サイコグラフィックデータとは?サイコグラフィックデータの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、サイコグラフィックデータの意味を解説していきます。

サイコグラフィックデータとは、
消費者の心理学的な特性データを意味するマーケティングの用語です。

価値観やライフスタイル、趣味、嗜好など、
心理的なデータ、心理的属性のことを指しています。

好みなどの感性に基づいて
人を区分け、グループ分けする場合に利用されることが多いデータです。

アメリカ人の場合、このサイコグラフィックデータが単純になりやすい一方、
日本人の場合はサイコグラフィックデータが
複雑になってしまうことが多くなります。

サイコグラフィックデータを利用する具体例:ダイレクトメール

サイコグラフィックデータが利用される場面に
ダイレクトメールの送付があります。

ダイレクトメール送付の際に、サイコグラフィックデータを使えば、
自社製品やサービスに興味を持ちやすい顧客・消費者に対象を絞れるので、
効率的に、低コストで効果的なダイレクトメールの送付ができます。

また、サイコグラフィックデータは心理学的、心理的なデータになりますので、
ぱっと見のイメージにも活かすことができるため、
ダイレクトメールの作成そのものにも利用することができます。

たとえば、サイコグラフィックデータを利用することによって、
ダイレクトメールの封筒を対象となる顧客・消費者が好む色にしたり、
興味がそそられる、注意を引くデザインにすることによって
ダイレクトメールの開封率を上げることができます。

そして、中に入っている手紙の文面に関しても、
サイコグラフィックデータを利用することによって
対象となる顧客・消費者が好む文面、読みやすい文面にできて、
結果的にダイレクトメールのレスポンス率、
コンバージョン率の向上につながります。

特に、コンバージョン率はダイレクトメールにとって重要な指標になります。

ダイレクトメールを受け取った人のうち、
実際に商品やサービスの購入・契約、資料請求など、
ダイレクトメールを送った目的・目標となる行動をとった人の比率が
コンバージョン率となります。

そのため、ダイレクトメールのコンバージョン率に
高い影響を与えるサイコグラフィックデータは
非常に重要なデータとなっていくのです。

日頃から顧客アンケートを取ってみたり、インタビューを行うことで
サイコグラフィックデータは独自に収集することもできるデータです。

サイコグラフィックデータはサイコグラフィック変数によって表される

サイコグラフィックデータはサイコグラフィック変数という、
心理学的変数で表されます。

価値観、ライフスタイル、性格、好みなどの心理的特性の変数です。

サイコグラフィック変数は、消費者の行動によって測定される変数と違い、
調査票、つまり、アンケートの質問に対する反応で測定されます。

そのため、年齢や性別など、客観的に測定できるデータではありませんが、
顧客や消費者の行動の要因をより深く理解するためには
非常に有効なデータになります。

たとえば、食品の製造業なら、
「20代の消費者はカップスープを購入する人が多い」という
消費者の行動から読み取れる客観的なデータだけでなく、
サイコグラフィックデータとして収集された
「20代の消費者は健康志向が強い」
「健康志向が強い消費者はカップスープを良く購入する」
というデータを手に入れることができれば、
より具体的な戦略のマーケティングを行うこともできますよね。

このように、消費者の購買行動などから得られる客観的なデータの他に
アンケートなどによって手に入る
心理学的変数、サイコグラフィック変数のデータ、サイコグラフィックデータがあれば
マーケティングや事業戦略の強化にもつながっていくため、
非常に重要なデータと考えることができるのです。

顧客分析におけるサイコグラフィックデータ

マーケティングの顧客分析では、主に3つのデータが利用されるのですが、
サイコグラフィックデータはその中のデータの1つでもあります。

心理的特徴に関するデータであり、主にアンケート調査がデータの入手源となります。

顧客の購買行動の背後にある意図をより深く理解できるメリットがありますが、
すべての顧客から同一レベルでデータの取得ができないので
分析の目的によって適切なデータにならない可能性もあります。

また、サイコグラフィックデータは
顧客の心理によってもデータの内容が変わってきますので、
あくまでアンケート実施時のデータということになります。

そのため、顧客の心理的な変化も考慮した場合、
1回だけではなく、継続的にデータの収集を行っていく必要があります。

ちなみに、顧客分析の3つのデータとは、サイコグラフィックデータの他に、
デモグラフィックデータ、ビヘイビアルデータの2つのデータがあります。

サイコグラフィックデータはこの中でも、顧客の行動の深い心理を探るためには
非常に重要なデータとなっているのです。

以上が、マーケティングの用語、サイコグラフィックデータの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP