クロスセルとは?クロスセル(クロスセリング)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、
クロスセル(クロスセリング)の意味を解説していきます。

クロスセルとは、顧客が購買する製品やサービスの
延長上にある他の製品やサービス、
つまり、関連製品や関連サービスを販売するセールスの手法です。

クロスセル、またはクロスセリングと呼ばれます。

マーケティングにおいて、
繰り返し購入してもらうこと、
リピートしてもらうことは非常に重要であり、
クロスセル(クロスセリング)は
マーケティングにおける目標であるべきだと
考えることができます。

クロスセル(クロスセリング)は別の商品や関連商品を売るための手法

クロスセル(クロスセリング)は
顧客が購入を考えている、希望している製品やサービスがある場合に
その関連製品、関連サービスを同時に購入することを促す
マーケティングやセールスにおける手法です。

顧客が購入を考えている製品と組み合わせて利用できる製品などを
勧めることによって売上を伸ばすことを目的とします。

または、顧客が購入を検討している製品やサービスと
別の製品やサービスを紹介することによって
購入を検討してもらうことを
クロスセル(クロスセリング)と言う場合もあります。

クロスセル(クロスセリング)は新規顧客開拓よりも効率的に売上総額を伸ばせる手法

クロスセル(クロスセリング)では
すでに自社の製品やサービスを購入したことのある、
もしくは、購入の決断の直前にある顧客に対してセールスを
行っていく手法です。

ですのが、クロスセル(クロスセリング)では、
新規顧客の数を増やす必要なく、総売上額を伸ばせます。

そのため、1:5の法則
(新規顧客の獲得には既存顧客から利益を得る場合の5倍のコストがかかる)
からも分かるように、
クロスセル(クロスセリング)は新規顧客を獲得して利益を上げるよりも
効率的に売上を伸ばすことができるマーケティングの手法です。

クロスセル(クロスセリング)を成功させ、売上を伸ばすために必要な技術・スキル

売上を伸ばし、利益を高めるために有効なクロスセル(クロスセリング)ですが、
クロスセル(クロスセリング)を成功させるためには
数多くの知識・情報・経験やスキルが必要になってきます。

クロスセル(クロスセリング)によって
顧客ひとりあたりの購買数、売上を伸ばすためには
その顧客のニーズやライフスタイルを知っておく必要があります。

そのため、クロスセル(クロスセリング)を成功させるためには
その顧客の趣味趣向や属性、求めている製品やサービスのテーマなど
様々な情報を知っておく必要があります。

ですので、クロスセル(クロスセリング)という販売手法は
顧客との良好な関係を長期的に構築すること、
さらには豊富な販売経験による知識やスキルが必要になってくると
考えることができます。

ECサイトにおけるクロスセル(クロスセリング)

クロスセル(クロスセリング)は特にECサイトにおいて
利用されることの多い手法です。

ECサイトの場合には、顧客の商品購入履歴、
また、閲覧履歴や属性などの情報から
システムが自動的に判断して製品やサービスを表示する
レコメンデーションというクロスセル(クロスセリング)の
手法が用いられていることが多いです。

特に、このレコメンデーションによるクロスセル(クロスセリング)は
商品数を豊富に取りそろえている総合通販サイトなどの
ECサイトで有効になるクロスセル(クロスセリング)です。

そのため、Amazon(アマゾン)では
このレコメンデーションを使ったクロスセル(クロスセリング)が
行われていることが有名です。

他にも、ECサイトでは、
「この商品を購入したユーザーはこのような商品も購入されます」
など、ユーザーの履歴や属性だけでなく、
商品に関連する情報や顧客全体から得られたデータによって
クロスセル(クロスセリング)を行うアプローチもあります。

ECサイトでは特にクロスセル(クロスセリング)を使った
マーケティングの施策が有効であることから
多くのECサイトでクロスセル(クロスセリング)が活用されています。

まとめ:クロスセル(クロスセリング)で効率的に利益を上げられる

クロスセル(クロスセリング)の一番のメリットは
新規顧客の獲得を必要としないことです。

そのため、クロスセル(クロスセリング)を使うことによって
莫大な広告費などをかける必要もなく、
売上を伸ばし、全体の利益や顧客ひとり当たりの利益率を
上げていくことができる手法です。

ワンランク上の商品、より高額な商品を勧める
アップセルの手法なども含め、
既存顧客からの売上を伸ばしていくことが
現在のマーケティングにおいては
非常に有効な手法と言うことができるのです。

そのため、いかにクロスセル(クロスセリング)で
売上を伸ばしていくことができるか、
これによって企業全体の利益を
大きく伸ばしていくことができると考えることもできます。

以上が、マーケティングの用語、クロスセル(クロスセリング)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP