ペンギンアップデートとは?ペンギンアップデートの意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、ペンギンアップデートの意味を解説していきます。

ペンギンアップデートとは
Googleの検索エンジンのアルゴリズムのひとつです。

同じGoogleの検索エンジンのアルゴリズム、
パンダアップデートと同じように、
質の高いコンテンツを含むWebサイトを
検索結果の上位に表示することが目的のアルゴリズムです。

ペンギンアップデートによって
ユーザーにとって有益でないコンテンツ、
品質が低いとされるWebサイトは
検索結果の順位が下がるとされています。

そのため、ペンギンアップデートでは、
ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することが
検索結果画面の上位に表示するために求められることになります。

ペンギンアップデートでは過剰なSEOやスパム目的のサイトを排除するアルゴリズム

ペンギンアップデートはGoogleの検索エンジンのアルゴリズムで、
質の高いコンテンツを提供している、
つまり、ユーザーにとって役に立つ、有益な情報を提供している
Webサイトを検索結果の上位に表示することを目的としています。

逆に言えば、SEO対策(検索エンジン最適化)を
過剰にほどこしていたり、
スパムを目的としているような
ユーザーの利益にならないと考えられるWebサイトについては
ペンギンアップデートでは検索順位を落としたり、
もしくは排除したりすることを目的としています。

ペンギンアップデートというアルゴリズムの由来は
アルゴリズムが白と黒をはっきりさせる目的を持っていること、
また、ペンギンアップデートがパンダアップデートの次の
アルゴリズムであるということから、
白黒の色を持つペンギンが選ばれたと言われています。

ペンギンアップデートの内容は主にパンダアップデートと同じになっている

ペンギンアップデートの目的は基本的に
パンダアップデートと同じ内容になっています。

具体的には、SEO目的(検索結果の上位に表示させることだけが目的)のWebサイト、
ユーザーにとって役に立たない、有益ではないWebサイトの検索順位を下げることで、
有益なコンテンツ、品質の高いコンテンツがあるWebサイトを
検索結果の上位に表示することです。

そのため、ユーザーの視点からすれば、
ペンギンアップデートによって有益なWebサイトを見つけやすい、
検索エンジンの品質が向上したと考えることもできるのです。

ペンギンアップデートによってこれまでのSEO対策は通じなくなった

Webサイトの運営者の視点からすれば
ペンギンアップデートによってこれまでのSEO対策が通じなくなり、
ユーザーにとって有益なWebサイトを作る必要が出てきました。

無意味なサイトからの被リンクや、
意味のないキーワードの入れ方などは
ペンギンアップデートでは検索順位を下げる原因になってしまいます。

ちなみに、これらのSEO対策をブラックハットSEOと呼び、
ペンギンアップデートでは順位を下げる対象となります。

つまり、ペンギンアップデートに対して最も有効と考えられるSEOは
ユーザーにとって有益なコンテンツを作ること、
役立つ情報の載っているWebサイトを作ること、になるのです。

このようなSEO対策は、ブラックハットSEOに対して
ホワイトハットSEOと呼ばれ、
ペンギンアップデートで検索順位を上げるために有効なSEO対策とされています。

ペンギンアップデートで検索順位を下げることになる原因

ペンギンアップデートでは、Googleが発行している
「品質に関するガイドライン」に違反する
SEO対策(検索エンジン最適化)を行っている場合には
Webサイトが上位に表示されないようになっています。

では、具体的にペンギンアップデートでは
どのようなSEOを行うことが検索順位を下げることになるのかを
紹介していきます。

たとえば、ペンギンアップデートで検索順位を下げる原因に
自作自演の被リンクがあります。

低品質なディレクトリサイト、ブックマークサイトに登録したり、
ブロガーなどに一斉に記事を書いてもらい、リンクを記事内に入れることも
ペンギンアップデートではWebスパムとして扱われ、
検索順位を下げる原因となります。

他にも、記事を自動的に作成するツールを使い、
価値のある情報を含まない、意味のないページを大量に生成することも
ペンギンアップデートでは検索順位を下げることになります。

Web上に価値のない、無意味なページを増やすだけなので、
ユーザーにとっても、Googleにとっても利益のないものとして
ペンギンアップデートでは評価を下げることになります。

他にも、ユーザーが閲覧するページと
Googleのクローラー(Webを巡回するGoogleのロボット)で
異なるページを表示させ、
クローラー側には極端にキーワードの含んだページを
表示させる「クローキング」という方法も
ペンギンアップデートでは検索順位を下げることになります。

このように、検索ユーザーにとって役に立たない、
価値が低いと判断されるWebサイトの場合、
ペンギンアップデートで検索結果画面の上位に
表示させることは難しくなってしまうのです。

まとめ:ペンギンアップデート

ペンギンアップデートの目的は検索ユーザーに
有益な情報を提供することです。

Googleのその意図を読み取り、
良質な、質の高いコンテンツを作ることが
ペンギンアップデートでは検索結果画面で
Webページを上位に表示させる方法となるのです。

以上が、マーケティングの用語、ペンギンアップデートの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP