」「包括的」という意味があり、
さまざまなメディアを相互関連させながら一貫して利用する
マーケティングの手法としてホリスティック・アプローチと呼ばれるようになりました。

ホリスティック・アプローチを行うことによって
広告の予算配分を最適化していくことが狙いとなっていきます。

今後のマーケティングではホリスティック・アプローチによる広告予算配分の最適化が成功のカギを握る

ホリスティック・アプローチには物事を全体的、包括的に見ていくという意味があり、
マーケティングや戦術した科学以外にも多くの分野で用いられます。

たとえば、ホリスティック・アプローチは医学の分野では、
それぞれ個々の臓器を治療していくのではなく、
全体として人の健康を増進させようという考え方になります。

マーケティングなら、テレビ、街頭広告、検索エンジン、SNS、アフィリエイト、
これらのさまざまなメディアを組み合わせることによって
最大の広告効果を全体で狙っていくことになります。

各種メディアで相乗的に購買行動に訴えかけるホリスティック・アプローチは
テレビなどのマスメディアだけでなく、
口コミ情報やSNSなどで評判を確認してから購買行動に移る
現代の消費者に非常に大きな影響を及ぼすと考えられています。

そのため、ホリスティック・アプローチによって
各メディアに合わせた広告を作成すること、
また、ターゲットとなる消費者の属性、心理状態に応じて、
最適な時間や頻度、情報量、方法で情報を発信するのが
今後のマーケティングでは非常に重要になっていくでしょう。

以上が、マーケティングの用語、ホリスティック・アプローチの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP