イノベーションとは?イノベーションの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、イノベーションの意味や事例を紹介していきます。

イノベーションを簡単に説明する場合、
新しい技術や考え方を取り入れ、
新しい価値を生み出すことによって
社会に変化を表していくことを表した言葉になります。

ただ、これだけではイノベーションとは何か、
イノベーションの意味がはっきり分からないので、
事例を交えながら、イノベーションとは何かを解説していきます。

イノベーションとは「革新」を意味する英単語

イノベーションとはそもそもは英語の「Innovation」のことで
日本語に訳した場合には「革新」「一新」を意味する英単語です。

イノベーションと日本で使う場合には、
単に「革新」「一新」を表すのではなく、
大きな変化を意味する場合が多くなります。

「技術革新」と呼ばれたり、また、技術などの新しい活用法を
イノベーションと表すこともあります。

私たちの身近な部分のイノベーションといえば
インターネットやスマートフォンの普及があります。

十数年前まではテレビや新聞など
マスメディアと呼ばれる媒体から情報を受け取るだけだった生活が
インターネットやパソコン・スマートフォンの普及により
誰でも手軽に世界中に情報を発信できるようになりました。

自動車や新幹線、最近の話題ならリニアモーターカーなど
交通手段・移動手段が発展したことも
イノベーションと呼ぶことができます。

イノベーションの多くは上記のインターネットや移動手段の例のように
既に存在する技術や考え方の中から新しいアイディアが生まれ、
そこにニーズが加わることで
新しい技術や製品として生まれることがおおくなっています。

ビジネスやマーケティングにおけるイノベーションとは?

特にビジネスやマーケティングにおいてイノベーションという言葉が使われる場合
オーストラリアの経済学者のシュンペーターが定義づけた意味になります。

シュンペーターの定義づけによるイノベーションでは
以下の5つの具体例があると言われています。

創造的活動による新製品開発
新生産方法の導入
新マーケットの開拓
新たな資源(の供給源)の獲得
組織の改革

ビジネスやマーケティングでのイノベーションは
「技術」に関する技術革新だけでなく、
企業活動、ビジネス全体における革新的な取り組み全般についてが
イノベーションと呼ばれるのです。

イノベーションの事例:実際にイノベーションで生まれた製品

では、イノベーションの事例として、実際にイノベーションで
生まれたとされる製品を紹介していきます。

ここで紹介するイノベーションは
全く新しい革新や高い技術力が伴うものではなく、
消費者・市場のニーズを調査することによって
従来製品の構造を変えることによって誕生した
イノベーションの製品です。

イノベーションで生まれた製品:任天堂のWii

日本のゲームメーカー、任天堂が2006年に発売したゲーム機のWiiは
イノベーションで生まれた製品の代表例として知られています。

Wiiが発売された当時、競合していたライバル企業は
パソコンのような高い処理能力や映像の美しさなど、
スペック・性能の面で競争をしていました。

その中でWiiはスペックや性能ではなく、
体を動かすことで高齢者を含む
家族全員でゲームを楽しむ、という価値を生み出しました。

その結果、Wiiは大ヒットのゲーム機となり、
イノベーションの事例として有名な製品となったのです。

イノベーションで生まれた製品:ソニーのウォークマン

ソニーが1979年に発売し、現在でも人気シリーズとなっている製品に
ウォークマンがあります。

ウォークマンの発売当時、音楽プレーヤーといえば
据え置き型で部屋で使うのが当たり前でした。

そんな中、ウォークマンは持ち運びながら音楽を再生できるという
前例のない形式の音楽プレーヤーとして発売されました。

据え置き式の音楽プレーヤーよりも音質が劣るなど
性能面では劣ってしまっていましたが、
「音楽を持ち歩く」という新しいスタイルを提供することによって
新しい持ち歩ける音楽プレーヤーの市場を切り開きました。

任天堂のWiiと同様に、性能面ではなく、
市場のニーズに合わせて新しいスタイルを開発し、
イノベーションを起こした事例の商品と言えます。

まとめ:イノベーションは幅広い意味で使われる言葉

もともとは「革新」「一新」を意味するイノベーションですが、
現在では大きな変化をもたらしたり、影響力のあることを
イノベーションと呼ぶことが増えています。

政府や大きな企業もイノベーションという言葉を使うことがあるため、
定義を深く突き詰めても
明確な定義が定まらないことが多くなってしまう可能性があります。

イノベーションという言葉において大切になるのは
言葉の意味を深く突き詰めていくことではなく、
企業としてどのような姿を目指していくのか、
どのような商品で価値を提供したいのか、
それを見極めていくことになるはずです。

以上が、マーケティングの用語、イノベーションの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP